【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
職場の生産性を下げるハラスメントの予防策 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

職場の生産性を下げるハラスメントの予防策

2017年はハリウッドで様々なセクハラが露呈し、激震が走りました。日本の職場でも様々なハラスメントが起きています。

主なハラスメントは、セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラといったところでしょう。しかし近年は従来とは異なったハラスメントも発生しており、職場の生産性を下げる要因となっています。会社としては、生産性を下げる要因は事業経営におけるマイナス要因として取り除いていかなければなりません。これから10回にわたり、「職場の生産性を下げるハラスメントの予防策」というテーマで解説していきたいと思います。

最新の記事

最新記事 10/10日更新第10話 社員が労働基準監督署に相談すると言った時の企業対応

スポーツ業界で相次いでパワハラが表沙汰になっています。 中には「選手の甘えじゃないか!」と、選手の甘さを指摘する人もいます。 スポーツ界では監督は神のような存在だったのかもしれません。 やり過ぎと思える行為であっても仕方ないと黙認されてきました。 しかし、いわゆる理不尽なシゴキはもはや通用しなくなってきています。 携帯電話は10年前はガラケーが主流でしたが、今はスマホが主流です。 携帯電話ですら10年でかなり変化しているのです。時代は急激に変化してきているので、人間も時代に合わせて対応する必要…続きを読む

バックナンバー

2018.09.12
第9回 善意が仇となる部下との飲みニケーション
2018.08.22
第8回 ハラスメントに対する教育が必要なのは管理職よりも社員である!
2018.07.25
第7回 時代錯誤のハラスメント暴君に会社を潰されないための社長の決断
2018.06.06
第6回 なぜハラスメント問題が泥沼化するのか?
2018.05.09
第5回 ハラスメントが起きない職場の共通点とは
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

野崎大輔
日本労働教育総合研究所 所長 グラウンドワーク・パートナーズ株式会社 代表取締役

上場企業の人事部でメンタルヘルス対策、問題社員対応などの労働問題の解決に従事した後に社労士事務所を開業。労働紛争予防解決のスペシャリストとして300件以上の問題社員対応、あっせん、組合対応等の労働問題を解決し、関与した顧問先については労働問題がほぼ発生しなくなる。 労働問題を発生させないための根本的な解決策を模索し、組織風土の醸成と人材育成にいきつき、人が育つ組織風土の醸成を行う組織再生専門家としても活動領域を広げている。 1年以内に社員の定着率が向上し、3年以内に社員数が2倍に増員、業績が3倍になるなど多くの企業を成長させた実績を持つ。 人事専門誌が評価する『人材コンサルティング会社ガイド100選』、各分野の辣腕コンサルタント情報を厳選した、『日本の専門コンサルタント』に選出されている。 著書に「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す(講談社+α新書)、黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術(小学館集英社プロダクション)。

日本労働教育総合研究所 所長/グラウンドワーク・パートナーズ 代表野崎大輔氏の経営コラムに関するお問い合わせ