社長の経営セミナー・本・講演音声・動画ダウンロード・オンライン配信教材・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

閲覧中の商品

働き方の多様化に対応した評価と処遇の実務

セミナー クレジットカード決済対応

働き方の多様化に対応した評価と処遇の実務

大槻幸雄(賃金管理研究所 所長)

  • ● 2022年の夏季賞与決定 ● 他社の最新動向は?
  • ● 5つの評価場面 ● 評価制度の作り方・見直し方 
  • ● 評価実務と処遇反映(昇給・昇格昇進・人材育成)
  • ● 人件費高騰、リモートワークの生産性、ジョブ型
  • 【実習】成績評価に必要な書類・・・実物配布と使い方

 圧倒的な人手不足時代は、これから本格化します。
 そして、今も昔も高品質な商品やサービスの提供のカギを握るのは、「人」すなわち人材です。
 それにも関わらず、中小企業の5割以上が働く人を大切にし、育成に直結する人事評価制度がありません。そのため、賞与や昇給などの処遇に正しく報いる事が出来ず、不満を抱き、何かのきっかけで退職してしまいます。
 そこで、6月の賃金実務講座では、どのようにすれば、我が社こそ安心して働き続けるに値する企業だと社員に確信してもらえるのか。「正しく評価され、報われている」と思って貰える仕組みの構築を指導いたします。
 不透明な時代だからこそ、腰をすえて人を育て、定着を図らなければ、明るい未来はありません。社長、人事・総務担当役員の積極的な参加をお薦めします。

賃金管理研究所所長 大槻幸雄

 

専門家による個別相談を実施(会場/オンライン共に)

専門家による個別相談を実施(会場/オンライン共に)

 本セミナーは、講師の他に、研究員の先生方が、会場およびオンライン上に待機しています。
 講義の質問、自社が抱える個別の課題、業界や地域特有の事柄など、個別にお答えします。

講師紹介

大槻幸雄

賃金管理研究所 所長

大槻幸雄 (おおつきゆきお)

 「成長企業の給料の決め方は、責任等級制以外に無い」との信念で、我が国屈指の賃金指導機関を所長として率いる。
 年功的要素の強い製造業、歩合要素の強い販売業、資格社会の典型の医療業、多店舗展開のサービス業など、あらゆる業種の賃金管理に精通。社長を賃金の悩みから解放する賃金指導の第一人者。
 95年、東京大学大学院修了。98年、賃金管理研究所に入所。2020年9月、弥富拓海氏に代わり、3代目の所長に就任。
 主な指導先は、東武ホテルマネジメント、三井住友カード、創味食品、大阪浜美屋ホールディングス、教文館、東京流通センター、社会福祉法人富岳会など、上場企業から非上場の同族企業まで業種業態を問わず、300社近くを指導。
 著書「社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方」など多数。

セミナー内容

1.22年の夏季賞与決定

原資決定から個別の支給額まで徹底解説

■業績が絶好調な企業、絶不調な企業。賞与についてどう考えるべきか

  • ●2022年の夏季賞与の動向と自社賞与総額の決め方
  • ●支払い方で、ヤル気は格段に変わる
  • ●誰もが納得!貢献度に応じた合理的配分法
  • ●新卒・パート・再雇用・契約社員・・・の賞与決定

2.社員の仕事力を正しく見極める=「成績評価制度」の作り方・見直し方

■急速に進む“働き方の多様化”に対応した《賞与・昇給・昇格昇進》決定の基準

  • ●評価とは何か?なぜ評価をするのか?
  • ●いまある評価制度見直しの8ステップ 
  • ●評価制度に社員が不満・不平・不信・不安を抱く理由と解決策
  • ●成績評価と人事考課の違い
  • ●会社における5つの評価場面と処遇
  • ●社長の「あいつは頑張ってるから・・・」が制度を壊す

3.《実務実習》成績評価の進め方と評価結果の処遇反映のやり方

ヒナ型実習で評価手法を体得一人一人の仕事の成績をどう測るか

  • ◎社長が安心して任せられる評価者の育成方法
  • ◎誰が誰を評価するか/期間/評価要素/尺度
  • ◎成果は全て点数化
  • ◎適正かつ明確な差のつけ方
  • ◎個々の評価点の決定の注意点
  • ◎営業・事務・技術・・・部門間格差と調整
  • ◎評価とはレッテルをはる事ではない

賞与・昇給・昇格・育成・・・反映実務メリハリのある人事処遇で社内を活性化する

  • ◎処遇に反映しない評価は無意味
  • ◎デキる社員に「報われた」と感じさせる事がキモ
  • ◎立場が上がるほど厳しく運用
  • ◎育成に必要なフィードバック
  • ◎昇格昇進を断る社員の対応 

《ヒナ形配布》成績評価基準書、評価誤差の調整用紙、成績評価記入要領…の実物と使い方

  • ●成績評価基準書(管理職用。一般職用)の記入のさせ方
  • ●評価誤差(甘辛・分散と集中・部門格差)の調整 
  • ●公正な評価ができる「成績評価報告書」の記入の注意点
  • ●評語(S・A・B・C・D)の決定法 
  • ●成績フィードバックノートの活用法
  • ●指導会社のQ&Aから学ぶ、成績評価実務上の問題点と解決策

4.人事・処遇の緊急課題=今すぐ手を打つべき、会社の繁栄への実務

  • ●労働力不足対策は、高齢者の最大活用がカギ
  • ●「同一労働、同一賃金」未対応の問題点
  • ●人件費高騰!最低賃金引き上げにどう対応するか
  • ●「ジョブ型」制度は中小企業に必要か
  • ●リモートワークにおける生産性低下を防ぐ
  • ●ダメ社員が定年後に再雇用を求めてきたら

セミナー要項

オンライン受講 Zoomライブ配信

※開催前日に、受講用URLをメール送付します

※録画配布はありませんのでご注意ください

会期・会場

東京・オンライン開催(同時開催)

6月10日(金) 10:00〜16:30
ホテル雅叙園東京 東京都目黒区下目黒1-8-1

オンライン受講の方には、開催前日に受講用URLをメール送付します。
録画配布はありませんのでご注意ください。

大阪開催

6月7日(火) 10:00〜16:30
ホテルニューオータニ 大阪 大阪府大阪市中央区城見1-4-1

ご参加費用

会場受講・オンライン受講ともに
1名につき5万5千円
(テキスト・資料・消費税を含む)
※会場受講の方には、お弁当をご用意します

 

※賃金管理研究所の会員様で「緑色の券」「黄色の券」をご利用の場合はお申込の際に備考欄にご記入ください。券の原本は弊会宛にご郵送でお送り頂きたくお願い申しあげます。

 

クレジットカード決済対応

お問い合わせ 日本経営合理化協会 担当:園部貴弘
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048

「働き方の多様化に対応した評価と処遇の実務」セミナーへのお申し込み

開催日時 種別 参加料 人数 購入
2022年6月10日(金) 東京会場(ホテル雅叙園東京) 55,000
 名
カートに入れる
2022年6月10日(金) オンライン受講(オンラインセミナー) 55,000
 名
カートに入れる
2022年6月7日(火) 大阪開催(ホテルニューオータニ大阪) 55,000
 名
カートに入れる

2022年6月10日(金)

東京会場(ホテル雅叙園東京)

参加料 55,000円 人数
 名

2022年6月10日(金)

オンライン受講(オンラインセミナー)

参加料 55,000円 人数
 名

2022年6月7日(火)

大阪開催(ホテルニューオータニ大阪)

参加料 55,000円 人数
 名

※表示は全て税込(10%)価格です。

このセミナーについてのお問い合わせ keyboard_arrow_right