人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

売れる住宅を創る 100の視点

売れる住宅は、売れるべきして売れ、売れない住宅は、必ず売れない理由がある。
この家に住みたいと思える住宅をつくることこそ、今、あらためて取り組まなくてはならないキーワードである。それを無視しては売れる住宅は作リ続けることはできない。

このコラムでは、住宅・建設コンサルタント 碓井民朗氏が豊富な実務経験から、売れる住宅に不可欠な実務ポイントを毎回テーマを絞り、わかりやすく解説していきます。
ご活用いただけましたら幸いです。

最新の記事

バックナンバー

講師紹介

碓井民朗(碓井建築オフィス代表)

売れる住宅をつくるためには、常に「顧客視点」に立った商品づくりが必須条件と主唱。マンション設計30年のプロ。購入者視点に立ったマンションづくりを長年手がけ、マンションの設計監修業務や設計コンサルタント業務に従事。

松田・平田設計事務所に入所。日本銀行本店を工事監理し、三井アーバンホテル一号店、日本鋼管本社ビルなどの設計に関わる。1974年、東急設計コンサルタントに入社。高品質マンションの設計に携わり、日本で初めてP・P分離(住戸内のパブリック部分とプライベート部分の完全分離)を手掛け、ユーティリティルームにSKシンク(下流し)を設置したり、勝手口をつけるなどマンション業界の話題となる。

2000年、同社設計部長を退職し、2002年碓井建築オフィスを設立。一級建築士。1971年、東京理科大学工学部建築学科卒業。東京生まれ。

主な書籍に「得をするマンションの選び方」(角川書店)、「買っていい一流マンションダメな三流マンション」(ダイヤモンド社)、「マンションの常識・非常識」(QPBooks)、「一流建築家の知恵袋 マンションの価値107」(講談社)他。

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)