【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
欧米資産家に学ぶ二世教育 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム

第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム

私たちは後継者に、リーダーシップを発揮して会社を率いていってくれること、個人としての幸せを願い、更に次世代が活躍する世の中が平和であれと希求する。

グーグルの人材開発カリキュラムはまさにそのようなニーズを念頭に組成されたようだ。
『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』にその詳細が紹介されている。この本はグーグル社のエンジニアの重鎮チャディー・メン・タン氏が、EQのパイオニアと言われるダニエル・ゴールマン、禅の世界的な権威などの協力のもと開発したカリキュラムの紹介である。
 
瞑想を始めとする数々の手法やエクササイズを通して心が清明になるだけでなく、幸せ感が増し、人間関係がスムーズに、リーダーシップ力が醸成され、ひいては世界平和にも貢献するという壮大なシナリオのもと作られたそうだ。グーグルでは受講希望者が殺到し、アメリカンエクスプレス、インテルなどの企業にも広まっている由。
 
ちなみにマインドフルネスは「気づいていること」「注意深いこと」といった意味で「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価せずに、とらわれない状態で、ただ観(み)ること」と日本マインドフルネス学会では定義している。
 
私がグーグルという会社に非常に興味を抱いていた一つの理由が、革新を促すために、自社のエンジニアが就業時間の20%を各自のコアとなる仕事以外のプロジェクトに使うことを認めているということからである。そしてこのプログラムは、その「20%の時間」を使って創り上げられた。エンジニア、しかも組織の長、管理業務を熟知している人が作ったのがポイントだと思った。とにかくわかりやすく、簡単に即実践できるのである。
 
例えば瞑想のやり方は非常にシンプル。2分間自分の呼吸に意識を向けるだけでいいという。正確には呼吸に意識を向けることと、意識を向けているかどうかチェックする意識だけでOK。雑念に邪魔されても、運動と同じで、呼吸に意識を戻す度に筋肉が増強されると思えばいいと説く。2分という短さ、更に雑念が生じることをポジティブにとらえており、初心者にも取っつきやすい。
 
「誰であろうと人と会ったらかならず、『この人が幸せになりますように』と、まず反射的に思う習慣が身についていて欲しい」というのもシンプルでかつ大胆、職場の雰囲気が劇的に変わるに違いない。
 
怒りなどの情動については、「情動を高解像度で知覚する能力を育むには、マインドフルネスを体に向けることだ。怒りを例にとれば、自分の心をたえず観察し、怒りが心に湧き起こる瞬間を捉えられるように、自分を訓練できるだろう」という。そもそも怒りは自分自身に理由がある場合が多く、それに気づけば怒りを成長の糧とすることが可能だ。

「思いやりを持ち共感できる人材・リーダーになるため」のエクササイズもシンプルでわかりやすく、すぐ実践することができる。
 
このように実業の世界、組織の世界を知っている人の書いた啓発書には説得力がある。中村天風の3部作「成功の実現」「盛大な人生」「心に成功の炎を」は数多くの経営者の愛読書となっているが、それは彼自身が軍事探偵として、その後は悪化する結核患者として救済を求めて世界をさ迷い歩き、帰国したのちは起業、会社経営を幅広く経験する、そうした経験に基づいた上での著作であるからだと思う。
 
中村天風もまた今でいうマインドフルネスを提唱している。「今やっている事にしっかり意識を傾ける」ことは実は記憶が定かでなくなる高齢者にとってまさに実践すべき生活態度でもある。
 
 
 
                       ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

バックナンバー

2017.03.10
第100回 最終講 大局観
2016.12.09
第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム
2016.10.07
第98回 あなたのストーリーは何ですか?
2016.09.23
第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
2016.08.12
第96回 多様な社員をもつメリット
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

榊原事務所 代表 榊原 節子氏

榊原 節子氏 榊原事務所代表

米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業。 国際会議同時通訳者を経て、大手証券会社にて主に医薬品、老人ホーム、化粧品などの企業買収を手がける。

1991年、国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立。 国内外の幅広い人脈を活かし国際的視野にたったファイナンシャル・コンサルタント業務を展開する。

現在は、基金の資金運用、複数の団体役員、講演、著作活動等に従事。テーマは楽しいエイジング─心・体・お金、心と資産の継承、大人と子どもの金銭教育、社会貢献などである。

著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」(東洋経済新報社)、 「プロが教える海外資産投資 ─ あなたの財産を有利に殖やすノウハウ」(太陽企画出版)、 「金銭教育 ─ 小遣いから資産家の二世教育まで」(総合法令出版)、 「わが子が成功するお金教育 ─ よい小遣い・悪い小遣い」(講談社)、 「セレブのルール」(ディスカヴァー)、「カモにならない投資術 ─ 人生後半からの負けないお金哲学」(太陽企画出版)、「凛としたシニア ─「ああいい人生だった」と思えるように」 (PHP研究所)、「50代にしておくべき100のリスト」(ディスカヴァー)、『代々続くウルトラ・リッチ 「お金づかい」の知恵』(すばる舎)がある。東京生まれ。

榊原事務所 代表
日本薬科大学客員教授
ハリウッド大学院大学客員教授
ライフスタイルアドバイザー
ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子先生の書籍やダウンロード講話MP3
■「金銭教育」
自立と自己実現のための教育のひとつに金銭教育がある。マネー・マネジメント教育、起業家教育、二世教育、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるためには…欧米の資産家に学ぶ金銭教育の決定版。
■「オーナー企業の価値と資産の継承MP3」
社長が後継者に残すものは、「カネ」だけではない。幾代にもわたり、オーナー会社が「富」と「ビジネス」と「価値観」を上手に継承させるにはどうすればよいか。その考え方と実践策、後継者の心得を、5代以上続く企業の継承法をもとにわかりやすく解説指導

榊原事務所代表榊原節子氏の経営コラムに関するお問い合わせ