社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第45回 会えない人とご縁をつなぐクリスマスカードのすすめ

第45回 会えない人とご縁をつなぐクリスマスカードのすすめ

手書きの1枚で、お客様との接触頻度を保とう

 こんにちは、紅葉に目が留まる頃となりました。
 いかがお過ごしですか。
 
 ここ数年、この時季になると決まって「年賀状じまい」という言葉を耳にします。
 喪中に関わらず、体力の衰えや心境の変化を理由に年賀状のやりとりを辞退することを年賀状じまいと言います。その書き方を教えてほしいという要望も、年々、増えてきています。
 
 家族のあり方や正月の過ごし方が多様化した今、年賀状についても様々な考え方があります。以前のように、一概に「送るといい」と決めつけるのは難しくなりました。
 
 企業においても、年賀状を送るべきかどうか、意見が分かれるところです。
 わたしは小さな会社や店舗にはあまり年賀状をおすすめしていません。年賀状はその他多くの枚数のうちの1枚に埋もれてしまいやすいからです。せっかく手間をかけても目立ちにくく、忘れられやすい。つまり、かける手間に見合う効果が期待しにくいのです。
 
 しかしながら、とりわけコロナ禍において会いたい人と会えない今、手書きの1枚はお客様との接触頻度を保つ、重要な機会になります。
 手書きの1枚を送ると、顔を合わせなくても自分(自社)のことを思い出してもらえます。そのうえ、手書き文字から人柄や温かみを感じ、「わざわざ自分のために手書きしてくれた」と感謝してもらえるのです。今後のご縁をつなぐ大切なきっかけになるはずです。
 
 そこで、これからの季節はクリスマスカードをおすすめします。
 
★クリスマスカードのよいところ
・送れる時期が長い(12/1~25)
・喪中に関係なく送れる
・華やか、かつおしゃれなデザインで送れる
・あまり届かないので、受け取る人の印象に残る
・部屋に飾って楽しんでもらえる(効果が持続する)
・家族(お子さん)にも喜ばれる
 
 年賀状と比較して送れる時期が長いため、焦らず余裕をもって準備できる点が最大のメリットです。
 アメリカやヨーロッパの企業はクリスマスカードを送る習慣があるといいます。以前、インターネットでアメリカ本国のGoogle社のクリスマスカードを見たことがあります。さすがに洗練されたデザインで、「もらったら、きっと嬉しいだろうな!」と感じるものでした。
 
 文面は以下を参考にしてみてください。
 
★クリスマスカードの1行文例
・今年は変化の一年でした。大変お世話になり、ありがとうございました
・心温まるクリスマスとなりますように
・不自由な生活が続きますが、お体に気をつけて、どうぞよいお年をお迎えください
・来る年が明るい一年になりますように
・〇〇様のご健勝とご多幸を願っております
・心より感謝を込めて

バックナンバー

2020.12.04
第46回 年末年始のご挨拶 贈り物に添えるお礼状の書き方
2020.11.13
第45回 会えない人とご縁をつなぐクリスマスカードのすすめ
2020.10.09
第44回 リモートワーク時代の心の交流 手書きのお礼状で成果につなげる
2020.09.04
第43回 変化の時期こそ、体を大切に言葉でまわりを労わろう
2020.08.07
第42回 コロナ禍で伝える、お客様へのひと言
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

おすすめ商品

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ