牟田太陽の社長塾『実学の門』 2019年度募集
2019年度セミナー
(東京・大阪・福岡 開催)

牟田太陽の社長塾『実学の門』とは 牟田太陽の社長塾『実学の門』とは

『実学の門』は、日本経営合理化協会 創業者・牟田學が独自の視点で体系化した社長業の集大成をもとに、私、牟田太陽がオーナー社長や後継者へ経営指導をしてきた経験を踏まえ、

今の時代の社長に必要な哲学・戦略・戦術・数字の原理原則を学べるようプログラムした、社長のための勉強会です。

社長にとって不可欠な実務を吸収しながら、参加者同士の交流を通して、普段は得られない新しい知識や視野も養えます。社長としての器を広げる場、成長を確認する場、日頃の姿勢を見直す場としてお役立てください。

戦後の昭和40年、日本復興の真っただ中、経営を学問としてではなく、
実務として使えるものを学び実践する場として協会が発足されました。

お陰さまで現在、北は北海道、南は沖縄まで、中堅・中小企業を中心に
全国で13万社が会員として学んでいただいております。

会員さまの中には、設立430年の会社や100年企業もあり、業界の第一線で
活躍されている つきじ喜代村「すしざんまい」チェーンを展開する株式会社喜代村様、
チロルチョコ株式会社様、オタフクソース株式会社様等も、
設立当社からお付き合いいただいてる企業です。

そんな今では誰もが知る大きな会社も、当時はすべて小さな会社でした。

例えどんな企業であっても、本物の学びができる場で勉強し
実践し続けることで潰れない会社になることが可能です。

ただ残念なことに、目まぐるしく変化する現代社会において、
日々多くの企業が経営を続けられなくなっているの事実です。

そんなたくさんの企業を見てきた中で、経営を失敗してしまう共通点
というものが存在します。

起業から10年続く会社が3%という時代・・・“失敗してしまう会社”のポイントとは? 起業から10年続く会社が3%という時代・・・“失敗してしまう会社”のポイントとは? 良い商品を持っていても、売り方や売り先がわからない 良い商品を持っていても、売り方や売り先がわからない

社長は、我が子である商品に愛情があります。絶対の自信も持っているでしょう。しかし、どんなに素晴らしい商品やサービスも、正しい売り方や売り先を知らなければ、お客様に知ってもらうことはできません。それでは、その商品は世の中には無いも同然なのです。これは、大変もったいないことです。

社長のアイデアが実行されていない 社長のアイデアが実行されていない

社長は会社一のアイデアマンであり、事業を成長させるための策をいくつも持っています。でも、そのアイデアを形にする幹部がなかなか動かない。激を飛ばすとその場ではやる気を見せるのに、時間が経ってみると一向に進む気配がない... 社長の考えを理解して先手先手で動く幹部が育たなければ、社長のアイデアも絵に描いた餅になってしまいます。

経営理念が浸透していない 経営理念が浸透していない

経営理念は会社の魂であり、すべての仕事の価値判断の軸になるべき存在です。 経営理念がうまく伝わらないと、社員の行動や言動には統一感が無くなり、商品やサービスの質が落ち、徐々に会社の評判は落ちていくでしょう。社長の仕事は、社員に経営理念を浸透させることだと言い換えてもいいほどです。しかし、この大事に正しく向き合えていない社長は、実は多いのです。

失敗を糧にし、
成長へと変える環境

他にも共通点をあげればキリがありませんが、
共通する大きなポイントを3つあげさせていただきました。

ただここで理解しておいていただきたいのですが、
「失敗=倒産」ではないということ。

成功するためには、失敗は避けては通れない道です。

現在、一線を走る大企業の経営者たちも、多くの失敗の上に
成功を手に入れています。

大事なのは、

「失敗してもあきらめず、常に解決策を探して向上していくこと」

このことさえ辞めなければ、必ず成功へたどり着くことは可能です。

しかし、経営者というのは孤独な立場で、周りの人や社員に
悩みを相談することは難しいと思います。

結果、自分で悩みを抱え込み、問題が解決できないほど
膨れ上がってしまったケースを多く見てきました。

そうならないためにも、同じ悩みを共有できる仲間がいて、
問題解決の的確なアドバイスをくれる先輩がたくさんいる、
そんな環境へ自分をおいてください。

社長塾『実学の門』では、失敗を成長の糧とし、成功へと導く
環境が整えられていますので、安心して門を叩いてください。

牟田太陽の社長塾『実学の門』2019年度・公開セミナープログラム 牟田太陽の社長塾『実学の門』2019年度・公開セミナープログラム

6月開催

「強い組織」の本質

  • 組織の「強さ」とは何か
  • なぜ、あの組織は強いのか?躍進する組織の特徴
  • 賞味期限切れの組織戦略になっていないか
  • 組織の停滞から逃れる3つのステップ
  • 人口減少、副業解禁、働き方改革...賢い対応
  • テクノロジーと組織の未来
  • 後継社長の組織改革:何を変え、何を守るか
  • 組織の若返らせ方

日程
  東京:6月21日(金)
  大阪:6月18日(火)
  福岡:6月11日(火)

7月特別
コース

『第138回 令和元年
夏季「全国経営者セミナー」』

講師陣 牟田太陽 他30氏による特別講義

9月開催

『永い繁栄を築く「オーナー社長業の鉄則」と
事業承継』

  • 幾代もの繁栄を築く「オーナー社長の大野望の実現と心構え」
  • オーナーショップ経営の三形態と事業経営の成功のさせ方
  • 社長の人生計画と「事業継承のやり方」「会長職の上手な務め方」
  • 社長がやるべき「反則の実務戦略」と売上への直結のさせ方

日程
  東京:9月19日(木)
  大阪:9月13日(金)
  福岡:9月6日(金)

11月開催

『社長がやるべき
「事業発展計画書のつくり方」』

  • 実物の「事業発展計画書」による、理念、戦略.戦術、目標数字の
    ヒナ型指導
  • 社長がこの1年で必ずチェックすべき「事業発展計画書の重点項目」
  • 「事業発展計画書の10大効果」と全社員への浸透・実行のさせ方
  • 3年・5年・中長期発展戦略「成長のベーシックプラン」の立て方
  • 受注事業と見込み事業が業績を上げるための、2020年度
    「事業発展計画書」のつくり方

を予定

1月特別
コース

『第139回 令和2年
新春「全国経営者セミナー」』

講師陣 牟田太陽 他30氏による特別講義

未来を見据える経営者であるために… 未来を見据える経営者であるために…

2019年以降、中小企業を取り巻く環境が大きく変わります。

消費税10%、オリンピックのインフラ特需の終了、残業規制、
外国人労働者の問題など、経営者には問題が山積みです。

これからの経営者は、そういう問題に行き当たりばったりではなく、
今から対策を立てることが会社の経営を左右する大切なものになります。

正しい景気判断を学び、正しい手を打つこと。

特に地方にいる会社の方は、東京よりどうしても情報が一足遅れてしまうので、
いち早く正確な情報を手に入れて欲しいと感じています。

もしもあなたが優れた経営者であり続けるために、行動を起こす経営者に、
勇気をもって一歩踏み出す経営者になって欲しいと願っています。

そして、『実学の門』で共に学び、成長できる日を楽しみにお待ちしております。

牟田 太陽サイン
講師プロフィール 講師プロフィール
牟田 太陽

日本経営合理化協会 理事長

牟田 太陽(むた たいよう)

事業経営の奥義を一子相伝で “社長業指導の教祖” 牟田學より伝授された、手腕と感性と理性をバランス良く備えた次代のリーダー。大学卒業と同時に、単独、日本人が1人もいないアイルランドの寒村に飛び込み、和食レストランを立ち上げる。異郷の厳しさ、小さな親切が身に染み、多様な考え方の人々に会って、世界観を広げる。

忍耐や、勇気や、強さや、優しさや、痛さを会得しながら、アイルランドで事業の大成功を収めた。帰国後、日本経営合理化協会に入協。以来、経営ノウハウ、思想哲学を伝える社長実務セミナー「実学の門」、少人数の私塾「無門塾」「地球の会」、後継者育成の「後継社長塾」など、数多くの勉強会を企画・運営する。20歳代から触れ合うほとんどの方が経営者や一流コンサルタント、著名人という環境の中で、経営の手腕を磨き、企画部長、事務局長、専務理事を経て、2017年7月より現職に。オーナー企業の経営者、後継者との交流が非常に広く、事業継承特有の問題に関しても、多岐に亘る経験を持つ。

共著

「事業発展計画書の作り方」

著書

「後継者」という生き方

著書

 幾代もの繁栄を築く 後継社長の実務と戦略

お申込みはこちら