【好評発売中!】2019年「夏季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

127話《"博多・四天王"の小野孝さんが料理する》小野の離れ@福岡市・舞鶴

127話《"博多・四天王"の小野孝さんが料理する》小野の離れ@福岡市・舞鶴

 今、福岡の飲食店が熱いです。そんな福岡で“博多・四天王”と呼ばれる人間がいます。『一風堂』の河原成美さん、『一蘭』の吉富学さん、最近プロデュースで忙しい森智範さん、そして、“ONOグループ”の小野孝さんです。
今月は大久保一彦繁栄塾の塾生でもある小野孝(さとし)さんの店、『小野の離れ』を紹介しましょう。 
 
shikumi127_01.jpg
 
 
 小野さんに予約をお願いする時に、『糸~ito~9品 』7,800円 (税抜) が良いということです。
 
 まずは福岡の地酒から・・
 
 
shikumi127_02.jpg  shikumi127_03.jpg  shikumi127_04.jpg
 
 
伊豆本店の亀の尾 寿限無 純米吟醸
寿限無は酒米のことです。
酸がいいですね。
 
先付け
「一陽来福」が今月のテーマで、しめ縄は本日糸島の宿いる女将が手作りしているとのことです。
白子、糸島のあまおうと冬柿のみぞれ和えにした、茶ぶりした赤海鼠を山芋と菜の花のジュレの三品です。
 
 
shikumi127_05.jpg
 
shikumi127_06.jpg shikumi127_07.jpg shikumi127_08.jpg
 
 
 
続いてはお造りです。
鰆、久絵、壱岐の鮑のしゃぶしゃぶ、対馬の黄金穴子、マゴチと湯引きした皮
本日は玄海の5キロの鰆が入荷したそうで、たいへん脂がのっています。
久絵はいかってまして、黄金穴子はかなり脂がのっていてうまいです。
鮑に昆布醤油がたいへん合います。うまい!
 
 
shikumi127_09.jpg shikumi127_10.jpg
 
 
続いては揚げものです。
鐘崎の甘鯛の鱗揚げ、平茸、糸島のふきのとう、タラの芽の天ぷら 佐賀の藻塩で
 
あわせるお酒は佐賀の花の香 純米大吟醸です。
 
shikumi127_11.jpg shikumi127_12.jpg
 
 
白子の天ぷら
 
萩のみる貝、赤貝、エシャロット、芹のバター炒め
 
福岡産筍、若芽と帆立のしんじょう
 
 
shikumi127_13.jpg shikumi127_14.jpg shikumi127_15.jpg
 
 
おお、おいしい。しんじょうもおいしい。
合馬も出ているようですが、合馬のものではありません。
福岡の筍は始まってますね。
 
続いてのお酒は、福岡の寒北斗の純米酒いきましょう。
 
 
shikumi127_16.jpg
 
 
玄界灘の5キロの鰆の蕪蒸し 焦がしバター醤油、刻んだ蕪菜と煮昆布
これは、うまい!!
 
鰤大根
 
 
shikumi127_17.jpg shikumi127_18.jpg
 
 
続いてのお酒は、九州菊 残心 袋搾り無濾過生原酒 です。
 
 
shikumi127_19.jpg
 
 
道を極める想いと技が途切れることなく詰め込まれた林龍平酒造場渾身の逸品で、龍平酒造場のお新しい酒です。 
こちらの残心は、新酒時期の数量限定の『袋搾り無濾過生原酒』です。
これはレアなお酒ですよ。
ただし、メニューにはのっていません。
5回行くと出るかもしれないという季節限定の裏メニュー。
 
続いては、長崎松浦東興の車海老塩焼きです。
養殖ですが、名高い東興産業の車海老、さすがにおいしいです。
都内では50gサイズが1匹1,000円することがありますからね。
これだけで得した印象です。
 
 
shikumi127_20.jpg
 
 
握り
車海老、炙り穴子、久絵
 
 
shikumi127_21.jpg
 
shikumi127_22.jpg shikumi127_23.jpg shikumi127_24.jpg
 
 
大分の蛤
 
藍島のムラサキウニ
手巻きと軍艦で・・
 
 
shikumi127_25.jpg shikumi127_26.jpg shikumi127_27.jpg
 
 
大根雑炊
これは傑作!!
 
 
shikumi127_28.jpg
 
 
デザートはオリーブオイルとあまおうです。
液体窒素で氷結させます。
 
 
shikumi127_29.jpg shikumi127_30.jpg shikumi127_31.jpg
 
 
 さすが、小野さん、これで1万円ちょっととは大変なコスパですね。
車海老好きの人間にはたまりません。
東京の人でこちら『小野の離れ』を知っていたら、さすがです!って感じですね。
それくらいの穴場の良店です。
 
小野の離れ
福岡県福岡市中央区舞鶴1-3-11 2F
電話 092-726-6239
 

バックナンバー

2019.03.20
128話《きのこのつぼ焼きがおいしい福岡の老舗ロシア料理店》ツンドラ @福岡市・大名
2019.02.06
127話《"博多・四天王"の小野孝さんが料理する》小野の離れ@福岡市・舞鶴
2019.01.16
126話《植木町から世界へ熊本の食材を発信する店》花小町(ハナコマチ )@熊本県植木
2018.12.26
125話《ミシュラン一つ星の超絶予約が取れない焼き鳥店》鳥しき@目黒
2018.12.12
124話 《漁師町鈴鹿の穴子料理専門店》海の幸 魚長 @三重県鈴鹿市
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

大久保一彦
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表大久保一彦氏の経営コラムに関するお問い合わせ