【秋季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…31講師登壇、日本最大級の経営者セミナー 

日本経営合理化協会の関連サイト
デキル社員に育てる! 社員教育の決め手 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第139回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方60「職場のリーダーが社員一人一人と上手にコミュニケーションを取るための心がけ」

第139回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方60「職場のリーダーが社員一人一人と上手にコミュニケーションを取るための心がけ」

「仕事のすすめ方」
◆仕事を円滑にすすめる「コミュニケーションのスキル」◆
 

 前回は「聞き取りやすい声とは」についてお話しました。今回は「社員とのコミュニケーションの取り方」特に、「職場のリーダーが社員一人一人と上手にコミュニケーションを取るための心がけ」についてお話します。

 職場のリーダーに、まず認識していただきたいのは「自分の言葉を社員にきちんと理解してもらえたかどうか」です。自分では伝えたつもりでも、現実として社員に伝わっていなければ、それはコミュニケーションが取れたといえません。
 次の3点を、チエックしてください。
 
➀毎朝自分から、元気な挨拶をしているか。
②いつも時間を守っているか。
③上司と部下の関係であっても、基本は人間と人間の関係であることが意識できているか。です。  

 こんな簡単なことと思うかもしれませんが、
これらのことがいつもキチンと出来ているかどうかで、社員への説得力が違ってきます。あなた次第で社員があなたの言うことを聞く耳を持ってくれるのです。「人は人につく」と言う言葉があるように、職場のリーダーが言うから社員は従うのではなく、「どんなことにも、いつも情熱を持って仕事に向き合う人間」職場のリーダーに社員はつくのです。ある地区の旅館組合様から5回シリーズの研修を承りました。初回の研修に参加なさった方が三回目の研修のとき、着物の色と旅館名が違っていました。私がきっとあれっという表情をしたのでしょう。休憩時間に彼女は、「先生、私最近お客様を二百人連れて職場を替えました。」と言いました。その方の言葉の意味を理解するのに、「間」が少し必要でした。そしてなるほどと感じ入りました。まさにお客様は実際お世話になる中居さんにつくという良い例と思いました。
 次に、社員は十人十色であることの理解です。これが意識できていると指導やアドバイスが一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションになります。例えば、コーチングに「タイプ分け」という自分を知るためのシートがあります。勿論その結果は絶対ではありません。質問に添って自分の気持ちを答えていくと、あなたが四つのタイプのどれにあたるかがわかります。

 ➀【コントローラー】:企業スピリッツやリーダーシップに優れている・保身的な態度を嫌い、正直であけっぴろげな性格・決断力があり、ペースが速いなど。
 ②【プロモーター】:アイディアが豊富で想像力もある・持続が苦手・変化、混乱に強く順応性が高いなど。
 ③【サポーター】:人を援助することを好む、「ノー」とは言えない・決断に時間がかかる・人の心を読むのが得意、気配り上手など。
 ④【アナライザー】:大人数は苦手、孤立しても気にならない・行動は慎重あるいは完全を目指す、決断に時間がかかる・変化や混乱に弱いなど。

自分がこの四つのいずれかであるかを知った
ら、次に社員は四つの傾向のどれに該当する
かを推察します。

 ➀職場リーダーがコントローラーのとき。
 【社員がコントローラー】:主導権を握られない。
【社員がプロモーター】:任せきる。
 【社員がサポーター】:十倍褒める。
 【社員がアナライザー】:じっくり待つ。

 ②職場リーダーがプロモーターのとき。
 【社員がコントローラー】:あまり口だしをしない。
 【社員がプロモーター】:張り合わない。
 【社員がサポーター】:承認のお返しをする。
 【社員がアナライザー】:速さより正確さを活用する。

 ③職場リーダーがサポーターのとき。
 【社員がコントローラー】:毅然とした態度を見せて、主導権を握られない。
 【社員がプロモーター】:必要なときは、はっきり「ノー」と言う。
 【社員がアナライザー】:プライバシーを詮索しない。

 ④職場リーダーがアナライザーのとき。
 【社員がコントローラー】:スピーディに話す。
 【社員がプロモーター】:好きにやらせてみる。
 【社員がサポーター】:数字でなく、人を見る。
 【社員がアナライザー】:拘りをすて譲る。

職場のリーダーは自分の軸をしっかり持つこととは別に、社員に合わせて立ち位置の角度を変えると、コミュニケーションがより取り易くなります。参考になさって下さい。
 
 

 

バックナンバー

2020.05.29
第140回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方61「新入社員に仕事の基本を教えていく前準備」
2020.05.01
第139回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方60「職場のリーダーが社員一人一人と上手にコミュニケーションを取るための心がけ」
2020.04.10
第138回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方59「聴き取りやすい声とは」
2020.02.07
第137回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方58「社内全体が見える視点をもとう」
2020.01.10
第136回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方57「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

電話応対コラム 松尾友子 氏

松尾友子(まつおともこ)氏

お客様に好かれてはじめてお取引が始まる。そのためにはお客様とのコミュニケーションを社員一人ひとりが意識することが重要だと主唱する社員教育インストラクター。
好感をもたれる「ビジネスマナー」、的確な「電話応対」、当たり前ができる「仕事の基本」など、きめ細やかな指導で、新人からベテラン社員まで多くの受講生を指導。社員ひとりひとりと向き合い、仕事の基本を徹底、定着させる指導は定評。
現在は、企業診断電話コンクール審査員講師としても活躍する。主な指導先に西武百貨店、JR東日本、パナソニック電工、医療法人徳真会など多数。

主な著書に「明るくて好かれる社員になる法」「1日5分!自分の磨き方」「大人のエレガントマナー」など多数。
《好 評》【通信講座】ビジネスコミュニケーションスキル講座
松尾友子氏が仕事の基本ビジネス・コミュニケーションスキルを体系化。コミュニケーションの基本をはじめ、話の聞き方、伝え方を通信教育形式で習得いただけます。
電話応対コラム 浦野啓子

浦野啓子(うらのけいこ)氏

東芝商事で現場実務を経たのち、対話総合センターに入所。多くの企業、団体の電話応対実務を指導する。その後、産能大学東京事業部講師を経て、電話応対コンサルタントして独立。
なぜ、会社にとって電話応対が大事なのかを常に念頭におき、適切な応対法と電話応対時のマナーの徹底で、「お客様の満足と感謝のこころ」を高める指導法には全国の社長から信頼が厚い。
主な指導先にバイエル薬品、ヤマハ、ブリジストン、日赤病院、共同テレビジョン、
ジャパンエナジー、富士フィルム、キッコーマン、JR東日本、弁護士事務所をはじめ大手から中小企業まで200 社を超える。
著「電話の応答が3 時間でマスターできる」「クレーム処理が上手い人下手な人」
「ことば上手は仕事上手」「営業電話の応答が3時間でマスターできる」。
社員研修ビデオ・ DVD「あたり前の仕事をキチンとできる職場のルールDVD・ビデオ」、電話応対教育ビデオ「ビジネス電話マナーDVD・ビデオ」他多数。

コミュニケーションインストラクター浦野氏・松尾氏の経営コラムに関するお問い合わせ