【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

128話《きのこのつぼ焼きがおいしい福岡の老舗ロシア料理店》ツンドラ @福岡市・大名

128話《きのこのつぼ焼きがおいしい福岡の老舗ロシア料理店》ツンドラ @福岡市・大名

最近、よく福岡に仕事できております。

宿泊している『グリーンホテル天神』から天神方面に歩いているときに気になっていた店がありました。それが本日ご紹介します『ツンドラ』です。

okubo column09.jpg

 

 ネットで調べますと創業1960年といいますから私よりも5歳年上のお店です。

http://www.fukuokabrand.com/shops/detail/127

こちらにオーナーの徳永ハツミ取材動画がのっていますので視聴しました。

 

日本のロシア料理の源流はロシア革命後満州に逃げてきたロシア人が日本人に教えたものが日本に伝わった、その流れにある『ツンドラ』は素材を活かした素朴な料理が多いとのことです。

ソースは多いですが、バターが少ないのが特徴だそうです。

 

 早速、ランチタイムに提供されています『つぼ焼きランチ』をいただいてみましょう。

お料理の構成は、ボルシチ・サラダ・ピロシキ・グリバーミ・ロシアンティまたはコーヒー のようです。

 

 まずはサラダが提供されます。

okubo column02.jpg

野菜がパリッとしていていい状態です。

 

 続いてはピロシキです。

okubo column03.jpg

紙ナプキンで包んでお召し上がりくださいとのことです。

とても熱いです。

ロシア風肉野菜入りあげパン。テイクアウトもできるようです。

印象としては肉が多いです。

パンの生地もやさしく甘くおいしいです。

紙ナプキンは途中で交換したほうが良いですね。

 

 続いてボルシチです。

okubo column04.jpg

 

私が作るボルシチはビーツをかなり使うので色が濃いですが、こちらはトマトのスープのようですね。

 

 さて、メインのつぼ焼です。グリバーミと言うそうです。

 

okubo column06.jpgokubo column07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目はコッペパンのようで素朴ですが・・

マッシュルームとチキンのクリーム煮をカップに入れ、自家製パンをかぶせたオーブン焼だそうです。

これがが、しみじみして、たいへんおいしいです。

 

 最後にロシアンティです。

okubo column08.jpg

この甘さがまたほっこりできます。

何か、ボルシチとブルヌイのファーストフード始めたくなりました。

 

ツンドラ

福岡県福岡市中央区大名2-7-11

電話 092-751-7028

 

バックナンバー

2019.04.10
129話《移転してパワーアップしたカジュアルイタリアン》トラットリア チャオ (Ciao!)@日比谷ミッドタウンそば
2019.03.20
128話《きのこのつぼ焼きがおいしい福岡の老舗ロシア料理店》ツンドラ @福岡市・大名
2019.02.06
127話《"博多・四天王"の小野孝さんが料理する》小野の離れ@福岡市・舞鶴
2019.01.16
126話《植木町から世界へ熊本の食材を発信する店》花小町(ハナコマチ )@熊本県植木
2018.12.26
125話《ミシュラン一つ星の超絶予約が取れない焼き鳥店》鳥しき@目黒
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

大久保一彦
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表大久保一彦氏の経営コラムに関するお問い合わせ