【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
おのころ心平の ──社長のための「か・ら・だマネジメント」 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第49号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(3 )

第49号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(3 )

 3回目は、足の組み方について考えてみたいと思います。指や、腕を組むのがわりあい左右がはっきりするのに対して、足を組むのは、場合によって右足が上になったり、左足が上になったり変わりやすいですね。
 右足を上にしても左足を上にしても、指や腕の時のような違和感を感じることも少ないと思います。とはいえ、一応の右左判定をしてみましょう。

 私はクライアントさんと接する時、相手がリラックスしている様子を見計らって、不意に「はい、足を組んで」と声をかけて、どちらの足が上になるかで、その人の傾向を見極めるようにしています。

 さあ、みなさんも、イスに腰掛けて両手をだらりと下にさげ、目を閉じてリラックスしましょう。そして、ゆっくり両膝をくっつけます。

 それからなるべく意識せずに足を組みましょう。あなたは、右足が上になりますか? それとも左足が上になりますか?

ono49-1.gif  私の見る限り、

 ★右足組みの人は、育った家庭環境の中で、いい意味も悪い意味も含めて、父親の影響を優位に受けているようです。明るく気さくな感じですが、あまり自分のことをオープンにしません。

 ★左足組みの人は、育った家庭環境の中で、いい意味も悪い意味も含めて、母親の影響を優位に受けているようです。おとなしい印象を与えます。けれど、中身は、第1印象と違います。

 足組みは、よいしょと動かす方の足ではなく、組まれた方の足がカラダを支えることになります。動かさない方の足が軸になっているのです。

 私は、カラダの

 ●右側=男性性の課題が表れる

 ●左側=女性性の課題が表れる

 と考えているのですが、

 ●右足を組む(Right-side-leg:Rl)
  ↓
 左足が軸になる
  ↓
 女性性・母性。本質や外見はお母さん似
  ↓
 お母さんポジションで、父親の影響を受ける

 ●左足を組む(Left-side-leg:Ll)
 ↓
 右足が軸になる
 ↓
 男性性・父性。本質や外見はお父さん似
 ↓
 お父さんポジションで、母親の影響を受ける

 少しわかりにくいですね。私の考察では、足の組み方には、育った環境でお父さん側、お母さん側、あなたがどちらの立ち位置にいたか?が表れると考えているのです。もう一度、まとめてみましょう。

 ★右足が上になる人:

 ・子供の頃の家庭環境で、その人にとってはお母さんが精神的支柱になっていた人・母親から見た父親像

 ・母親と同じポジションから父親の影響を受ける

 ・父親が母親によりかかっている、あるいは父親が母親を抑圧しているケースもある

 ★左足が上になる人:

 ・子供の頃の家庭環境で、その人にとってはお父さんが家族の精神的支柱になっていた人

 ・父親から見た母親像

 ・父親と同じポジションから母親の影響を受ける

 ・母親が父親によりかかっている、あるいは母親が父親を抑圧しているケースもある

 もちろん、絶対ではありませんよ。兄弟、姉妹で別になることもありますから、これは受け取り方の問題です。ただ、結果的に、

 ●右足組みは、その人自身の女性性の抑圧、

 ●左足組みは、その人自身の男性性の抑圧、

 を生んでいるケースがあるように思います。

 【足組みのカラダへの作用】

 私の見る限り、右足であれ、左足であれ、足を組むという行為は「腎臓」に影響を及ぼします。普段から右足を上に足を組む(Rl)習慣があると、血が濃くなる傾向になります。

 これは高血圧、高血糖を誘導しやすく、また血液が固まりやすくなるため、血栓症などにも注意が必要になります。結石は胆石をつくりやすいです。

 Rlタイプは健康に対して少し心配症です。がんになるのではないか、心臓病になるのではないか?そのストレスが実際に体調不良を起こしてしまうこともあります。

 一方、左足を上に足を組む(Ll)習慣があると、心臓血管系に影響を与え、動脈硬化や出血傾向を誘導しやすくなります。結石は尿管結石をつくりやすいです。

 Llの場合はさらに、胃と子宮(男性では前立腺)にも影響を与え、胃の貧血や月経異常(男性の場合は前立腺肥大)などを導きやすくなります。

 いずれにしても、足を組む行為はカラダを陰性傾向にしますので、なるべくなら組まないに越したことはありませんね。もちろん心理的にも、足を組まないということは、母親にも父親にも影響を受けないで、自分自身の足で立っているということなのです。

+++++++++++++++

 さあ、次回50号で最終回を迎えます。最終号は、ボディサイコロジー(4)【世界を見る目】というテーマで幕を閉じたいと思います。お楽しみに! 

 

バックナンバー

2011.07.12
第50号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(4)
2011.07.12
第49号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(3 )
2011.07.12
第48号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(2)
2011.07.12
第47号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(1)
2011.07.12
第46号 石原結實先生の偉業
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

一般社団法人自然治癒力学校 理事長 おのころ心平氏氏

おのころ心平氏 一般社団法人自然治癒力学校 理事長

カラダからのメッセージをリーディングし、自らの力で生命力を最高に活かす方法をわかりやすく指導する、異端のプロフェッショナル・カウンセラー。
大学での専攻は「金融市場の動向と群集心理の関わり」。「市場」や「場(ば)」への各要素の影響(人間心理、天体動向など)の研究をすすめるうち、いつしかカウンセラーの道へ。 小宇宙と呼ばれる人間にはすべて要素が内在されると確信。15年前に人体の「生命場」を分析していくエナジー・セラピーと出逢い、以来、人間のココロとカラダの関係を実証的に研究している。
これまでのカウンセリング件数は1万7000件。その豊富な実務経験から、病とココロ、美容とココロ、筋肉のココロ(アスリートのケガの心理)などを詳細かつ的確に読み解く手腕に、経営者・スポーツ選手をはじめ、多くのファンが詰めかける。 現在は、神戸を中心に個人カウンセリング、セミナーを精力的に開催。そのかたわら、ココロとカラダの『自然治癒力学校』の開設を目指して、日々邁進している。
滋賀大学経済学部ファイナンス学科卒。ウォーターソリューション代表取締役。NPO法人日本ホリスティック医学協会理事。NPO法人「ここからつながるスポーツ地球家族」理事。REFLE学院「統合医療概論」担当講師。生活習慣病予防指導士。



おのころ心平氏の経営コラムに関するお問い合わせ