【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
欧米資産家に学ぶ二世教育 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第92回 会社の規模は小さくても社会貢献

第92回 会社の規模は小さくても社会貢献

イオングループ名誉会長の話を聞いたことがある。5年程前、会長が85歳のときのことだった。家業の呉服屋を継いだのが早稲田大学在学中の20歳。5名の社員と40坪の社屋であったそうだが、M&Aを繰り返し現在のイオングループを作った。実質的な創始者である。

こと社会貢献に関しては、戦後すぐ岡田屋商店時代から奨学金を出したり、街路に花を植えるなどしていたそうだ。そしてそれを加速させたある視察旅行があったと岡田氏は言う。
 
提携先の米国企業の経営が傾いたので、岡田氏は視察に行った。ところが、その会社は地域社会に助けられて再生しつつあった。「寄付等地域社会に貢献し続けてきた企業」に対する地域の人の心が温かったことに岡田会長は感銘を受ける。ほどなくして「イオン1%クラブ」の宣言がされたのが1989年のことである。爾来税前利益の1%を寄付にあて「地域振興、環境保全、国際的な交流・人材育成」等をテーマに数多くの事業を行ってきたという。イオンの1%は大きく、そのプロジェクトは文字通り地球儀を俯瞰している。
 
しかし、私が興味を持ったのはイオンがまだ四日市の小さな岡田屋商店のときから社会貢献活動をしてきたという点であり、米国の提携先が地域の支えで再生したという話である。小さい企業でも、いや小さいからこそ、社会貢献活動の意義は大きいのではないだろうか?
 
とくに会社の得意分野での貢献は有効だ。ジオ・サーチという会社は社員150名ほどの会社だが、路面下空洞探査システムの技術を有し、残留地雷探知技術を開発、カンボジアにおける地雷撤去の貢献活動をいち早く始めた。何回か冨田社長にお会いしたが、「こうした貢献活動をすることは社員の誇りでもあるのです」と言っていた。東日本大震災でも大活躍している。
 
自分の得意とするスキルを活かして社会貢献することをプロボノという。典型的な例は弁護士や会計士が無料でNPOを助けたり相談にのるケースである。スタッフたちのモチベーションアップになり、教育的効果もある。同様に東日本大震災のとき、避難所で食事を提供したすかいらーく。それが「おもてなし」を教える研修となったと聞いた。
 
どんな社会貢献活動をするかは夫々だろう。社員が行っている貢献活動を応援する、得意の技術を用いての貢献、などなど。それが社員の誇りとも、モチベーションアップとも、研修の場ともなるのである。また地元への貢献で地域との密接な関係が築かれていれば、万が一迷惑をかけるような状況(騒音、悪臭、火事など)に対してのリスクヘッジともなろう。
 
最近ユニクロがグラミン銀行グループと提携してバングラデッシュでソーシャルビジネスに乗り出した。最貧層で購入できる価格帯での商品の現地生産、販売を始め、利益は全てビジネスの拡大に使うと発表された。新しい形の社会貢献として注目されている。
 
家庭においても、たとえ少額でも毎年、家族で検討して寄付をしたらどうであろうか。それを子ども主体で行えば、他人のためを思う心を養うことになり、また親子のコミュニケーションアップにもつながろう。
 
 
                       ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

バックナンバー

2017.03.10
第100回 最終講 大局観
2016.12.09
第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム
2016.10.07
第98回 あなたのストーリーは何ですか?
2016.09.23
第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
2016.08.12
第96回 多様な社員をもつメリット
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

榊原事務所 代表 榊原 節子氏

榊原 節子氏 榊原事務所代表

米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業。 国際会議同時通訳者を経て、大手証券会社にて主に医薬品、老人ホーム、化粧品などの企業買収を手がける。

1991年、国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立。 国内外の幅広い人脈を活かし国際的視野にたったファイナンシャル・コンサルタント業務を展開する。

現在は、基金の資金運用、複数の団体役員、講演、著作活動等に従事。テーマは楽しいエイジング─心・体・お金、心と資産の継承、大人と子どもの金銭教育、社会貢献などである。

著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」(東洋経済新報社)、 「プロが教える海外資産投資 ─ あなたの財産を有利に殖やすノウハウ」(太陽企画出版)、 「金銭教育 ─ 小遣いから資産家の二世教育まで」(総合法令出版)、 「わが子が成功するお金教育 ─ よい小遣い・悪い小遣い」(講談社)、 「セレブのルール」(ディスカヴァー)、「カモにならない投資術 ─ 人生後半からの負けないお金哲学」(太陽企画出版)、「凛としたシニア ─「ああいい人生だった」と思えるように」 (PHP研究所)、「50代にしておくべき100のリスト」(ディスカヴァー)、『代々続くウルトラ・リッチ 「お金づかい」の知恵』(すばる舎)がある。東京生まれ。

榊原事務所 代表
日本薬科大学客員教授
ハリウッド大学院大学客員教授
ライフスタイルアドバイザー
ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子先生の書籍やダウンロード講話MP3
■「金銭教育」
自立と自己実現のための教育のひとつに金銭教育がある。マネー・マネジメント教育、起業家教育、二世教育、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるためには…欧米の資産家に学ぶ金銭教育の決定版。
■「オーナー企業の価値と資産の継承MP3」
社長が後継者に残すものは、「カネ」だけではない。幾代にもわたり、オーナー会社が「富」と「ビジネス」と「価値観」を上手に継承させるにはどうすればよいか。その考え方と実践策、後継者の心得を、5代以上続く企業の継承法をもとにわかりやすく解説指導

榊原事務所代表榊原節子氏の経営コラムに関するお問い合わせ