社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第142話 《仙台に行ったらわざわざ行きたい寿司屋》分福寿司 @仙台市太白区

第142話 《仙台に行ったらわざわざ行きたい寿司屋》分福寿司 @仙台市太白区

※昨年11月に大久保先生がご訪問されたときの記事です

 

Instagramでご縁があって、素敵なお寿司を提供しているな、なんて思っている店が仙台にありました。
仙台というと香港のコーズウエィベイの『湖舟』のオーナー袖山富士男さんを思い出します。
袖山さんは14歳のときに仙台にある江戸時代の名職人の華屋与兵衛の最後の弟子の店で修業し始めたということで。

 

そんな時に、そんな時に、昔からの知り合いの方からフィジビリティの依頼がありました。
指定された時間がたいへん早い時間なので、前のリで仙台に入りました。
せっかくですので、気になっていたお店で、寿司店経営の勉強をしましょう。

 

仙台駅から東西線の八木山動物公園駅行きにのります。
八木山動物公園駅までは、6駅12分ほどで近いです。
そこから徒歩10分。

 

往路は時間がカツカツなのでタクシーで移動しました。
一応、日本一高い標高にある「寿司店」だと若大将がおっしゃってたような気がします。
Instagramの効果があり、こちらにわざわざいらっしゃるお客様も増えているそうです。

 

s-202010256 (1).jpg

 

s-202010256 (2).jpg

s-202010256 (3).jpg

 

今日は仙台にご縁があるかわからないので、いろいろ提供して欲しいとお願いしています。

 

s-202010256 (4).jpg

まずは、山葵菜のお浸しからスタートです。

 

s-202010256 (5).jpg

烏賊の塩辛
肝も入って濃厚です。

 

s-202010256 (6).jpg

黒梅貝煮

 

s-202010256 (9).jpg

脂のある鱸の浮き袋、おろしポン酢で

 

s-202010256 (10).jpg

鮟肝

 

s-202010256 (11).jpg

郷土料理の烏賊の腑煮
烏賊の内臓と大根を仙台味噌で炊いたもの

 

s-202010256 (13).jpg

七ヶ浜の蒸し鮑

 

s-202010256 (12).jpg

禁漁の時も潜ってアワビを昆布の良い場所に移動させる七ヶ浜の漁師さんの努力の甲斐ある一品ですね。

 

s-202010256 (15).jpg

穴子の内臓

 

s-202010256 (16).jpg

蒸したホヤ
良く食べられるようになりました。

 

s-202010256 (17).jpg

大西田の山で春にとった蕨
うまい

 

s-202010256 (18).jpg

s-202010256 (19).jpg

鮪の竜田揚げ

 

s-202010256 (20).jpg

鰯のなめろう

 

s-202010256 (21).jpg

柳カレイの焼き物

 

s-202010256 (23).jpg

梭子魚の焼き物

 

握り

s-202010256 (24).jpg

ガリ
なんと、浅野さんから。

 

s-202010256 (25).jpg

真烏賊
甘味がありシャリと相性が良い

 

s-202010256 (26).jpg

山口の真鯵

 

s-202010256 (27).jpg

小さい真鯛の昆布〆

 

s-202010256 (28).jpg

春子昆布〆

 

s-202010256 (29).jpg

鱚昆布〆

 

s-202010256 (30).jpg

御宿の小鰭

 

s-202010256 (32).jpg

真鯖 800g
金華鯖ですね。
脂がのっています。

 

s-202010256 (34).jpg

鮪は石司です。
戸井の鮪を漬けにしています。

 

s-202010256 (35).jpg

甘海老軽く塩〆

 

s-202010256 (36).jpg

時鮭のます子

 

s-202010256 (39).jpg

岩手のイクラ
塩もみ

 

s-202010256 (40).jpg

小トロ

 

s-202010256 (41).jpg

黄色牡丹海老
香りが良い

 

s-202010256 (42).jpg

トロ

 

s-202010256 (43).jpg

マンボウ巻き

 

s-202010256 (44).jpg

水蛸 

 

s-202010256 (45).jpg

水蛸握り

 

s-202010256 (46).jpg

松島の穴子 柚子塩とツメ
穴子うまい

 

s-202010256 (47).jpg

時鮭の筋子巻き 

 

s-202010256 (48).jpg

干瓢巻

 

s-202010256 (49).jpg

松茸となめこと菊の椀

 

地元の食材と豊洲をうまく組み合わせておりますね。
こちらの希望でとにかくいろいろ出していただいたので、全体の流れの妙はありませんでしたが、とてもおいしかったです。
さすが華屋与兵衛の最後の弟子の店があった仙台ということでしょう。
それから現役で一緒にやられている御両親がしゃきっと気持ちよいサービスをされていたのが印象に残りました。

 

今回仕事の依頼自体のご縁がありませんでしたが、がんばっている大将との縁をつないでくれたのでしょう。これも巡りあわせのなせる技でしょう。
仙台は会員もいないので、次回がいつかはわかりませんが、仙台で仕事の依頼があったらまた来たい店ですね。

 

 

分福寿司
〒982-0801 宮城県仙台市太白区八木山本町1丁目36−1
電話 022-229-2929

バックナンバー

2021.02.17
第143話 《まさに「最強の真魚鰹の西京焼き」が食べられる田原の料理宿》愛知渥美半島 魚と貝のうまい店 お食事・旅館 玉川@愛知県田原市
2021.02.03
第142話 《仙台に行ったらわざわざ行きたい寿司屋》分福寿司 @仙台市太白区
2021.01.13
第141話 《長野のレジェンドの伝説の玉蜀黍のポタージュ》ワインビストロベルジェ@長野市
2020.11.25
第140話 《風格あるミシュランの三ツ星レストランに格付けされる福岡の鮨店》行天@福岡市
2020.10.28
第139話 《熊本県山鹿市にある『アピシウス』出身のオーナーパティシエの田園のパティスリー》ricca@熊本県山鹿市
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

大久保一彦
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

おすすめ商品

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表大久保一彦氏の経営コラムに関するお問い合わせ