【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
高島健一の「社長のメシの種」 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第132回 アメリカの人気店、日本1号店

第132回 アメリカの人気店、日本1号店

132-1.jpg
 アメリカの人気店がこのところ原宿に日本一号店をオープンしている。
 
■マグノリア・ベーカリー(Magnolia Bakery)
 アメリカの人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ(SEX AND THE CITY)」、「ゴシップガール(GOSSIP GIRL)」、映画「プラダを着た悪魔」などに登場してカップケーキ人気の火付け役となったNYの「マグノリア・ベーカリー(Magnolia Bakery)」が6月16日に、東京・表参道にオープンした。
 
 当日は強い日差しの中、朝から行列ができ、私もその行列にいたのだが、買い終わるまで結局6時間もかかった。
 6時間待ちの行列というのはオープン初日としても異例のことだが、私の見た状況から推測すると、約30種類が用意されている色とりどりのカップケーキ(430円)を始め、チーズケーキ(880円)、アイスケーキ(600円)、クッキー(130円~)などNY店と同様の品揃えが用意されていたため、お客が何を買うかを迷って時間がかかったようだ。
 
132-2.jpg
 「CLASSICS」と命名されているカップケーキ(430円)は、味を日本人向けに甘さを抑えたりせず、オリジナルと同じ「古き良きアメリカの家庭を再現した」ものなのでしっかり甘いのだが、女性たちにとってはそれも魅力のようだ。
 
132-3.jpg
 メニューに使用する素材はすべて日本で調達し、全て店舗にて焼き上げているマグノリア・ベーカリーのカップケーキは、最後の仕上げのバタークリームをのせる工程を外からも見られるようにしているので、買いに来た人も通りかかった人も写真を撮っていた。
 
■モエナカフェ(Moena Cafe)
 2012年にハワイのショッピングセンター「ココマリーナ・センター」にオープンし、昨年、「ホノルルマガジン」主催のグルメアワード「ハレアイナ賞」朝食部門で「クチコミナンバーワン」を受賞した「モエナカフェ」も、6月23日に原宿にオープンした。
 
132-4.jpg
 ここでは、果物を多く使ったフレッシュフルーツパンケーキ(1,480円)、シナモンロールパンケーキ(1,100円)、日本限定のいちご&ミルクパンケーキ(1,200円)など5種類のパンケーキがあるが、アメリカらしくどれも大きかった。
 
 自然を取り入れ、木目を基調にした店内やハワイっぽい衣装を来た店員さんなど、東京にいながらハワイ気分が味わえるカフェとなっている。
 
 連日行列ができているハワイ発のカフェカイラ、Eggs 'n Thingsなどもある原宿に、あえて「おいしいものが生き残ると」自信をもって出店したようだが、古くは神田の古本屋街、秋葉原の電気街など集積効果により人が集まる傾向があるため、この夏の原宿パンケーキ行列は更に長くなりそうだ。
 
 
 

 
======== DATA =========

●Magnolia Bakery
http://www.magnoliabakery.com/
所在地:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1階
営業時間:11:00~20:00

●マグノリア・ベーカリー(日本語Facebookページ)
 
●モエナカフェ
所在地:東京都渋谷区神宮前4-27-2
席数:1F 20席 テラス 20席 / 2F 28席 / 3F 36席
営業時間:8:00~23:00(22:30 LO)

バックナンバー

2017.12.19
第215回 2017年のヒット商品
2017.12.05
第214回 ラストワンマイル
2017.11.14
第213回 シリコンバレー・ピッチイベント
2017.10.31
第212回 第45回東京モーターショー
2017.10.17
第211回 TOKYO ART BOOK FAIR 2017
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

社長専門 新事業アドバイザー 高島健一氏

高島健一氏 社長専門 新事業アドバイザー 

 次の成長事業やヒット商品を、誰よりも早く探し出す社長専門の新事業コンサルタント。日本にとどまらず世界中、人の集まるところには必ず自分の足を運ぶ行動力に定評があり、社長の経営アドバイザーとして活躍。

 「百聞は一見にしかず。百見はワンタッチにしかず」を信条とし、自分の眼で、耳で、手で必ず体験する現場主義を徹底。旺盛な好奇心と独特の感性から、次のヒット潮流を確実に先見する。

 慶應義塾大学経済学部卒業後、1978年日本楽器製造(株)入社後、(株)高島陽事務所(現在の高島事務所)に入社。現在同所代表。著「新しい儲け方のヒント」…他。

社長専門 新事業アドバイザー高島健一氏の経営コラムに関するお問い合わせ