【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
欧米資産家に学ぶ二世教育 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第97回 経営者も二世教育を心掛けよう

第97回 経営者も二世教育を心掛けよう

歌舞伎、能、茶道などの伝統芸能、伝統文化はなぜ続いているのだろうか?継いだ人全員が才能に恵まれていたとは到底思えないから、幼い頃からの厳しい訓練の賜物なのだろう。昨今は音楽、スポーツでも同様に、幼いころから鍛錬を心がける親が増えている。

小堀遠州13世の小堀宗実氏にインタビューしたことがある。
「4-5歳の頃からおはこびとしてお手前をお客様に運んでいましたね。頃合の見計り方、お客様への受け応えなど、今考えてみればあれもよいトレーニングになっていたんですネ」と述懐する。家元である父は家族旅行で宿に入ると「お点前の道具をさっと出して家族に振舞った」とか「庭に咲いた花が次の日には茶室に生けられていた」などの話をされた。つまり日常すべてが教えだったのだろう。
 
こうした何気ない日々の生活のなかで価値観の継承がされるのは、同族経営者いやごく普通のサラリーマン家庭とて同じことである。私たちはもっと意識して二世教育を行うべきでないだろうか?
毎日の生活のなかで子どもにヒントを与える機会はいくらでもある。子どもが何かに興味を示し「なぜ?」と聞けば、「なぜだと思う」と問いかけ、物事の本質を考えさせるようにする。一緒に遊んでいるときも、親が創造性を発揮すれば、子どもは「へー!そうか」と自分もクリエイティブになろう。子どもに夢を持ってもらいたいなら、親が(或は祖父母が)自分の夢を語ってみたらどうであろうか?あなたが机に向かって真剣に勉強していれば、子は勉強が“カッコイイ”というメッセージを受け取る。
 
正しい姿勢、正しい箸の持ち方、時間を守ること全てしかりである。親が他人への気遣いを示せば、子にもそれは伝わる。「他人への心の回路」をつけることが将来のよい親子関係、そしてよい社会とのかかわり方につながる道となろう。
 
何世代にわたりエリートであり続けた欧米のファミリーには、どう子をどう鍛えるかのノウハウの蓄積がされているように思える。ナニーや家庭教師を雇ってでも、幼少期より姿勢などのマナー、よい食事の習慣、健康の習慣をつけさせる。外国語をマスターさせ(外国人のナニーを雇う、海外留学)、海外へ頻繁に連れ出し、グローバルな視点を持たせるなどの努力を忘れない。他方、可能な限り、子どもを厳しく質素に育て決して甘やかさない。妥協はない。成金はこの辺りが身に付いていない。5代以上続いたファミリーの特徴は「語り伝えがしっかりしていること」と言われている。価値観がきちんと継承されないと、資産もついてこないということであろう。
 
 
 
                       ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

バックナンバー

2017.03.10
第100回 最終講 大局観
2016.12.09
第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム
2016.10.07
第98回 あなたのストーリーは何ですか?
2016.09.23
第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
2016.08.12
第96回 多様な社員をもつメリット
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

榊原事務所 代表 榊原 節子氏

榊原 節子氏 榊原事務所代表

米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業。 国際会議同時通訳者を経て、大手証券会社にて主に医薬品、老人ホーム、化粧品などの企業買収を手がける。

1991年、国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立。 国内外の幅広い人脈を活かし国際的視野にたったファイナンシャル・コンサルタント業務を展開する。

現在は、基金の資金運用、複数の団体役員、講演、著作活動等に従事。テーマは楽しいエイジング─心・体・お金、心と資産の継承、大人と子どもの金銭教育、社会貢献などである。

著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」(東洋経済新報社)、 「プロが教える海外資産投資 ─ あなたの財産を有利に殖やすノウハウ」(太陽企画出版)、 「金銭教育 ─ 小遣いから資産家の二世教育まで」(総合法令出版)、 「わが子が成功するお金教育 ─ よい小遣い・悪い小遣い」(講談社)、 「セレブのルール」(ディスカヴァー)、「カモにならない投資術 ─ 人生後半からの負けないお金哲学」(太陽企画出版)、「凛としたシニア ─「ああいい人生だった」と思えるように」 (PHP研究所)、「50代にしておくべき100のリスト」(ディスカヴァー)、『代々続くウルトラ・リッチ 「お金づかい」の知恵』(すばる舎)がある。東京生まれ。

榊原事務所 代表
日本薬科大学客員教授
ハリウッド大学院大学客員教授
ライフスタイルアドバイザー
ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子先生の書籍やダウンロード講話MP3
■「金銭教育」
自立と自己実現のための教育のひとつに金銭教育がある。マネー・マネジメント教育、起業家教育、二世教育、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるためには…欧米の資産家に学ぶ金銭教育の決定版。
■「オーナー企業の価値と資産の継承MP3」
社長が後継者に残すものは、「カネ」だけではない。幾代にもわたり、オーナー会社が「富」と「ビジネス」と「価値観」を上手に継承させるにはどうすればよいか。その考え方と実践策、後継者の心得を、5代以上続く企業の継承法をもとにわかりやすく解説指導

榊原事務所代表榊原節子氏の経営コラムに関するお問い合わせ