【秋季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…31講師登壇、日本最大級の経営者セミナー 

日本経営合理化協会の関連サイト
デキル社員に育てる! 社員教育の決め手 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第136回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方57「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」

第136回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方57「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」

「仕事のすすめ方」
◆仕事を円滑にすすめる「コミュニケーションのスキル」◆
 

 前回、「ミスをくりかえさないためには」についてお話しました。今回は「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」についてお話します。

 どなたも、私は気持ちのこもった応対をしていると感じでいると思います。ただ意識しなくてはいけないのは、「私」がどうかではなく、「お客様」が気持ちのこもった来客応対や電話応対だったと感じるかどうかです。『どちらが主役』かを、理解した応対が必要です。残念ながら「私」と「お客様」の感じ方の間には、ギャップがあります。自分は笑顔で応対しているつもりでも、お客様が「もっとにこやかに応対できないのかしら」と思えばそれがお客様の印象です。このギャップを理解した上で応対なさると、お客様の感じる応対のランクは上がります。
 来客応対には、環境整備も含まれます。最近私が体験したことを紹介します。➀患者の私(=お客様)は、処方箋をもらうため一ヶ月に一回通院しています。その病院は診療時間前に歩道のお掃除をしています。今回たまたまお掃除の時間帯に病院に行きました。病院の100mほど手前位のところで、お掃除している病院のスタッフを見かけました。思わず「こんな遠くまでお掃除をされるのですね」と声をかけると(病院までの歩道沿いには、通路と民家とお店が何軒かあります)「ここに、患者様用の駐車場がありますから。」と笑顔で答えてくださいました。『患者様が主役』の行動です。もちろん病院までの約100mの歩道にごみは一つもなく、私は有難いと思いながら通りました。②ある会社に研修に伺ったときのことです。玄関に入るとすでに担当者が笑顔で立っていて「松尾先生、おはようございます。お待ち致しておりました。」と背筋を正したお辞儀をしてから、素早く近寄ってきてくださいました。私が感じる担当者の素敵な「笑顔」と、綺麗な「お辞儀」(敬う気持ちを相手に伝えられる)と「自分から近寄って」くださるトリプルのお出迎えは、とても嬉しいものでした。瞬時のこの応対に、私はこの方のためにも一日頑張ろう!といつも以上に気合いが入りました。特に笑顔は、相手にわかる笑顔でなければなりません。すでにギャップがあることを書きましたが、そのためには、自分の笑顔を働く仲間にチエックしてもらったり、鏡の前で笑って、表情筋のどこまで動かしたら相手にわかる笑顔になるかを確認してください。
 ➀・②の例は、『主役が誰であるか』が良く理解出来ているからこそ出来る応対です。この一連の動きを見ただけでその方の一日の働きぶりは自然に見えてきます。きっと一日お客様のために動ける方と想像できます。是非あなたが『主役はお客様』であることを社内に浸透させてください。それでも時には、悪気なく自分中心になってしまうことがあるかも知れないので、気をつけましょう。お客様は敏感に「あら、形だけの応対ね」と感じとってしまいます。これは自分にとってではなく、会社にとって大きなマイナスです。
 さらに電話応対については視覚がカットされた状態でのコミュニケーションなので、対面の応対より難しいです。自分が実際にお客様とどのように話しているのかを録音して聴いて、話しぶりを確認しましょう。思ったより自分の話し方が一本調子なのに気がつきます。これは電話機を通すことで、抑揚が吸収されてしまうからです。電話で話すときは通常の1.5倍位の抑揚で話すと、主役のお客様が聞いたとき、気持ちのこもった自然な話し方と感じてもらえます。
 以前よりお客様が高いレベルの応対を求める時代になっています。『応対者があなたでよかった』と喜んでいただける『主役はお客様』を改めて心に刻む必要があります。
 
 

 

バックナンバー

2020.05.29
第140回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方61「新入社員に仕事の基本を教えていく前準備」
2020.05.01
第139回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方60「職場のリーダーが社員一人一人と上手にコミュニケーションを取るための心がけ」
2020.04.10
第138回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方59「聴き取りやすい声とは」
2020.02.07
第137回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方58「社内全体が見える視点をもとう」
2020.01.10
第136回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方57「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

電話応対コラム 松尾友子 氏

松尾友子(まつおともこ)氏

お客様に好かれてはじめてお取引が始まる。そのためにはお客様とのコミュニケーションを社員一人ひとりが意識することが重要だと主唱する社員教育インストラクター。
好感をもたれる「ビジネスマナー」、的確な「電話応対」、当たり前ができる「仕事の基本」など、きめ細やかな指導で、新人からベテラン社員まで多くの受講生を指導。社員ひとりひとりと向き合い、仕事の基本を徹底、定着させる指導は定評。
現在は、企業診断電話コンクール審査員講師としても活躍する。主な指導先に西武百貨店、JR東日本、パナソニック電工、医療法人徳真会など多数。

主な著書に「明るくて好かれる社員になる法」「1日5分!自分の磨き方」「大人のエレガントマナー」など多数。
《好 評》【通信講座】ビジネスコミュニケーションスキル講座
松尾友子氏が仕事の基本ビジネス・コミュニケーションスキルを体系化。コミュニケーションの基本をはじめ、話の聞き方、伝え方を通信教育形式で習得いただけます。
電話応対コラム 浦野啓子

浦野啓子(うらのけいこ)氏

東芝商事で現場実務を経たのち、対話総合センターに入所。多くの企業、団体の電話応対実務を指導する。その後、産能大学東京事業部講師を経て、電話応対コンサルタントして独立。
なぜ、会社にとって電話応対が大事なのかを常に念頭におき、適切な応対法と電話応対時のマナーの徹底で、「お客様の満足と感謝のこころ」を高める指導法には全国の社長から信頼が厚い。
主な指導先にバイエル薬品、ヤマハ、ブリジストン、日赤病院、共同テレビジョン、
ジャパンエナジー、富士フィルム、キッコーマン、JR東日本、弁護士事務所をはじめ大手から中小企業まで200 社を超える。
著「電話の応答が3 時間でマスターできる」「クレーム処理が上手い人下手な人」
「ことば上手は仕事上手」「営業電話の応答が3時間でマスターできる」。
社員研修ビデオ・ DVD「あたり前の仕事をキチンとできる職場のルールDVD・ビデオ」、電話応対教育ビデオ「ビジネス電話マナーDVD・ビデオ」他多数。

コミュニケーションインストラクター浦野氏・松尾氏の経営コラムに関するお問い合わせ