社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第47回 届いた年賀状への返信は?期間、内容、書き方のコツ

第47回 届いた年賀状への返信は?期間、内容、書き方のコツ

よくある質問にお答えします
 
 新年おめでとうございます。
 2021年が希望に満ちた一年になりますよう、心より願います。
 本年最初のコラムは、届いた年賀状に対する返信法についてポイントをまとめました。
 
Q.届いた年賀状への返信はいつまでにすればよいですか?
松の内までに投函しましょう。
松の内とは正月の門松を飾る期間のことを言います。松の内の期間は地域によって異なりますが、一般的には7日までとされているところが多いようです。
松の内が明けたら正月飾りを片づけるように、年賀状の返信は「新年おめでとうございます」から「寒中見舞い申し上げます」へと書き出しを変えて送りましょう。
 
 
Q.年賀はがきが手元にありません。普通のはがきで送ってもいいですか?
問題ありません。その上で、一般には住所面に赤字で「年賀」と書くことで年賀状とみなされます。
普通のはがきの場合、郵便局で発売されている「干支の年賀切手」を貼ると、新年にふさわしい華やかな感じになります。
年賀切手にはお年玉くじ付きのものと、くじなしのもの2種類あります。封書用の年賀切手もあります。お客様に送る際にも印象に残り、喜ばれるのではないでしょうか。
letter202101_1.jpg
 
 
Q.喪中の場合、どうすればいいでしょう?
届いた年賀状に返信するにあたり、喪中のときには松の内が明けた1月8日以降に「寒中見舞い状」として送るのが模範的とされています。
内容は、
・返信が遅れたお詫び
・本年もよろしくお願いしますというご挨拶
・寒い時季ならではの健康を気づかう言葉
などが考えられます。
なお、寒中見舞い状を送る時季は節分(2月3日)まで。翌日の立春以降は書き出しの一文が「余寒見舞い申し上げます」へと変わります。
 
 
■年賀状の返信が遅れたときの文例
寒中見舞い申し上げます
新年のご挨拶が遅くなりましたが
本年もどうぞよろしくお願いいたします
寒さが厳しくなりますので、
どうぞより一層ご自愛のほどお願い申し上げます
 
寒中見舞い申し上げます
一身上の理由により、
年始のご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました
ご発展とご健勝を心よりお祈り申し上げます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 
 
Q.気を付けたい書き方のマナーは?
マナーの点から言うと、裏面(メッセージ面)以上に、表面の住所と宛名の書き方に気を配りましょう。一番間違えやすいのは、敬称のつけ方です。個人には「様」、会社名や部署名には「御中」を用います。
 
◎ABCD法律事務所
 弁護士 法律太郎様
 
×ABCD法律事務所
 法律太郎弁護士様
→弁護士という肩書と敬称の「様」を重ねるのは誤りです。同様に「社長様」「部長様」も誤りです。
 
◎ABCD法律事務所御中
 →特に相手を指定しないときには「御中」とします。
 
裏面に自分の住所と氏名を記載する場合は、表面に書く必要はありません。
 

バックナンバー

2021.01.01
第47回 届いた年賀状への返信は?期間、内容、書き方のコツ
2020.12.04
第46回 年末年始のご挨拶 贈り物に添えるお礼状の書き方
2020.11.13
第45回 会えない人とご縁をつなぐクリスマスカードのすすめ
2020.10.09
第44回 リモートワーク時代の心の交流 手書きのお礼状で成果につなげる
2020.09.04
第43回 変化の時期こそ、体を大切に言葉でまわりを労わろう
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

おすすめ商品

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ