• ホーム
  • 《人を活かす》分社集団経営法CD
商品を見る
ピックアップ
商品を探す
人気の商品を見る
新着・新刊の主な講師
この商品について
商品名
《人を活かす》分社集団経営法CD
著者
酒井邦恭(大陽工業社主)
説明

この商品を購入する

●社長1人の会社から最大600名まで40分社

《人を活かす》分社集団経営法CD

酒井邦恭(大陽工業社主)

“人はどうしたら生き生き働くのか”をテーマに、独自の分社経営展開で高業績。社員一人ひとりの競争意欲・能力を最大限に引き出す権限委譲、自由裁量制、細胞分裂型分社のやり方。

A19105

形態 定価 会員価格
CD 5,400円 5,400円

商品がカートに追加されました。

商品名
形態
価格

カートを見る・注文する

カートに入れる
ビデオテープ 25,704円 25,704円

商品がカートに追加されました。

商品名
形態
価格

カートを見る・注文する

完売しました

商品情報

収録時間
約75分
発刊年
1991

商品紹介

“人はどうしたら生き生き働くのか”をテーマに、独自の分社経営展開で高業績。社員一人ひとりの競争意欲・能力を最大限に引き出す権限委譲、自由裁量制、細胞分裂型分社のやり方。

形態 定価 会員価格
CD 5,400円 5,400円

商品がカートに追加されました。

商品名
形態
価格

カートを見る・注文する

カートに入れる
ビデオテープ 25,704円 25,704円

商品がカートに追加されました。

商品名
形態
価格

カートを見る・注文する

完売しました

講師紹介

酒井邦恭(大陽工業社主)

昭和24年、19歳で家業を任され、資本金18万5000円と中古の焼きつけ炉、スプレーガンなどをもとに大陽塗装工業を始めた。事業の転機になったのは、36年に始めたプリント配線基板で、通信機製造会社のパーツとしての事業を確立し、40年に大陽工業に改称した。
社主の仕事は、各社の社長の給与を決めるほか、社員が仕事をしやすい環境をつくったり、グループ各社が一方的に傾斜しすぎて危険だと思ったときに、ブレーキを多少かけたり、新しい会社の保護・育成の支援をする「黒子の役割」に徹することである。社主が何もしなくても、社員が一生懸命働き、それで社員が喜んでくれれば、これにまさる経営はないという。

●社長1人の会社から最大600名まで40分社

《人を活かす》分社集団経営法CD

酒井邦恭(大陽工業社主)

“人はどうしたら生き生き働くのか”をテーマに、独自の分社経営展開で高業績。社員一人ひとりの競争意欲・能力を最大限に引き出す権限委譲、自由裁量制、細胞分裂型分社のやり方。

A19105

形態 定価 会員価格
CD 5,400円 5,400円

商品がカートに追加されました。

商品名
形態
価格

カートを見る・注文する

カートに入れる
ビデオテープ 25,704円 25,704円

商品がカートに追加されました。

商品名
形態
価格

カートを見る・注文する

完売しました

よく一緒に購入されている商品

商品がカートに追加されました。

商品名
経営者が語るべき『言霊』とは何かCD・DVD
形態
価格
12,960円

カートを見る・注文する

カート内の商品合計:10点

24,960円

商品がカートに追加されました。

商品名
《ハードオフ》究極のローコスト経営CD
形態
価格
12,960円

カートを見る・注文する

カート内の商品合計:10点

24,960円

商品がカートに追加されました。

商品名
岡野雅行の俺がつくる!《世界一の職人》CD
形態
価格
12,960円

カートを見る・注文する

カート内の商品合計:10点

24,960円

この商品とおなじカテゴリ・タグの商品を探す