社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第137話 《唐津まで旅をさせる名店》鮨処 つく田@佐賀県唐津市

第137話 《唐津まで旅をさせる名店》鮨処 つく田@佐賀県唐津市

福岡には仕事の関係でよく来る私ですが、いつからから上毛町とのご縁をいただき野草の勉強が始まり北九州・福岡間の移動が多くなりました。

鮨の本を執筆していて、九州の江戸前の店にルーツを探ろうということになりました。

なんとなれば、久々に唐津まで足を伸ばして、松尾さんの握りを食べながら、鮨談義に花を咲かせようということに。

 

s-202006094 (3).jpg

 

思えば、唐津に来たのは『日本経営合理化協会』主催の店舗見学会でお店を貸し切りにさせていただいて以来。あの時は、ルートの関係で遅くなり、大変ご迷惑をかけてしまいました。

あれから、精力的に鮨の勉強を繰り返しましたので、松尾さんの握りをどう感じるか楽しみでもあります。

 

少し暑い日、まずは「北雪」の冷酒をいただきながら、野菜のジュレポン酢からスタートです。今日は息子さんの文平さんがあてを担当しています。

 

s-202006094 (4).jpg

お野菜は、アスパラ、ズッキーニ、ベビーコーン、パプリカなどが入ったお野菜は、テクスチャよいです。

 

s-202006094 (5).jpg

“胡麻鯵”

近海の鰺を使った、はっきりしたテクスチャの真鰺です。

 

s-202006094 (6).jpg

サザエと胡瓜の酢の物 オリーブオイルと胡椒

 

s-202006094 (7).jpg

 

s-202006094 (8).jpg

焼き茄子の和え衣の松川海老

器は前原の上原治夫さんの作品

すばらしい。

 

参考

https://itoshima-guesthouse.com/2018/04/23-bakuyo/

 

s-202006094 (10).jpg

鮎味噌

名物ですね。

お酒が欲しくなりますので、「北雪」を燗酒でお願いします。

 

s-202006094 (11).jpg

存在感ある『隆太窯』の酒器にて。

すばらしい器ですね。

中里さんと親交のある松尾さんはとても器もすばらしいです。

 

いよいよ、松尾さんの真骨頂の握りがスタートです。

まずは、城下鰈から・・

 

s-202006094 (13).jpg

怒っているのにねっとりしてうまさがあります。聞けば、1日寝かせた城下鰈を本日〆ているそうです。

毎度のことですが、シャリがすばらしく、これはたまりません。

 

s-202006094 (14).jpg

泥障烏賊

甘さが引き出されています。

 

昆布〆の足赤海老

西日本らしい赤足海老。甘さがありうまいです。

s-202006094 (16).jpg

香りが良いですね。技術の高さを感じます。

 

s-202006094 (17).jpg

対島の鯵

実は、こちらは、松尾さんのFacebookの投稿を見てのリクエスト。

「入れば提供します」ということでした。

こちらはあてで提供された”胡麻鰺”の真鰺とは異なり、対馬の島の近くにいる黄鯵の系統です。

餌が違い、脂のりがよく身が柔らかで、味わいが深い鰺です。

うまい!

 

s-202006094 (19).jpg

有明の鱚

日によるらしく悪い時はヨード臭があるそうです。

 

s-202006094 (20).jpg

小鰭

s-202006094 (21).jpg

蒸し帆立

 

s-202006094 (22).jpg

巻いた赤雲丹

スペシャリテですね。

 

s-202006094 (26).jpg

穴子

ふっくら、ツメがまたうまいです。

 

s-202006094 (27).jpg

玉子焼き

 

まだ出していないネタがあるようですので、追加しましょう。

 

s-202006094 (28).jpg

赤西貝

コリコリとした食感と甘さ

 

ノドグロ

s-202006094 (30).jpg

これは松尾さんならではのノドグロです。

シャリと脂ののったノドグロの相性が良いです。

 

s-202006094 (33).jpg

干瓢巻

 

前回の訪問から7年になりますが、息子さんも加わり確実にお店が進化していますね。

帰りしなに見送っていただいた文平さんに「親父さんの握りはさすがですね」と伝えました。

食べ混んだからこそわかるようになった技術があったように思います。

この技術が文平さんに受け継がれ、この唐津の地に客人を呼び込む切り札として長くお店を続けて欲しいです。

さらなるというか文平さんらしい独自性を出して。

 

鮨処 つく田

〒847-0051 佐賀県唐津市中町1879−1

電話 0955-74-6665

 

バックナンバー

2020.07.29
第137話 《唐津まで旅をさせる名店》鮨処 つく田@佐賀県唐津市
2020.06.17
第136話 《コロナショックでグローバリズムが終焉する今こそ地域で食の流れを循環させよ!!》Hagiフランス料理店@福島県いわき市
2020.04.29
第135話 《沖縄まで旅をさせるレストラン》6six(シス)@沖縄県国頭郡
2020.03.25
第134話 《軽快なタッチのお料理+七ツ星で提供しているカレーでランチ》デフィ・ジョルジュマルソー@福岡市☆西中洲
2020.01.08
第133話 《福岡の隠れた秘宝》奈良屋町 青 (アオ、Restaurant AO)@福岡市
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

大久保一彦
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

おすすめ商品

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表大久保一彦氏の経営コラムに関するお問い合わせ