• ホーム
  • コラム
  • おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと
人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

[音声コラム] おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

「決算書」は社長の考えひとつで、会社におカネを残す武器に変わります。
逆に昔ながらの会計事務所任せのやり方では、血と汗の結晶である会社のおカネは溜まっていきません。

このコラムでは、会社のおカネを正しい方法で残し、最大化できるように、
社長が知るべきアイデアと効果的な実行策を指導いただきます。


そして、それを行わなかった社長の「こんなはずじゃなかった」「早くこれをやっておけば」…の
具体事例と心の叫びを、そっとご紹介します。

下記から古山喜章先生の音声コラム「おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと」をお聴きいただけます。
ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

最新の記事

  • 2018年9月7日 更新

    第4回 特別償却を活用して、特別損失で計上していますか?

    今回のキーワード「特別償却制度」日本政府は今、景気回復の一環として、企業の設備投資を促進しています。その制度のひとつが、「投資促進税制」というものです。特に、中小企業に限っては、投資額の全額を単年度で償却できる、いわゆる「即時償却」という制度が時限立法で今も続いています。160万円以上の建物附属設備

バックナンバー

講師紹介

古山喜章(アイ・シー・オーコンサルティング社長)

 オーナー社長の困りごとを解決する助っ人として活躍する実力コンサルタント。
 大学卒業後、兵庫県の中堅食品メーカーに入社。主に管理部門のキーマンとして活躍、さまざまな経営改革や制度導入にたずさわる。
 2005年、儲けの構造を知り尽くした、わが国屈指の名経営コンサルタント井上和弘氏が率いる、株式会社アイ・シー・オー コンサルティングに参画。師匠の井上和弘氏からじかに井上式財務を学び、会社に残るおカネを最大化し体質を強化する財務改善、決算対策、銀行交渉、事業承継、相続問題などで抜群の実績を上げる。
 氏の現場のウラのウラを知り抜いた財務ノウハウと、社長と同じ目線に立った懇切丁寧な指導に、経営者から高い評価を得ている。
 また、日本経営合理化協会主催「後継社長塾」の副塾長を務め、後継者から〈どんなことでも相談できる頼りになる講師〉として人気を博している。
 2014年、株式会社アイ・シー・オー コンサルティング代表取締役社長に就任。
 1965年大阪府生まれ。関西大学卒。
 主な著作に、井上和弘・古山喜章『社長の経営財務DVD 』( 日本経営合理化協会) など。

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)