社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第50回 季節の挨拶で心の距離を縮める

第50回 季節の挨拶で心の距離を縮める

 春らんまん。桜が満開です。みなさんのお住まいの地域ではいかがですか。長持ちしてくれるといいですね。
 
 先日、とある企業から「文章で、品格や教養を感じさせるためのひと工夫が知りたい」というご要望いただきました。
 高いハードルではありますが、文章で品格や教養を醸し出せたら、魅力的ですね。取引先やお客様からは「できる人だ」「いい人財がいる会社だ」と信頼されるでしょうし、社内では「あの人に近づきたい」「一緒に仕事したい」「教えてほしい」などと憧れの上司・先輩として慕われるはずです。
 
 文章から感じる品格や教養とは具体的にどのようなことを言うのでしょうか。わたしは以下の3つに集約されると思っています。
1.エレガントな言葉づかい=正しい日本語、敬語表現
2.適切な気配り
3.豊かな感情表現(ボキャブラリー)
 
 今回は、上記すべての項目に関わる「季節の挨拶」を取り上げます。
 

好きなものを思い浮かべて書く

 
 メールでもチャットでもビジネス文書でも、久しぶりの相手に連絡するとき、いきなり要件から書き出すのは唐突な感じがして気が引けるものです。
 お互いにとってちょうどいい言葉でさりげなくクッションを挟み、本題に入るにはどうすればよいのでしょうか。
 大切なのは、格好つけずに素直な言葉で綴ることです。
 社会的に影響力のある方、企業の管理職に就く方は外で鎧をまとって闘っている分、その硬さが文章に現れがちですね。それは当然のことと思う一方で、古くからの知人や信頼のおける部下など気を許せる相手には自ら距離を縮める書き方をしてみてはいかがでしょうか。
 お酒が好きなら「熱燗から水割りに変わる頃」、野球が好きなら「高校野球の季節」「プロ野球が開幕する」など好きなものを想像しながら言葉を選ぶと、その人らしい一文ができあがります。
 
 

4月の文例(季節の書き出し)

 
・春到来、慌ただしくお過ごしのことと存じます。
・今年も桜が咲きました。どんな春をお過ごしですか。
・街が賑わいを取り戻しつつあるようです。心配事もありますが、変わりはないですか。
・雨降りの朝、湿り気のある生暖かい風を感じます。
・昨夜は朧月夜。月がぼんやりかすんで見えました。
・寒の戻りがあるようです。体調はいかがでしょう。
・菜の花が満開です。よい季節になりました。
・桜の季節はあっという間、一日を大事に過ごしたいですね。
・新年度のはじまりです。大願成就を祈念します。
・もうしばらく不自由な日々が続きそうですが、ご健勝とご発展を願っています。
・ハードな日々においても、幸せを感じる瞬間が多くありますように。
 

バックナンバー

2021.04.02
第50回 季節の挨拶で心の距離を縮める
2021.03.05
第49回 リモートワークのメール・チャット術(2)
2021.02.05
第48回 リモートワークのメール・チャット術
2021.01.01
第47回 届いた年賀状への返信は?期間、内容、書き方のコツ
2020.12.04
第46回 年末年始のご挨拶 贈り物に添えるお礼状の書き方
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

おすすめ商品

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ