【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
愛読者通信2019年夏号 | 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

愛読者通信2019年夏号

日本経営合理化協会出版局が、お得意様だけにお送りしている
季刊の小冊子です。

商品一覧(16)


16 件中 1~16件を表示しています
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
「執念の経営」高江常男著

百億円企業を築いた《片目で両腕のない経営者》の挑戦と壮絶な生き様
「執念の経営」高江常男著

高江常男

「何のために事業をするか」「限りある命をいかに使うか」…本書は、10歳で右目失明、17歳の大事故で両腕を失いながら、道内屈指のクリーニング業・光生舎を築いた高江常男氏が語った壮絶な半生記と、献身的に支えた妻、経営理念を継いだ子息の貴重な手記を通して、経営における「理念」の真髄と、社長業の本質を浮き彫りにした異色の書。

承継と相続 おカネの実務

社長がやるべき最後の大仕事─承継と相続〈究極のおカネの実務〉
承継と相続 おカネの実務

井上和弘 (アイ・シー・オーコンサルティング会長)

 大金が動く〈承継と相続〉のおカネの実務は、生前対策の良し悪しで成否が100%決まる。オーナー経営に精通した著者が、会社法・税法の専門家と知恵を結集し、著者だけが提案できる《究極のおカネの実務》を本書で初公開!

 「中小企業でも充分取れる3億~5億の高額退職金」
 「わずか1株で全社を支配する法」
 「種類株を使った自社株の株価引下げ策」
 「少人数私募債の活用で、会社も社長個人もキャッシュリッチに」…
 難しい専門用語は一切なし、多くの実例を示して、あくまでも社長目線でわかりやすく解説。

儲かるようにすべてを変える

新たな時代に必須の経営手法を、注目の”肝っ玉コンサルタント”が緊急提言!
儲かるようにすべてを変える

井上和弘 (アイ・シー・オーコンサルティング会長)

世の中一変したら経営のすべてを変えよ=利益を急回復させる「たたむ・削る・変える」新たな儲けを「仕掛ける・仕組む・つづける」=この変革期に必須の実戦策を説く。

稼ぐ商品・サービスづくり

一刻も早く「売りもの」と「稼ぎ方」を変えよ!
稼ぐ商品・サービスづくり

井上和弘 (アイ・シー・オーコンサルティング会長)

 儲かるように「自社の売りもの」を変えよ───
 今、〈稼ぎ方〉が急速に変わってきた。一刻も早く自社の「売りもの」と「稼ぎ方」を変えよ! 急速に変化する市場に合わせ、安くても儲かる「価格抵抗力のつけ方」、高くても売れる「されどづくり」…いま社長に急務の稼ぐ商品・サービスづくりの具体策を、建設、メーカー、卸、小売、サービス、病院86社の指導実例で生々しく説く、社長のための実践・実務の書。

会社を上手に任せる法

<成功する事業承継シリーズ1>会社を譲る経営者のための書
会社を上手に任せる法

井上和弘 (アイ・シー・オーコンサルティング会長)

いかにうまく後継者に会社を任せ、自らの経営者人生を充実させ豊かに送るか。後継者の選び方、育て方、入社後の鍛え方、株式の有利な譲り方、個人資産の築き方…

譲る側のオーナー社長の本音と不安を知り抜いた著者が、多くの実例をあげながら、いまから始めるべき《成功する承継のやり方》、《オーナー社長としての具体的な手の打ち方》を説く。

後継者の鉄則

<成功する事業承継シリーズ1>先代を超える経営手腕と人間づくり
後継者の鉄則

井上和弘 (アイ・シー・オーコンサルティング会長)

これまで380人以上の後継者育成にたずさわった著者が、「会社を絶対につぶさない知恵」「後継者必須の経営実務」「後継者としての人心掌握」「親族と資産管理」など、多くの事例をあげながら、たくましい後継者に成長させる実践ノウハウを、初めてまとめた書。

社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営

最小の人件費で最大の利益をあげる〝佐藤式 人件費コントロール〟
社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営

佐藤 肇 (スター精密 代表取締役会長)

■本書を推薦します
スズキ会長 鈴木修氏「景気に関係なく、自助努力だけで利益を生み出す法」
ファナック社長 稲葉善治氏「人件費を抜本的に革新する書」


 人手不足・賃上げ圧力が急速に強まるなか、安易な賃上げや増員はたちまち収益を圧迫し、企業体力を一挙に弱めかねない。

 中小企業の賃金は「少ない原資を、少ない人数で分ける」のが鉄則であり、小さなパイを大勢で取り合えば、社員の待遇改善など望むべくもない。

 社長は「最小の人件費で最大の利益を稼ぎ出し、同時に、社員の処遇を高めてさらなる増益に結びつける」ために、「固定費としての総人件費の抑制」「社員一人当たりの人件費の引き上げ」を矛盾なく両立させながら、全体の事業計画とリンクさせて、総人件費をコントロールしなければならない。

 本書は、どんな経営環境でも社員の給料を計画的に上げ続け、同時に高収益を叩き出す〝財務のカリスマ社長〟が、小さな町工場を社員700名の東証一部上場企業へと育て上げるなかで実践してきた、「佐藤式人件費コントロール」を公開。減収局面でも増益する「人件費の変動費化」、最小の人件費で最大の利益を稼ぐ「社員数の適正化」「労働生産性の向上策」など、早急に改善すべき人件費の抜本課題を、導入各社の成功実例を豊富にまじえ、12ステップのヒナ型実習で分かりやすく解説した注目の書。

社員が成長し業績が向上する人事制度

年商3億の5K職場が年商175億円(1部上場)となった原動力!
社員が成長し業績が向上する人事制度

松本順市 (㈱ENTOENTO 代表取締役)

 3店舗の魚屋「5K職場(きつい・危険・汚い・給料安い・休日少ない)」が、わずか16年で、年商175億円(一部上場)となった、画期的な人事制度の仕組みを初公開!
 「社員の定着」→「社員の成長」→「業績向上」→「賃金の上昇」という、経営の好循環を生み出す人事制度のつくり方をわかりやすく解説。 経営者の人事の悩みを100%解消し、社員の不満を限りなくゼロにする──導入会社が「離職率がほぼゼロに」「売上が5倍」「全社員が互いに助け合って成長」「賞与10か月出せた」と絶賛!

長く繁栄する同族企業の条件

優れた同族企業の〈智恵〉と〈仕組み〉とは何か――
長く繁栄する同族企業の条件

西川盛朗 (日本ファミリービジネスアドバイザー協会理事長)

同族企業の「脆(もろ)さ」と「強さ」を、日米欧20社以上の事例をあげながら、同族企業が永続的に繁栄するにはどのようなルールと仕組みが必要なのか、その条件と仕組づくりを明快に解き明かす書。

「社員がワクワクして仕事をする仕組み」東川鷹年著

人財づくりこそ企業成長の原点 ~社長が《本当に仕事を任せられる幹部・社員》のつくり方~
「社員がワクワクして仕事をする仕組み」東川鷹年著

東川鷹年 (「自創経営」の創始者)

53人の中小企業を1200名、大証一部上場の優良企業に成長させた立役者が、《社員がイキイキと仕事に取り組み、会社の目標達成に向けチャレンジするヒトの仕組み》を初めて体系的に公開した注目の書。

連邦・多角化経営

数千万~数億の小さな会社を無数に作りグループで継続成長する!
連邦・多角化経営

山地章夫 (ヤマチユナイテッド代表)

現役社長の著者が、人生もビジネスも楽しむためにたどりついた、 「5億, 10億, 30億…と売上を積み増し、グループで継続的に成長する」──低成長時代の最強の経営法を公開!

 ●社長の仕事が楽になる「幹部に子会社を任せる仕組み」
 ●ハイスピードで経営人財を育てる教育と挑戦する社風づくり
 ●今どきの社員がワクワク働く「自主計画・自主管理・自主評価」
 ●多角化によって、会社をバラバラ、チマチマさせない統治法
 ●山地式「儲かる新事業の見つけ方」「社員の巻き込み方」など

著者自らの経験(幹部の反乱・社内クーデター、新事業の失敗、縦割り組織の弊害…)から、試行錯誤の末、導きだした多角化の経営ノウハウをあますところなく提示する書。

慌てない・もめない・負けない経営

労務トラブル・相続・ハラスメント・税務訴訟・ネット被害・・・から会社と社長個人を守る!
慌てない・もめない・負けない経営

鳥飼重和 (鳥飼総合法律事務所 代表弁護士)

 まさか!があっても「慌てない」、トラブルになっても「もめない」、戦いになったとしても「負けない」。そんな安全・安心の経営を実現するための社長必携の書。

 「長時間労働」「未払い賃金」「セクハラ・パワハラ」「相続争い」「税務調査」「社長の離婚」「ネット上の誹謗中傷」「日本版 司法取引」「集団訴訟」・・・など、本書は、さまざまな経営トラブルから、会社と社長個人を守るために必要な「事前対応」と「事後対応」の実務を、中小企業や社長個人に実際にあったトラブル事例を中心に解説します。

 法律知識がなくても、読みすすめるうちに、自然と社長としての危機対応力が磨かれていきます。

成功大学

オグ・マンディーノ待望の第2弾!逆境に勝つ「成功実戦講座34」
成功大学

オグ・マンディーノ

世界の頂点を極めた大富豪、偉人、哲人34人が、それぞれ珠玉の叡知を具体的に教授。経営に必須の《成功原則》を、体系的にわかりやすくまとめた、究極の自己教化の書。

男一匹、負けたらあかん

涙あり笑いあり、創業者の智恵と魂を次代へ伝える書
男一匹、負けたらあかん

越智直正 (タビオ会長)

 《靴下の神様》の異名をもつ著者 越智直正氏は、日本の靴下産業が縮小するなかで、タビオを世界に通用する一大ブランドに育て上げた経営者。
 靴下との出会いは、15歳の時、父親の遺言により大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出された時から始まる。以来、店の大将との軋轢、独立、借金、取込詐欺、倒産の危機…次々と苦難が身にふりかかる。そんな中、氏が人生の師として求めたのが、実践的に読み続けた古典の中の先哲の教えだった。
 本書は、著者の波瀾万丈の生き様を通して《商いの原点》《経営者の生き方》を浮きぼりにする、涙あり笑いあり、異色の経営書。

新装版  一倉定の社長学シリーズ全10巻

新装版 全10巻セット
新装版 一倉定の社長学シリーズ全10巻

一倉 定 (社長専門コンサルタント)

 「一倉定の社長学」は、社長だけのために書かれた異色の経営実務書です。 
 一倉先生が亡くなって早20年、今なお口コミで一倉社長学を学ぼうと指名買いを求める経営者が後を絶ちません。多くの経営者のご要望に応えて、2017年7月社長学シリーズ全10巻の新装版を復刻出版。
 全10巻はそれぞれテーマごとに、「社長自らが必ずやらなければならない仕事」を、あらゆる角度からとりあげ、実務遂行の秘訣を余すところなく示唆しています。


※全10巻を並べると、一倉先生の顔写真が背表紙に現れます

一倉定の経営心得

社長のための、まさに経営のバイブル!
一倉定の経営心得

一倉 定 (社長専門コンサルタント)

 社長に最も重要な「事業の成否を決定づける根本の考え方と手の打ち方」を明快に示唆。
 その温かくも厳しい教えは、魂を激しくゆさぶる、まさに、社長待望の「経営のバイブル」。
 社長だけを対象に35年間、5000社以上を指導した当代随一の経営コンサルタントの600を超える経営至言の中から、104項目を厳選し、簡潔かつ明快な解説を併せて収録。

 すべての至言に明快な解説を併記。軽くて便利な小型新書サイズ。忙しい社長がわずかな時間に「一倉社長学」の骨子を学べます。


16 件中 1~16件を表示しています
  • 前へ
  • 1
  • 次へ