職場の生産性を下げるハラスメントの予防策

2017年はハリウッドで様々なセクハラが露呈し、激震が走りました。
日本の職場でも様々なハラスメントが起きています。
主なハラスメントは、セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラといったところでしょう。
しかし近年は従来とは異なったハラスメントも発生しており、職場の生産性を下げる要因となっています。会社としては、生産性を下げる要因は事業経営におけるマイナス要因として取り除いていかなければなりません。
これから5回にわたり、「職場の生産性を下げるハラスメントの予防策」というテーマで解説していきたいと思います。

野崎大輔(日本労働教育総合研究所 所長 グラウンドワーク・パートナーズ株式会社 代表取締役)

最新の記事

バックナンバー

講師紹介

野崎大輔(日本労働教育総合研究所 所長 グラウンドワーク・パートナーズ株式会社 代表取締役)

上場企業の人事部でメンタルヘルス対策、問題社員対応などの労働問題の解決に従事した後に社労士事務所を開業。労働紛争予防解決のスペシャリストとして300件以上の問題社員対応、あっせん、組合対応等の労働問題を解決し、関与した顧問先については労働問題がほぼ発生しなくなる。 労働問題を発生させ...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム