【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
ロングセラーの玉手箱 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第6回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その2

第6回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その2

 先回に続き、MIP商品をもつことの経営における13のメリットを挙げてみましょう。今回は4つ目からの説明です。
 
 
 ④長期にわたり売上・利益が安定的に累積される
 
 MIP商品の多くは、シェア№1商品として毎年高利益をもたらしてくれます。
 
  もしその後も、MIP商品を複数開発できたならば、売上と利益は、確実に積みあがります。MIP商品を意図して開発しなければ、3つのパターンのいずれかが多くなります。
 
 ひとつ目のパターンは、多くの中小企業のこれまでの姿です。つまり、偶然できたMIP商品で稼いでいる中で、次々に市場からすぐ消えてしまう短命商品が出され、会社に売上も利益も累積しないケースです。
 
 これまでの商品開発では、長期間シェア№1を稼ぎ続けるようなMIP商品が、偶然の確率でしか生まれないために、このようなケースが当たり前のパターンになるわけです。
 
 ふたつ目は、一定以上の年月、売上・利益を生み出してくれる長寿商品がやがて衰退してきたとき、MIP商品を意図的に創っていない会社は、いずれ「倒産近し」の会社になっていきます。
 
 みっつ目は、もはや柱となる商品が消滅し、毎年短命商品ばかりが続出するケースで、売上が累積するどころか、利益が出ずに赤字続きで倒産を免れない、いわゆる自転車操業の経営パターンです。
 
 ここで大事なことは、いずれのパターンも売上利益の長期的な拡大が見込めないということです。たまたま偶然にMIP商品に恵まれるのではなく、意図してMIP商品を創ることこそ重要なのです。
 
 ですから、経営者は意図的、必然的に次のMIP商品を創り出して、売上利益を累積させていMIP経営を、強く意識していただきたいので。
 
 ⑤追われる開発からの解放
 
 新商品を出したはいいが売れない。急いで次の商品を出さなければ…。従来型の商品開発では、MIP商品は偶然にしか生まれず、短命商品ばかりが乱発される結果に終わっています。
 
 しかしMIP商品開発は、前回コラムで述べたように2つに1つが長寿商品となりうるので、「追われる開発」から解放されます。
 
 「追われる開発」では、商品力が十分に仕上がっていない状況でも発売されたり、乱発される商品に販売部門の力が分散される分、既存商品の寿命までもが短くなってしまう。結果として、利益どころか赤字が累積する羽目になるのです。
 
 しかもそれらは社内資源の浪費だけではなく、地球資源のロスにもつながります。
 
 
 

バックナンバー

2016.12.13
第9回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その5
2016.11.15
第8回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その4
2016.10.11
第7回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その3
2016.09.27
第6回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その2
2016.08.09
第5回 MIPがもたらす「13の経営メリット」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

商品企画エンジン代表 梅澤伸嘉氏

長寿商品開発コンサルタント/梅澤伸嘉氏

 30年以上トップシェアで売れ続ける長寿商品を世界一生み出してきた名人。

 サンスターとジョンソンにてヒットを連発。独立後にはじめて手がけた禁煙パイポは、カネなし・ヒトなし・技術なしの零細ベンチャーを初年度売上19億円の大ヒットに導く。これらすべての商品は、30以上経た今も、強力なトップブランドとして君臨している。

 自身の経験から、販売力よりも売る前の「商品力づくり」で成功は決まると断言。多産多死が常識の商品開発と決別し、意図して、コンスタントにロングセラーをつくる画期的なメソッドを体系化。これまで1万人を指導し、梅澤メソッドによって多くの成功商品が生み出されている。

 近年は、とりわけ中小企業の指導に精力を注ぎ、下請けからの脱却や、ロングセラー効果による安定的な利益の累積を実現。5億、10億、50億…と年商のカベを突破する企業を続出させている。1940年生まれ。日本大学大学院卒。愛知学院大学大学院博士課程修了。経営学博士。商品企画エンジン株式会社 代表取締役会長。一般社団法人 日本市場創造研究会 代表理事。MIP経営塾塾長。

■ 梅澤メソッドによって生み出された商品の一例
《著者自身が手がけたロングセラーの数々》
 ・男性用洗髪剤「サンスター トニックシャンプー」
      1968年発売(48年間トップシェア)
 ・皮膚用虫除け剤「スキンガード」1974年発売(42年間〃)
 ・スニーカー洗剤「ズックリン」1978年発売(38年間〃)
 ・風呂釜洗浄剤「ジャバ」1981年発売(35年間〃)
 ・カビ取りスプレー「カビキラー」1982年発売(34年間〃)
 ・天ぷら油処理剤「固めるテンプル」1983年発売(33年間〃)
《著者が開発指導をしたシェア№1商品の数々》
 ・アルマン「禁煙パイポ」1984年発売
 ・小林製薬「杜仲茶シリーズ」2003年〃
 ・シヤチハタ「おなまえスタンプ」2000年〃
 ・イミュ「塗るつけまつげ」2001年〃
 ・ハウス食品「ウコンの力」2004年〃
 ・ワコール「スタイルアップパンツ」2005年〃
 ・明治「プロビオヨーグルトR─1」2009年〃
 ・バンダイナムコ「釣りスピリッツ」2012年〃
                      …ほか多数


【梅澤 伸嘉氏最新刊】
メーカー・建設・住宅販売・流通・サービス…売り込まなくても長く売れ続く【最強の売りモノ】づくり
【最新刊】30年売れて儲かるロングセラーを意図してつくる仕組み

商品企画エンジン 代表梅澤 伸嘉氏の経営コラムに関するお問い合わせ