社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第132話 《ミシュラン手つかずの隠れ家!!天才女将が打つ二八蕎麦は東京でもトップ10に入るかも》浅草じゅうろく @台東区浅草

第132話 《ミシュラン手つかずの隠れ家!!天才女将が打つ二八蕎麦は東京でもトップ10に入るかも》浅草じゅうろく @台東区浅草

 今月は、『食べログ』レビュアとしても名高いTOMIT氏から、「日本一の花山椒のそばがあるから絶対食べるべきだ」言わしめた、浅草の外れにある蕎麦屋を紹介しましょう。こちらのオーナーの己野忠促氏は、全国の名店を食べ歩き、今までにない店を作りたいと決心して、こちらの店を開業しました。

s-20190421 (0).jpg

 

 まずは、こだわりの蕎麦前料理の八寸からスタートです。函館の“海の神”という名称で売り出しているアスパラ。ちなみに、オーナー夫妻は函館出身だそうです。厚焼き玉子、鱧の蒲鉾で板わさ、穴子の煮こごり、明太子の燻製、沖縄の枝豆、青森の牛蒡のきんぴら、御殿場の花山葵の甘酢漬けなどがお皿を彩ります。

s-20190421 (1).jpg

 

続いては、煮物椀で、京都やましろの筍です。

s-20190421 (3).jpg

 

 お凌ぎのササニシキで江戸前穴子の握りが続きます。

s-20190421 (5).jpg

 

 そして、本日は、岩手の山女魚の焼き魚が今日せられました。鮮度の良い山女魚を火力の強い土佐白炭で焼いていて、これがおいしいです。

s-20190421 (7).jpg

 

お刺身は、宮城の真子鰈と利尻の雲丹、そして、生湯葉刺身が続きます。

s-20190421 (8).jpg

 

 本日の揚げ物は、諏訪で網にかかった雄の鹿をカツで。超レアに仕上げた“鹿カツ”。濃厚なヒレカツのようです。

私に、次の蕎麦屋は鹿カツを出そうと決意させた品でもあります。

s-20190421 (11).jpg

 

お蕎麦は、まずは、十割から。

今回は前回より返しが落ち着いてとても旨いです。

蕎麦を打つ奥様は、蕎麦名人に指南して、三日でこのレベルに達したというから驚きです。

s-20190421 (13).jpg

 

続いて、TOMIT氏絶賛の、丸岡で花山椒のかけそばです。

これは香りがよく、味わいもうまい!

TOMIT氏が“日本一のそば”というだけあります。

十割も花山椒の丸岡も無敵ですね。

s-20190421 (14).jpg

いつも思うのですが、この値段でこのコースは凄いです。

浅草が遠すぎた橋でなければ、The bridge needs travering ..

近くにあれば、鶴川にあれば毎月行きたいですね。

 

浅草じゅうろく ​

東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F

電話 03-6240-6328

https://plaza.rakuten.co.jp/yumeakinai/diary/201902280000/

 

バックナンバー

2021.03.17
第144話 《とびきりの郷土料理で圧倒。評判を超える大垣のイタリアンレストラン》ア・ドゥエ・パッシ@ア・ドゥエ・パッシ
2021.02.17
第143話 《まさに「最強の真魚鰹の西京焼き」が食べられる田原の料理宿》愛知渥美半島 魚と貝のうまい店 お食事・旅館 玉川@愛知県田原市
2021.02.03
第142話 《仙台に行ったらわざわざ行きたい寿司屋》分福寿司 @仙台市太白区
2021.01.13
第141話 《長野のレジェンドの伝説の玉蜀黍のポタージュ》ワインビストロベルジェ@長野市
2020.11.25
第140話 《風格あるミシュランの三ツ星レストランに格付けされる福岡の鮨店》行天@福岡市
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

大久保一彦
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

おすすめ商品

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表大久保一彦氏の経営コラムに関するお問い合わせ