【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
2019年10月11日 新着情報メール | 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

2019年10月11日 新着情報メール

商品一覧(4)


4 件中 1~4件を表示しています
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
《最新刊》大竹愼一の「2019年秋からの最新経済予測」CD

株の始まりの秋相場、ウォール街のデータでズバリ読む!
《最新刊》大竹愼一の「2019年秋からの最新経済予測」CD

大竹愼一 (Ohtake,Urizar&Co. 社長)

株の一年の始まりの秋相場スタート。米中貿易戦争下の米国経済の行方と米国大統領選挙。ブレグジットで波乱が続く欧州経済の動向、消費増税が始まる日本経済…。各国で問題に直面する世界経済はこれから何が起こるのか?
この速報CDは、欧州と米国企業の調査を終え、来日した大竹愼一の「最新世界経済予測」セミナーを緊急収録。ゲストにクレジット市場の辣腕アナリスト中空麻奈氏を迎え、秋からの世界経済と株式相場、金利等の展望を披露した講話を披露しております。(2019年9月28日大竹愼一の最新経済予測セミナー収録)

商品の発送は10月11日頃を予定しております


●秋からの世界経済の行方と株式相場を読む
●長短金利差が示す今後の世界経済 ●共和党第一期のアノマリー
●経済展望から増やすべき資産 ●欧州経済の現状とドイツの政策
●欧州が直面する問題 ●秋からの有望企業と対策
●市場を駆逐するEコマースと増える大店舗
●米国の消費動向と資産残高のシグナル ●物流戦争

【会場との主な質疑応答】
●金利 ●オイル ●景気 ●日本株・米国株…個別企業判断
●金鉱株 ●米国大統領選挙 ●債券相場 ●ETF
●リブラ ●日経平均 ●消費増税 ●高配当株
●米国債 ●有事の資産 ●日本企業の業績
●ドイツ銀行 ●一次産品企業 ●温暖化 ●キャッシュ
●米国FRB ●株価の変動 ●指導者論…他

《最新刊》中空麻奈の「日米欧経済のリスクとクレジット市場の行方」CD

信用リスクのプロが読む世界経済と債券・金利…
《最新刊》中空麻奈の「日米欧経済のリスクとクレジット市場の行方」CD

中空麻奈 (BNPパリバ証券 市場調査本部長)

不確実性が高まる世界経済の先行指標にもなるクレジット市場。実力アナリストがクレジット市場から読み解く日米欧経済と市場の現状から経営者の視点と押さえておくべきリスク動向を披露。
後半は中空氏VS大竹氏のこれからの経済・株式・投資対談を収録。(2019年9月28日大竹愼一の最新経済予測セミナーゲスト講師)

商品の発送は10月11日頃を予定しております

●消費増税と金融政策…日本が抱える二つのリスクと処方箋
●令和のクレジット市場をどう見るか?
●海外リスク…中国の負債、欧州動向、米中貿易協議考
●デフォルトリスクに巻き込まれないためには
●欧州経済にこれから起こること 
●外国債投資のポイント ●今の市場の投資と妙味…他

【質疑応答+中空VS大竹の投資問答】
●円高リスク ●イタリア国債 ●米国債 ●メガバンク
●中国の問題 ●再建企業への投資 ●20年債
●リスクヘッジ ●為替 ●新興国への投資
●原油と金利 ●ドイツバンク
●大竹氏の現状のポートフォリオ…他

《最新刊》有賀泰夫の「2019年秋 株式市場の行方と有望企業」CD

機関投資家に定評の実力株式アナリストが教える
《最新刊》有賀泰夫の「2019年秋 株式市場の行方と有望企業」CD

有賀泰夫 (H&Lリサーチ代表/証券アナリスト)

機関投資家に定評の実力株式アナリストが、相場環境に左右されない投資のやり方とは。
今後の株式市場の行方から注目すべき8大有望企業を厳選し、深読み分析。毎回好評、的中率90%以上を誇る過去の有望企業リストのフォローアップも公開。(2019年9月19日スタジオ収録)

※ご請求書に記載の商品タイトルは「有賀泰夫2019年9月経済CD」となります。

●今後の株式市場の行方と、注目すべき有望企業
●活況の新市場から読み解く投資すべき企業
●消費増税に耐性のある企業を分析…他

童門冬二「英傑に学ぶ 人づくりとリーダーの条件」CD版・ダウンロード版

家康、秀吉、信玄…歴史の傑物たちの実践に学ぶ
童門冬二「英傑に学ぶ 人づくりとリーダーの条件」CD版・ダウンロード版

童門冬二 (作家)

人の動かし方、用い方、組織の繁栄の描き方。童門冬二が説く「勝つ組織の原理原則」

 並々ならぬ忍耐力と先見性で300年の政権を築いた家康、類まれな機転の良さと人心掌握術を持って上り詰めた秀吉、藩の財政再建を果たした鷹山…経営者にとって歴史上の英傑たちに学ぶべきことは実に多い。
 時代は変われど「人間の本質」は変わらない。歴史上の英傑たちの実践の数々は経営者が活かせる人間学の宝庫である。
 歴史小説の第一人者である童門冬二氏が、戦国と幕末の英雄たちの生き様を独自の視点から紐解き、リーダーの姿勢と人育ての要諦を披露。また、本講話集の復刊にあたり、童門冬二氏の「経営者が歴史に学ぶこと」を録り下ろし、特典CDとして付属。歴史の英傑の生き様から経営を聞き学ぶ特別CD講話集


4 件中 1~4件を表示しています
  • 前へ
  • 1
  • 次へ