社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第20回 奥さんの家計簿経営術 3 ~みんなの前で誓いの言葉を発表してもらうわ~

第20回 奥さんの家計簿経営術 3 ~みんなの前で誓いの言葉を発表してもらうわ~

 
家族別家計簿を作り、赤字を解消するための家計簿改善プランを各自に描いてもらいました。

しかし、数カ月が経ち、その改善プランも絵に描いた餅になってきました。

作文が上手で素晴らしいプランを作っても、本当に実行に移せるのかというと、
作文のうまさとはまったく関係がありません。
会社でも部門別損益を出して目標数字を立てても、それが十分に活かされていないというケースが
多く見受けられます。


そこで、今回は、家計簿改善プランを実効性の高いものにするための方法を説明したいと思います。

下の図を見て下さい。

tam20-1.jpg 

長男の圭さんは、10月の赤字の家計簿を見て、「これはやばい」と思いました。
それに追い打ちをかけるように、母親の文さんに、
「家計が苦しいので、来月からお小遣いを2万円減らすわよ」と言われました。
このままだと赤字が膨らむばかり、何とかしなければと家計簿改善プランを作りました。

しかし、文さんは、
「りっぱな改善プランだけど、本当に実行できるのかしら」と、半信半疑です。

そこで、家族みんなの前で宣言させることにしました。


まず、前月の結果発表です。
「10月の家計簿は、4万円の赤字でした。お小遣い3万円に対して、お金をたくさん使いすぎて
 しまいましたので、支出をすべてチェックします」

圭さんは、支出の面から反省を述べました。その反省をもとに、11月の予定を立てます。
11月は、唯一の収入であったお小遣いが2万円減って、1万円になってしまいます。
3万円もらっていても赤字なのに、このままでは到底やっていけません。

そこで、アルバイトをすることにしました。
圭さんは、
「11月の収入は、アルバイト代4万円とお小遣い1万円で合計5万円になる予定です。
 支出については、すべての項目を徹底的に見直します。
 具体的には、友達と居酒屋に行く回数を減らします。
 たまには、日本一安いと豪語する280円均一の居酒屋さんに行くことにします。
 散髪も4000円から1500円のお店に変えることにします。衣服はユニクロで買うことにします。
 10月は携帯電話の請求額も多かったので、通話プランを見直したり、
 ムダな通話やメールを控えることにします」
と行動目標を述べました。

さらに、
「こうした改善プランにより、25,500円支出を減らし、5,500円の黒字を出します」
と宣言しました。

tam20-2.jpg

会社経営でも、部門別の損益を出すだけではなく、
部門のリーダーに、来月どうするのかという改善プランを作ってもらいます。
その改善プランを実行に移してもらうため、経営会議の場に舞台を作って、みんなの前で発表してもらいます。

この発表が大変重要な意味を持ち、
「みんなの前で自分が宣言したプランだから、何としてでも達成しなければ」という意識が芽生え、
改善プランの実効性が増すのです。

ぜひともこの家計簿経営術を会社でも活用していただきたいと思います。

バックナンバー

2014.01.10
第37回 社員が数字に強くなれば、必ず利益が出てくる
2013.12.06
第36回 経営計画発表会で決意表明する
2013.11.01
第35回 部門会議で日々の目標を追いかける
2013.10.04
第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり
2013.09.06
第33回 売上が減ったら忙しい部門へ応援に行け
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社監査役。公認会計士・税理士。 田村 繁和氏

田村 繁和氏 株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社(元)監査役。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、大阪国税局国税調査官を経て、経営ステーション京都を創業。
2005年6月、京セラの監査役に就任(~2009年)
京セラ実学をベースとした中小企業のためのわかりやすい経営と会計を提案。
実学にもとづく、キャッシュフロー経営と部門採算制での経営会議で、
会社が生まれ変わっていただくことを使命としている。


最新刊DVD 『会計経営と実学』 の他、著書に、
「京セラに学ぶ新・会計経営のすべて」(共著、実業之日本社)
「社長の疑問に答える会計の本」(共著、中経出版)
「お金を残す強い会社の101の教え」(共著、清文社)
「小さな会社の必ずお金が残る経営の本」(共著、実業之日本社)他多数。
株式会社経営ステーション京都。 公認会計士・税理士。 小長谷 敦子氏

小長谷 敦子氏 株式会社経営ステーション京都。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、西武百貨店を経て、結婚・出産後、公認会計士・税理士となる。
中小企業のためのキャッシュフロー制度の構築と経営会議の指導に定評がある。


「子育て主婦の公認会計士合格記」(中経出版)
DVD「実学に学ぶ お金を残す3つの秘訣」(清文社)

おすすめ商品

「会計経営と実学」DVD

「会計経営と実学」DVD

小長谷敦子 (経営ステーション京都取締役 公認会計士・税理士)
田村繁和 (経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役)

経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役 田村繁和氏の経営コラムに関するお問い合わせ