【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
新・会計経営と実学 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第26回 第2回経営会議の進め方

第26回 第2回経営会議の進め方

「先月第1回の経営会議を開いたが、その際、部門別の数字は司会が説明した。
 部門の責任者の中には、“自分はがんばっていると思っていたのに、赤字だったなんて”と
 びっくりしているものがいたり、 反響は大きかった。
 第2回目の会議も、ぜひとも実りあるものにしたい。どのように進めて行けばいいのだろうか?」

今月第2回目の経営会議を控えた社長が、何とか経営会議をいい方向に持っていきたいと
相談に来られました。
 
第1回目で会議のリーダーが説明した数字を、第2回目は、各部門の責任者が自ら発表します。
成績の悪い部門の責任者が、ダメだった言い訳をダラダラ話したり、数字の羅列を淡々と説明したり、
責任者間で、随分温度差が出てきます。

その時、会議のリーダーは、鋭い突っ込みを入れなければなりません。
その突っ込みは、経営会議の方向性を決めると言っても過言ではありません。


次は、会議のリーダーと部門の責任者とのやり取りです。

責任者A:
「先月、機械の故障により修繕費がかさみました。小口の注文が多く、段取りに手間がかかり、
 残業が増え、その結果赤字になりました」

会議リーダー:
「赤字の言い訳を、クドクド話さないで下さい。数字で自分の成績を発表して下さい」

責任者A:
「そんなこと言われても、私たちは経費の内訳を知らないのだから、仕方ないでしょう」

会議リーダー:
「では、来月から主な経費の内訳明細を資料に付けましょう。
 しっかり内訳を見て、どこにどれだけ支払っているのかを意識して下さい」

責任者B:
「自分が思っていたより売上が少なかったので、赤字になりました」

会議リーダー:
「売上の計上基準をわかっていますか」

責任者B:
「自工程の生産が終わったものはすべて売上になると思っていました」

会議リーダー:
「会議メンバーで話し合って、売上や経費の計上基準を決め、そのルールを
 みんなが認識することが必要です」


今まで部門の責任者は、経理部門が作った資料をポンと渡されて会議に臨んでいました。
これでは、自部門の数字の内容がよくわからず、
どうすれば数字をよくすることができるのかわからなくても無理はありません。

しかし、これからは、売上や経費の計上基準や経費の内訳明細を明らかにしていきます。
その結果、
「この経費の配賦基準はおかしいんじゃないのか」とか、
「社内売買の基準を変えた方がいいのでは」…といった声が、必ず出てきます。

このようにしていくことにより、経理部門が一方的に作った数字から、みんなが納得した数字になり、
真剣に意見を戦わせる活発な経営会議へと変わっていくのです。
 
tam26.jpg

 

バックナンバー

2014.01.10
第37回 社員が数字に強くなれば、必ず利益が出てくる
2013.12.06
第36回 経営計画発表会で決意表明する
2013.11.01
第35回 部門会議で日々の目標を追いかける
2013.10.04
第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり
2013.09.06
第33回 売上が減ったら忙しい部門へ応援に行け
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社監査役。公認会計士・税理士。 田村 繁和氏

田村 繁和氏 株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社(元)監査役。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、大阪国税局国税調査官を経て、経営ステーション京都を創業。
2005年6月、京セラの監査役に就任(~2009年)
京セラ実学をベースとした中小企業のためのわかりやすい経営と会計を提案。
実学にもとづく、キャッシュフロー経営と部門採算制での経営会議で、
会社が生まれ変わっていただくことを使命としている。


最新刊DVD 『会計経営と実学』 の他、著書に、
「京セラに学ぶ新・会計経営のすべて」(共著、実業之日本社)
「社長の疑問に答える会計の本」(共著、中経出版)
「お金を残す強い会社の101の教え」(共著、清文社)
「小さな会社の必ずお金が残る経営の本」(共著、実業之日本社)他多数。
株式会社経営ステーション京都。 公認会計士・税理士。 小長谷 敦子氏

小長谷 敦子氏 株式会社経営ステーション京都。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、西武百貨店を経て、結婚・出産後、公認会計士・税理士となる。
中小企業のためのキャッシュフロー制度の構築と経営会議の指導に定評がある。


「子育て主婦の公認会計士合格記」(中経出版)
DVD「実学に学ぶ お金を残す3つの秘訣」(清文社)

経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役 田村繁和氏の経営コラムに関するお問い合わせ