人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

リーダー脳の鍛え方

経営判断も、商談や交渉も、戦略・戦術の立案も、新事業のアイデア…も、すべてリーダーの「脳」から生まれます。多忙な毎日で酷使している脳の健康を守り、その能力を高め続けるためにどうすればいいのか。

この経営コラムでは、ベストセラー「脳の強化書」の著者であり、医師・脳科学者の加藤俊徳氏が、誰もが持つ臓器でありながら神秘に包まれた脳の仕組みと、脳の働きを良くする鍛え方、「脳番地トレーニング」のやり方を 公開いたします。

リーダーとして、いつでも事業に専念でき、様々な場面で能力を発揮する強い脳づくりに、また、いつまでも健康にいるためのボケない脳づくりにご活用ください。


【加藤俊徳講師 講話CD情報】
●最新刊『脳の使い方』CD はこちら

●大好評!『「金持ち脳」と「成功脳」のつくり方』CD はこちら

●『能力が目覚める社長の脳の鍛え方 「リーダー脳のつくり方」』CD はこちら

●『「脳」は、中高年で一番成長する』講演CD・DVDはこちら

最新の記事

バックナンバー

講師紹介

加藤俊徳(医師・医学博士/脳の学校代表)

1961年新潟県生まれ。株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。昭和大学客員教授。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意する。1991年、脳活動計測法fNIRSを発見。現在、世界700カ所以上で脳研究に使用され、新東名高速道路走行中の脳活動計測にも成功。1992年、脳白質線維の活動画像法を国際学会で発表し、PCローターバー博士(2003年ノーベル医学生理学賞受賞者)に認められ、その後、脳個性の可視化に成功し「脳の枝ぶりMRI画像法」として実用化。胎児から超高齢者まで1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析。1995年から2001年まで米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターでアルツハイマー病や脳画像の研究に従事。帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで、脳の研究に従事。脳酸素交換波動方程式によるCOE計測法を開発。自閉症、学習障害、ADHDなどの発達障害の病態と密接に関係する海馬回旋遅滞症を発見。2006年、株式会社「脳の学校」(http://www.nonogakko.com/)を創業し、ビジネス脳力診断法や脳トレシステムを開発。2013年、加藤プラチナクリニック(http://www.nobanchi.com/)を開設し、発達障害や認知症などの脳が成長する予防医療を実践。2017年、脳トレロボアプリ「Pepperブレイン」として、脳番地トレーニングがロボットに搭載。

脳の新しい見方「脳番地」論を提唱。脳番地を用いた脳トレーニング法を提唱した著書「脳の強化書」(あさ出版)シリーズは、37万部を越えるベストセラーになる。『今日からお金が貯まる脳トレ』(主婦の友社)、『脳を強化する読書術』(朝日新聞出版)『めんどくさいがなくなる脳』(SBクリエイティブ)、『発達障害の子どもを伸ばす 脳番地トレーニング』(秀和システム)『100歳まで脳は成長する 記憶力を鍛える方法』(PHP文庫)など著書多数。

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)