【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん) | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

Vol.166 新しい商品群を創りだすと高く売れる

Vol.166 新しい商品群を創りだすと高く売れる

 昨夜は、関東地方も強風の影響で電車がストップして大混乱。天気予報の精度もたいしたもので、朝の通勤時間から、雨対策バッチリの女性がたくさんいた。
 中でも目を引くのが「レインブーツ」なる履物。ハッキリ言えばゴム長靴である。色はカラフルでデザインもいろいろ。有名ブランドモノから、ファスナーまでついて履きやすいものまで様々である。
 しかも5,000~10,000円と結構いい値段である。
 長靴からレインブーツへと機能を少し加え新しい商品群の誕生である。

 ちょっと思いつくだけでも、ケーキはスウィーツに替り、ジャムはコンフィチュール、酢だってヴィネガー、ちり紙はティッシュになっている。
 チョコレートだって「ショコラ」とフランス語で名前をよぶと、なんとなく高級に思えるのは私だけだろうか?
 昼ご飯ならランチ、女の子の飲み会は「女子会」だと、オシャレになってしまうし、サイフの紐も緩みがちになる。

 職業だって、パティシエ、バリスタ、コンシェルジェ・・・どうも外来語にまだまだ劣等感があるのか、皆カッコ良く聞こえるし、求人もやりやすくなる。

 住宅の増改築だって、リフォームにリノベーションと、少しニュアンス、厳密な定義はちがっても高付加価値型に変わったように思える。相変わらず「増改築」でチラシを打っても、センスのいい家になりそうもなく、問い合わせや収益は期待できそうにない。

 どんな商品だってサービスだって、お客様・消費者は、新しく思えるもの、高級に感じるもの、センスのいいものを選びたがっている。また、それを知っている自分が好きなのであり、優越感という満足を買っている。ましてやギフトには不可欠の要素だ。
 
 世の中に全くないもので勝負できるに越したことはないが、現実はなかなか厳しい。今ある商品にほんの少し付加価値をつけ、別の名前をつけてカテゴリーを僅かにずらすだけで、消費者の心理上は別アイテムにすることができる。

 「女子会」は、居酒屋チェーンのモンテローザが最初の名付け親のようだが、上手いネーミングであり一気に全国区になっていった。

 中小企業でも充分に大手と渡り合える戦術であるし、挑戦しない手はない。ただし、自社が本家であり最初の発案者であり、NO.1であることを言い続けないと、美味しいところを大手に持っていかれてしまう。
 世はインターネット、ウィキペディアの時代であり、皆んな、何かあるとすぐ調べる。充分に戦える。

バックナンバー

2014.09.03
Vol.168 マレーシア・シンガポール弾丸視察レポート
2012.06.05
Vol.167 「直接に販売すること」と「間接販売」のちがい
2012.04.04
Vol.166 新しい商品群を創りだすと高く売れる
2012.03.07
Vol.165 会社の老化現象は、こんなとこにも顕れる
2012.01.11
Vol.164 2012年の最大の仕事
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

作間信司
日本経営合理化協会専務理事・主席コンサルタント

20代の頃より、故・一倉定氏、牟田學という日本を代表する「社長指導の教祖」から直に薫陶を受ける。その10余年の経験から、「事業繁栄の根源は、何よりもまず正しい経営理念をもつこと」と確信。以後、牟田學考案の「長期事業発展計画書」作成指導の専任講師として、オーナー経営者をはじめ、ときには経営者の家族・後継者・幹部の様々な相談にのり、膝を突き合わせて深夜まで解決策を練る。顧問会社の堅実な成長を側面から強く支え続けるなかで、独自の「理念実践経営」を体系化。理念を中心に据えた増収増益戦略、新規事業開発、増益戦略、財務の安定施策、さらに全社的理念浸透の仕組みづくりなど、社内外を完全網羅する他に類を見ない実務的な理念経営ノウハウを体系化し、メーカー、小売、建設、サービス業など多種多様な業種業態の会社に、永続繁栄のシナリオづくりを親身に指導している。1959年生。明治大学経営学部卒。

日本経営合理化協会 専務理事作間信司の経営コラムに関するお問い合わせ