社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第14号 苦しめば苦しむほど得るものは大きい?

第14号 苦しめば苦しむほど得るものは大きい?

(読者からの質問)
 いつも「坐禅入門」を読ませていただきありがとうございます。
  さて、以前からよく分からない事柄がありましたので質問いたします。
 西嶋先生は、この「坐禅入門」で、座禅は苦行ではないとおっしゃっていますが、 物事は、ある程度、苦しまないと得るものがないように思います。
 座禅は、自律神経を正常な状態に近づけるための特別なものと考えるべきなのでしょうか?
 また一般的、物事を成す場合、苦しめば苦しむほど得るものは大きいと言う人もいれば、自分が楽しいと思わなければ長続きしないと言う人もいます。
 私は、極端すぎなければ、どちらでもよいと思いますが、どうお考えになりますでしょうか?                                (H.Kさん)

(西嶋先生の回答)
 ご質問ありがとうございました。
 仏道を勉強するには坐禅を毎日実行する事が大切であると同時に、仏教理論を勉強するために佛教書を読むことも非常に大切である と思います。
最初からあまり難しい本を読むよりも,はじめはわかりやすい本を読むことがよいと思いますので、下記のようなものから始められてはいかがと存じます。

 坐禅に関連して、苦しむことが目的ではないという意味は、坐禅には足が痛かったり、眠くなったりというような苦しみがともなう場合がありますが、苦しむことが坐禅をする場合の目的ではないという意味です。
 世界の宗教の中には、苦しむことに目標を求めた苦行のための宗教もありますが、坐禅は苦行のための修行ではありません。
 坐禅の目的は、自分自身の身体と心を正しい状態に置くことであります。
 自分自身の身体と心を正しい状態に置くと、頭の中でいろいろと悩む状態が止まり、苦しい状態から抜け出すことができます。
 それと同時に、人生において何の張り合いもない状態からも抜け出すことができます。
 道元禅師は坐禅のことを「安楽の法門」と言いましたが、これは、坐禅がこの世の中の本当の事がわかってくる入り口であるという意味です。
 私もまさにその通りであると思います。
 以前にも述べましたが、坐禅を続けていくと、足も慣れて痛くなくなります。そうすると、だんだん楽しくなって、坐ることで身体と心の平和を得ることができるようになります。
 ですから、坐禅は本来、平和で楽しいものなのです。
 そもそも、坐禅に限らず、人生において、苦しむことだけでは何の意味もありません。
 もちろん、何かを目指して成功するには、苦しくてもやらなければいけない時がありますが、苦しいことを我慢してやっていれば何とかなるというものではありません。苦しいけれど頑張れば何とかなるというのは、甘ったれた考え方です。
 一方で、人生で何かをやるとき、それをやること自体が楽しくなければ、長続きしないというのも事実です。
 ということは、はたから見たら、よくも苦しいことを努力してやっているなと見えても、やっている当の本人は、案外楽しんでやっている場合が多いのです。
 要は、自分が努力していることが、成功する見込みがあるのかないのか、そしてそれをやることが好きなのかどうか、それをまず見極めることが大事なことです。

 

バックナンバー

2008.10.21
第20号 佛教の勉強を何から始めればよいか
2008.09.10
第19号 「坐禅するときの正しい姿勢とは」
2008.08.05
第18号 「自律神経をバランスさせることが大事」
2008.07.22
第17号 「科学でわかること、わからないこと」
2008.07.08
第16号 「坐禅と直感」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

西嶋和夫氏

西嶋和夫氏

 1919年(大正8年)横浜生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省証券局を経て、日本証券金融(株)常任監査役、その後、(株)井田両国堂の社長に請われて、平成17年まで同社の顧問を務める。

 そもそも、師が仏教を探求するきっかけは、師の少年時代にさかのぼる。体の弱かった小学校低学年のとき、息子のからだを心配した父親が、毎日、師を散歩に連れ出し、走らせたという。 3年後には、毎朝、数キロ走るのが日課となったが、師は毎日1人で走るうちに、子ども心に「走っていると、どうしてこんなに気持ちが落ち着くのだろうか」と疑問に思うようになった。
 以来、その疑問を解くための探求がはじまる。

 18歳のとき、栃木県大中寺において、昭和を代表する名僧・澤木興道(さわきこうどう)老師に出会い、師が長年、疑問に思っていた答えが、仏教にあると直感。以後、25年にわたって、澤木興道老師の教えを受ける。  1973年、師が54歳の時、在家のまま出家、法名・愚道和夫(ぐどうわふ)となる。

 世界が少しでも真実に近き、真に豊かで平和な社会となるために、道元禅師の教えを世界に広めたいという願いから、ドーゲン・サンガ・インターナショナルを設立し、海外での普及に尽力する。2014年1月逝去。

 主な著書「現代語訳 正法眼蔵 全12巻」「仏教-第三の世界観」「坐禅のやり方」「中論提唱」「道元禅師と仏道」「仏道は実在論である」「仏教問答」「正法眼蔵提唱録 全34巻」「永平廣録」 その他多数。

おすすめ商品

老子CD

老子CD

杉山巌海 (名古屋大原学園学園長)

西嶋和夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ