【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
高島健一の「社長のメシの種」 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第135回 クリエイターズエコノミー

第135回 クリエイターズエコノミー

 6月のシリコンバレー視察ツアーの際にお話を伺った、未来予測学者のポール・サッフォー(Paul L. Saffo)博士は、今起こっている新しいメディア革命は「Air B&B」「uber」などに代表されるもので、これらは消費者がコンテンツを作り出すYouTube、eBay、Google、facebook、twitter、wikipediaなどに繋がるものだとして、「クリエイターエコノミー」と呼んでいた。
 
 日本で多くの人が利用しているネットオークションの「Yahoo!オークション」では、Yahoo!は仕組みを提供しているだけで、そこに一般の人を含め誰もが商品を出品でき、オークションで競り落として入手できることが特徴だが、これはYouTubeの動画、facebookの投稿、twitterのtweet、wikipediaの記事なども同様だ。
 
 このように、誰もが売り手にも買い手にも、書き手にも読み手にもなるという形で参加してゆくのが「クリエイターエコノミー」だが、これが世の中を大きく変え始めている。
 
■Air B&B、Uber
 現在、世界で最も宿泊部屋数を有しているのは「Air B&B」というネットによる宿泊予約サービスで、ヒルトン、マリオットなどの大手ホテルチェーンを抜いたと言われている。
 
135-1.jpg
 「Air B&B」は、使っていない家やマンション、自分が住んでいる家の空いている部屋などを、誰でも登録しホテルのように貸せるサービスで、2008年8月に米サンフランシスコで創業したベンチャー企業だ。
 現在190ヶ国、34,000以上の街の80万部屋の宿泊先が登録され、既に通算1,700万人が利用しているが、ホテル業界から見ると思わぬところから競合が登場したことになる。
 
 2009年3月に、やはりサンフランシスコでスタートした、利用者とタクシーやハイヤーなどをスマートフォン・アプリを使って結びつけるベンチャー企業「Uber」も、現在44カ国170都市に展開しており、世界一のタクシー会社と言ってもいいかも知れない。
 
 サンフランシスコなどでは、日本と違い、誰でもタクシーサービスが提供できる法制度となっているため、普通の人がUberに加入してタクシーをやっているが、先日乗った運転手の人は、一日中働けば200~300ドルになると言っていた。
 
135-2.jpg
 私はサンフランシスコやシリコンバレーで何度もUberを利用しているが、通常のタクシーよりも料金が安く、事前に料金の試算、誰がどこから来るか、その人のレイティング(最高★5)、評判などが分かるため、安心して使え便利なのでタクシーは使わなくなった。
 
135-3.jpg
 Uberは東京でもハイヤーサービスを今年3月から正式に開始、8月からは既存のタクシーを配車する新たなサービスも始めているが、日本は規制により一般の人が運転手になることはできない。
 
 ホテル業界はAir B&Bに対してまだ危機感を持っていないようだが、タクシー業界はUberに大きな脅威を感じており、パリ、ミラノ、ロンドンなどでは、タクシー運転手によるストライキなどが起こっている。
 
 インターネットやスマートフォンの普及がいよいよ新たな時代を作り始めているが、これらの「クリエイターエコノミー」の進展には要注意だ。
 
 
 

 
======== DATA =========

●Air B&B(宿泊)
http://www.airbnb.jp/

●Uber(タクシー)

バックナンバー

2017.12.19
第215回 2017年のヒット商品
2017.12.05
第214回 ラストワンマイル
2017.11.14
第213回 シリコンバレー・ピッチイベント
2017.10.31
第212回 第45回東京モーターショー
2017.10.17
第211回 TOKYO ART BOOK FAIR 2017
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

社長専門 新事業アドバイザー 高島健一氏

高島健一氏 社長専門 新事業アドバイザー 

 次の成長事業やヒット商品を、誰よりも早く探し出す社長専門の新事業コンサルタント。日本にとどまらず世界中、人の集まるところには必ず自分の足を運ぶ行動力に定評があり、社長の経営アドバイザーとして活躍。

 「百聞は一見にしかず。百見はワンタッチにしかず」を信条とし、自分の眼で、耳で、手で必ず体験する現場主義を徹底。旺盛な好奇心と独特の感性から、次のヒット潮流を確実に先見する。

 慶應義塾大学経済学部卒業後、1978年日本楽器製造(株)入社後、(株)高島陽事務所(現在の高島事務所)に入社。現在同所代表。著「新しい儲け方のヒント」…他。

社長専門 新事業アドバイザー高島健一氏の経営コラムに関するお問い合わせ