【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
社長のための坐禅入門 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第16号 「坐禅と直感」

第16号 「坐禅と直感」

(読者からの質問)
 先生のおっしゃるっとり坐禅中は姿勢を正して、考えごとをしないようにしておりますが、不思議なことに、坐禅中、ときどき仕事のアイデアとか企画のヒントが、ふと頭に浮かぶことがあります。
 それらは、なかなか良いアイデアであったり、解説策であったりすることが多いのですが、これは、坐禅中に考えごとをした結果、思いついたことなのでしょうか。
 それとも坐禅の効果の一つと考えていいのでしょうか?
 そのへんのことを、西嶋先生のご経験をまじえて、教えていただければ幸いです。                                     (O.Mさん)

(西嶋先生の回答)
 そもそも、姿勢をきちんと正して座っているときは、考えごとができないものです。
 彫刻家ロダンの有名な作品に、「考える人」という像がありますが、ご存知のとおり、その男の像は腰掛けた状態で、足に頬杖ついて背中を丸めている像です。
 この彫刻でもわかるように、人が考えごとをするときの姿勢は、背骨をまっすぐに伸ばした状態ではできないものです。
 どちらかというと、私たち人間ば、背中を丸めた、うつむき加減の姿勢で、考えごとをするものです。
 ですから、ご質問にあるように、坐禅中に良いアイデアが浮かんだというのは、考えごとをした結果、得られたものではなくて、どちらかという、坐禅をすることによって、自律神経がバランスがとれた結果であると言えます。
 これまで繰り返し述べてきたように、いわゆる直感というのは、自律神経がバランスしたときに生まれます。
 そうでなくて、自律神経がどちらかに偏っている、つまり、交感神経および副交感神経のバランスが乱れているときには、直感が出てこないのです。
 そもそも、欧米の文化は、直感を尊重する文化ではありません。欧米ではどちらかというと、徹底的に思考することが尊重されて、直感を危険視します。しかし一方で、佛教は直感を判断の基礎だと考えます。
 その点が、欧米の考え方と佛教の考え方の大きく違うところです。
 ところで、私は坐禅をはじめて、6、70年たちますが、坐禅中に多くの直感を得てきました。
 ただし、直感を得ようと思って、座っているわけではありません。しかし、坐禅することによって、自律神経のバランスがとれて、さまざまな直感を得ることができました。
 そのような経験をふまえて言わせていただくと、仕事上の課題も人生の問題についても、考えて考え抜いたからといって、良い結論が得られるものではありません。
 事実、考えて考えて、ようやく出した結論というのは、現実に適合しない場合の方が多かった。
 反対に、「あ、そうか」と結論が先に出た直感の方が、うまく仕事や人生に役立ったと思います。
 そういう意味では、私の場合、直感から得られた結論に間違いなかったといえます。
 ですから、得られた直感が一見、常識的には荒唐無稽なことであっても、それについて真剣に考えてみる価値は多いにあると思います。
 いずれにせよ、過去の経験や知識などを総動員して選択した結論より、自律神経をバランスさせて得た直感の方が、現実に適合してうまくいく確率が高いと思います。
 そういう意味でも、我々は坐禅をして、自律神経をバランスさせる必要があり、またそのことを、数千年前に釈尊が悟ったのだと思います。

 

バックナンバー

2008.10.21
第20号 佛教の勉強を何から始めればよいか
2008.09.10
第19号 「坐禅するときの正しい姿勢とは」
2008.08.05
第18号 「自律神経をバランスさせることが大事」
2008.07.22
第17号 「科学でわかること、わからないこと」
2008.07.08
第16号 「坐禅と直感」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

西嶋和夫氏

西嶋和夫氏

 1919年(大正8年)横浜生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省証券局を経て、日本証券金融(株)常任監査役、その後、(株)井田両国堂の社長に請われて、平成17年まで同社の顧問を務める。

 そもそも、師が仏教を探求するきっかけは、師の少年時代にさかのぼる。体の弱かった小学校低学年のとき、息子のからだを心配した父親が、毎日、師を散歩に連れ出し、走らせたという。 3年後には、毎朝、数キロ走るのが日課となったが、師は毎日1人で走るうちに、子ども心に「走っていると、どうしてこんなに気持ちが落ち着くのだろうか」と疑問に思うようになった。
 以来、その疑問を解くための探求がはじまる。

 18歳のとき、栃木県大中寺において、昭和を代表する名僧・澤木興道(さわきこうどう)老師に出会い、師が長年、疑問に思っていた答えが、仏教にあると直感。以後、25年にわたって、澤木興道老師の教えを受ける。  1973年、師が54歳の時、在家のまま出家、法名・愚道和夫(ぐどうわふ)となる。

 世界が少しでも真実に近き、真に豊かで平和な社会となるために、道元禅師の教えを世界に広めたいという願いから、ドーゲン・サンガ・インターナショナルを設立し、海外での普及に尽力する。2014年1月逝去。

 主な著書「現代語訳 正法眼蔵 全12巻」「仏教-第三の世界観」「坐禅のやり方」「中論提唱」「道元禅師と仏道」「仏道は実在論である」「仏教問答」「正法眼蔵提唱録 全34巻」「永平廣録」 その他多数。

西嶋和夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ