作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 新陰流の奥儀に「無形の位」がある。その教えるところは「懸待表裏は一隅を守らず」とあり、目指すべき攻め守り一体となった境地をさす。柳生家に伝えられた新陰流では、これを活人剣と表し、無きところから新たに生まれる、日本古武術の極意を今日に伝える。 一流の事業家の多くに接し、想(無)を経営という形にする力、利に危を求め、危に機を究める、道を極めた人物に共通する無形の経営の実践の智恵を、判りやすく伝授する。

作間信司(日本経営合理化協会 専務理事)

最新の記事

バックナンバー

講師紹介

作間信司(日本経営合理化協会 専務理事)

作間信司の経営無形庵(セミナーサイトへ)...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ