【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
欧米資産家に学ぶ二世教育 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第100回 最終講 大局観

第100回 最終講 大局観

この連載を始めたのが2010年5月、今回の100回目で終了させていただく。連載のテーマが何故「欧米資産家に学ぶ二世教育」になったのか、今となっては定かでないが、1995年発刊の拙著『ボーダレス時代の資産運用法』で欧米のエスタブリッシュメントの子弟教育の一章を設けており、2001年に上梓された『金銭教育』の副題は小遣いから資産家の二世教育までとなっているのでお声がかかってきたのだろうか。

 
その後、資産管理の現場を離れ大学で教えることになるのだが、この連載でも、大学院大学の授業でも、そしてはるか以前に終えた子育てでも、私が強調してきたことは「自分の頭で考える」と「大局観を持つ」という2点であったと思う。
 
自分の子どもには「巨人と阪神のユニフォームはなぜ違うのですか、理由を10挙げて」「今までにない新しい遊びを考えついてください」「おじいさんの子どもの頃と比べて今のいいところ、嫌なところは?」など非常に素朴な自家製のワークブックを作ったことがある。
 
現在教えている学生とは対話型の授業を心掛けている。突飛な事も聞くので否応なしに頭をひねりまわして答えなくてはならない。海外との比較や今後の見通しを聞くことも多い。「大局観」は、各国や地域の事情を知ることで養われようし、歴史上の知識からも育まれよう。未来に開花する技術への理解も肝要となろう。古典への造詣を含む幅広い教養がキーポイントだろうか。
 
日本の人工知能(AI)の第一人者である松尾豊氏は、将来予想されるAI中心の社会で求められる人間像として「コミュニケーション力があり、互いに助け合うことができ、しかも歴史などの知識がある教養人」と述べた。マスコミ等を通して文明文化論を展開する上野景文氏(元駐バチカン大使)によれば、アメリカに代表される一神教のメンタリティーは大局観や創造性という面で優れているのに比べ、多神教的メンタリティーを背景とする洗練されたデリカシーの持ち主である日本人は、個別の対応に優れている反面、大局観を持つのを苦手とし、異なる文明に育った人をまとめるとか、議論、争いや交渉の場で苦労するという。
 
大局観を持つことは経営者にとって必須だ。特に変化の激しい、プロダクトライフサイクルが短くなった昨今においてはなおさらである。大きな見通しを持っていないと、どこで自分の判断が誤ったかに気づけない。異なる文明の人、そしてAIとの共生するためにも大局観は必要ということであろう。
 
だんだん世の中の変化のスピードが増すにつれ、苦労して構築した大局観もあっと言う間に外れてしまうこともあろう。しかし、自分の頭で考える力を養っておけばそれを修正してまた新たな大局観を構築していくことができるというものである。
 
 
                       ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

バックナンバー

2017.03.10
第100回 最終講 大局観
2016.12.09
第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム
2016.10.07
第98回 あなたのストーリーは何ですか?
2016.09.23
第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
2016.08.12
第96回 多様な社員をもつメリット
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

榊原事務所 代表 榊原 節子氏

榊原 節子氏 榊原事務所代表

米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業。 国際会議同時通訳者を経て、大手証券会社にて主に医薬品、老人ホーム、化粧品などの企業買収を手がける。

1991年、国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立。 国内外の幅広い人脈を活かし国際的視野にたったファイナンシャル・コンサルタント業務を展開する。

現在は、基金の資金運用、複数の団体役員、講演、著作活動等に従事。テーマは楽しいエイジング─心・体・お金、心と資産の継承、大人と子どもの金銭教育、社会貢献などである。

著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」(東洋経済新報社)、 「プロが教える海外資産投資 ─ あなたの財産を有利に殖やすノウハウ」(太陽企画出版)、 「金銭教育 ─ 小遣いから資産家の二世教育まで」(総合法令出版)、 「わが子が成功するお金教育 ─ よい小遣い・悪い小遣い」(講談社)、 「セレブのルール」(ディスカヴァー)、「カモにならない投資術 ─ 人生後半からの負けないお金哲学」(太陽企画出版)、「凛としたシニア ─「ああいい人生だった」と思えるように」 (PHP研究所)、「50代にしておくべき100のリスト」(ディスカヴァー)、『代々続くウルトラ・リッチ 「お金づかい」の知恵』(すばる舎)がある。東京生まれ。

榊原事務所 代表
日本薬科大学客員教授
ハリウッド大学院大学客員教授
ライフスタイルアドバイザー
ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子先生の書籍やダウンロード講話MP3
■「金銭教育」
自立と自己実現のための教育のひとつに金銭教育がある。マネー・マネジメント教育、起業家教育、二世教育、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるためには…欧米の資産家に学ぶ金銭教育の決定版。
■「オーナー企業の価値と資産の継承MP3」
社長が後継者に残すものは、「カネ」だけではない。幾代にもわたり、オーナー会社が「富」と「ビジネス」と「価値観」を上手に継承させるにはどうすればよいか。その考え方と実践策、後継者の心得を、5代以上続く企業の継承法をもとにわかりやすく解説指導

榊原事務所代表榊原節子氏の経営コラムに関するお問い合わせ