【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
社長のための坐禅入門 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第15号 「坐禅するときの姿勢について」

第15号 「坐禅するときの姿勢について」

(読者からの質問)
 「社長のための座禅入門」をいつも楽しみにしております。
 現在、私は坐蒲(ざふ)を使い、半迦夫坐(はんかふざ)で座っております。その時に、自分の姿勢が気になり始めました。
 左右の傾きは分かるのですが、前後の傾きについては前傾しすぎたり、逆に後ろにそりすぎたりと少々不安定です。
 誰かに姿勢を見てもらうことができない場合、何か目安になる角度とかがあるのでしょうか。
 低レベルの質問で申し訳ありませんが、教えて頂きたく存じます。                                         (Y.Kさん)

(西嶋先生の回答)
 非常に大事なご質問です。
 というのは、坐禅というのは、正しい姿勢がとれているかどうか、それに注意をすることに修行の中心があるといっても差し支えないからです。
 道元禅師は、短い言葉で「正身端座(しょうしんたんざ)」とおっしゃっていますが、要するに、姿勢を正すことが坐禅の重要ポイントです。
 ご質問にあるとおり、よくある傾向として、自分では姿勢を真っ直ぐにして坐っているつもりで、確かに背骨は真っ直ぐになっていても、背骨全体が前に傾いている場合がよくあります。
 当然のことに、その事に気づいた場合は,背骨全体を垂直に立て、前傾姿勢を直すようにしますが、実際は自分ではなかなか気がつかないことが多い。
 そういう場合は、大きな鏡があるところで、実際に坐ってみて、自分で自分の坐相(ざそう)を確かめてみるとよいでしょう。
 お寺によっては、坐相を確認するための大きな鏡を置いているところがあります。
 しかし、わざわざ、そのためにお寺に行かなくても、鏡さえあれば自宅でできることです。
 とにかく、 坐禅の修行は、背骨を垂直に立てる事に主眼がありますから、絶えず、その事に注意する必要があります。
 そして、坐禅をやっていないときでも、姿勢を正すことを心がけてください。
 そもそも、この「姿勢を正す」というのは、一番エネルギーを使わない「体育」です。
 それと同時に、坐禅は「精神修養」です。
 だからこそ、坐禅を毎日することによって、心身ともに健康になれるのです。

 

バックナンバー

2008.10.21
第20号 佛教の勉強を何から始めればよいか
2008.09.10
第19号 「坐禅するときの正しい姿勢とは」
2008.08.05
第18号 「自律神経をバランスさせることが大事」
2008.07.22
第17号 「科学でわかること、わからないこと」
2008.07.08
第16号 「坐禅と直感」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

西嶋和夫氏

西嶋和夫氏

 1919年(大正8年)横浜生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省証券局を経て、日本証券金融(株)常任監査役、その後、(株)井田両国堂の社長に請われて、平成17年まで同社の顧問を務める。

 そもそも、師が仏教を探求するきっかけは、師の少年時代にさかのぼる。体の弱かった小学校低学年のとき、息子のからだを心配した父親が、毎日、師を散歩に連れ出し、走らせたという。 3年後には、毎朝、数キロ走るのが日課となったが、師は毎日1人で走るうちに、子ども心に「走っていると、どうしてこんなに気持ちが落ち着くのだろうか」と疑問に思うようになった。
 以来、その疑問を解くための探求がはじまる。

 18歳のとき、栃木県大中寺において、昭和を代表する名僧・澤木興道(さわきこうどう)老師に出会い、師が長年、疑問に思っていた答えが、仏教にあると直感。以後、25年にわたって、澤木興道老師の教えを受ける。  1973年、師が54歳の時、在家のまま出家、法名・愚道和夫(ぐどうわふ)となる。

 世界が少しでも真実に近き、真に豊かで平和な社会となるために、道元禅師の教えを世界に広めたいという願いから、ドーゲン・サンガ・インターナショナルを設立し、海外での普及に尽力する。2014年1月逝去。

 主な著書「現代語訳 正法眼蔵 全12巻」「仏教-第三の世界観」「坐禅のやり方」「中論提唱」「道元禅師と仏道」「仏道は実在論である」「仏教問答」「正法眼蔵提唱録 全34巻」「永平廣録」 その他多数。

西嶋和夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ