社長の経営セミナー・本・講演音声・動画ダウンロード・オンライン配信教材・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

これぞ!"本物の温泉"

こんこんと湧きでる極上の泉質の温泉は、仕事で疲れた体を芯からあたため、心までも癒してくれる───月2回配信のコラム「これぞ、本物の温泉」は、日本一周3000湯の旅を経験した、温泉アナリストの高橋一喜氏が、経営者のために"本物の温泉"を厳選して紹介するものである。

最新の記事

最新記事 07/27日更新第53回 湯河原温泉(神奈川県) ウィズコロナの時代こそ「ソロ温泉」へ

■感染リスクが低い一人旅  コロナ禍になって温泉旅行から遠ざかっている人は少なくないだろう。ワクチン接種が進めば旅行需要も徐々に回復すると見込まれているが、しばらくは旅先でもマスクと消毒液は必需品で、つねに感染のリスクに注意を払うことになりそうだ。特に団体やグループでの旅行は、まだハードルが高い。  そこで、おすすめしたいのが一人で行く温泉旅。私は「ソロ温泉」と呼んでいるが、ウィズコロナ時代に適した旅のスタイルだといえる。  ソロ温泉は、団体やグループの旅行よりも感染のリスクが圧倒的に低い。マ…続きを読む

バックナンバー

2021.06.29
第52回 黒川温泉(熊本県) 「浴衣で湯めぐり」が温泉街の醍醐味
2021.06.15
第51回 那須湯本温泉(栃木県) 素朴な共同浴場で味わう極上の「アツ湯」
2021.06.01
第50回 熊谷温泉(埼玉県) 首都圏スーパー銭湯の最高峰!
2021.04.13
第49回 わいた温泉郷(熊本県) 温泉は見た目も大事 !? 湯けむりが自慢の出湯
2021.03.30
第48回 榊原温泉(三重県) 温泉選びのコツは名前にあり!?
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

高橋一喜氏
温泉アナリスト

 千葉県生まれ。上智大学卒業後、2000年ビジネス系出版社に入社し、経営者向けの雑誌やビジネス書の編集に携わる。2008年3月、温泉好きが高じて会社を辞め、「日本一周3000湯の旅」に出発。386日かけて3016湯を踏破。現在はフリーランスとして書籍の編集・ライティングに携わるかたわら、温泉ライターとして活動し温泉の魅力を発信している。著書に『日本一周3016湯』『絶景温泉100』(ともに幻冬舎)などがある。

おすすめ商品

温泉アナリスト高橋一喜氏の経営コラムに関するお問い合わせ