【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

124話 《漁師町鈴鹿の穴子料理専門店》海の幸 魚長 @三重県鈴鹿市

124話 《漁師町鈴鹿の穴子料理専門店》海の幸 魚長 @三重県鈴鹿市

 三重県鈴鹿市というと鈴鹿サーキットを思い出すかもしれません。

鈴鹿はもともと漁師町で、JRの駅を降りると、景色はとてものどかです。

名古屋から快速みえで30分ちょっとですが、駅では電子マネーも使えません。
そんな鈴鹿ですが以前は穴子もたくさんとれたそうです。
今回は穴子料理の名店、『魚長』を紹介しましょう。

 

17e8b47a78ef0ae4332573f933d156a7.jpg4e7480381226b3be4a0ed5525aac16f1.jpg

 海の近くに店はあります。
店内に入ると、レジ横にお寿司を主体にしたショーケースがあります。
名店ゆえに、お持ち帰りのニーズがあるのでしょう。
その横に生け簀があります。
これは活穴子、期待できますね。

 

2ff9b55bdff4fe2324ec688fb5591db6.jpg

 

店内はテーブル席が主体で、お部屋がいくつかあります。
メニューブックを広げてみると、定食から、お食事会や宴会、お持ち帰りまで幅広くニーズに対応しています。でも、基本、料理屋ですね。

名物は穴子ミックスという定食です。
本日は残念ながら、仕込んだ寿司用の穴子が終わってしまったといことで、寿司の入ったセットは提供できないということです。
それでは、穴子のまぶしと天ぷらを注文してみましょう。

 

e2d566f89c32dea73dd912df88644a24.jpg

 

まずは、穴子の天ぷらが供せられます。
穴子はやはり活穴子のようで、さくふわで、おいしいです。
なかなかレベル高いですね。

塩もいい塩使ってます。
さすがは人気店、細やかなところにも気を配っています。

 

ca477898619e573313b93c023512bd4f.jpgf7533807b6268bd16bef6d043970a581.jpg

まぶしは、地焼きした穴子で、これはこれでおいしいです。
でも、寿司が食べたかったですね。

駐車場の前には「メゾンあなご」があります。
風情があります。

鈴鹿は本来、小商圏でしょうが、絞り込みした穴子が『食べログ』と連動して、遠方からお客様がやってきています。店には高評価につながる細やかな落とし込みがあり、大変、勉強になりました。

 

4fc0a7ad3e3bffe09d21cad21e22dedd.jpg375d7b63ee82fe82f02e114302098c6e.jpg7e1857ddfd15ee186ead6447a6ff1c90.jpg

海の幸 魚長 (うみのさちうおちょう) 
三重県鈴鹿市北若松町362 
電話 0120-075-832

バックナンバー

2019.02.06
127話《"博多・四天王"の小野孝さんが料理する》小野の離れ@福岡市・舞鶴
2019.01.16
126話《植木町から世界へ熊本の食材を発信する店》花小町(ハナコマチ )@熊本県植木
2018.12.26
125話《ミシュラン一つ星の超絶予約が取れない焼き鳥店》鳥しき@目黒
2018.12.12
124話 《漁師町鈴鹿の穴子料理専門店》海の幸 魚長 @三重県鈴鹿市
2018.10.10
123話 《日本料理の最高峰で秋分の勉強会》京味@新橋
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

大久保一彦
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社 代表大久保一彦氏の経営コラムに関するお問い合わせ