社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

税理士法人とりやま財産経営 代表

鳥山昌則 (とりやままさのり)

税理士・行政書士、宅地宅建取引士、不動産投資コンサルタント。そば屋の住み込みアルバイトから始めて、税理士となる。多くの企業の税務顧問を務めるなかで、不動産資産を持つ経営者の安定した収入と大らかな生活に気が付き、自身も不動産投資を始める。ゼロから始めて不動産資産165億円、家賃収入11億円となる。

鳥山昌則 (とりやままさのり)のセミナー

【お金の授業】社長の『不動産投資』

セミナー

11月24日(火)16:00~19:00

【お金の授業】社長の『不動産投資』

 不動産投資は、もっとも経営者向きの資産戦略である。やり方を間違わなければ、ほとんど何もしなくても安定的に収入が入る。本業以外で、生活するための収入が得られるので、精神的な安定も手に入る。能力に関係なく収入が入り続けるので、相続で引き継いだ家人も喜ぶ。  本業以外になるべく気を使いたくない忙しい経営者や、事業の後継者以外のファミリーに富を引き継いでいく視点でも有効な方法である。相続対策にも効果を発揮する。  そこで本会では、自らも税理士法人を核に計6社の経営者である鳥山先生にお願いし、ゼロから始める不動産投資のやり方をご指導いただく。  鳥山先生は、現役の税理士であり、165億円もの不動産資産を持つギガ大家でもあるので、自らが実践する節税方法も併せてレクチャーいただきます。  物件の選び方、借入のこと、情報取集のやり方、収入のこと、コロナ禍での影響、今後の不動産投資の見通し、相続のこと…など、普段お話できないリアルな体験談とノウハウを皆様にさせていただきます。

講師紹介

税理士・行政書士、宅地宅建取引士、不動産投資コンサルタント。そば屋の住み込みアルバイトから始めて、税理士となる。多くの企業の税務顧問を務めるなかで、不動産資産を持つ経営者の安定した収入と大らかな生活に気が付き、自身も不動産投資を始める。ゼロから始めて不動産資産165億円、家賃収入11億円となる。

鳥山昌則の情報を見た人は、この講師情報も見ています。