社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第44回 リモートワーク時代の心の交流 手書きのお礼状で成果につなげる

第44回 リモートワーク時代の心の交流 手書きのお礼状で成果につなげる

手書きのお礼状・サンキューレター

 リモートワークの浸透により、人と会わなくとも仕事がまわるようになりました。
 通勤時間にかかるストレスが減り、働く人にとって自由につかえる時間が増えました。企業にとっては「WITHコロナ時代」の新たなステージに入ったと言えるのではないでしょうか。
 その一方で、ソフト面においてはいかがでしょうか。会話が減った分、お客様とのやりとりに苦心していないでしょうか。また、孤立している社員さんはいないでしょうか。
 
 ここ最近、拙著『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』(日本経済新聞出版社)の読者から何通か感想ハガキをいただきます。4年も前に発刊された本にもかかわらず、今こうして感想が届くのは「人と会えない今、手書きのハガキが効く」ことの証明なのだと感じています。
 今回は、ビジネスシーンでお客様に宛てて手書きのお礼状、サンキューハガキを送るときのポイントをざっくりとお伝えします。
 
 

ほんの数行、1行でもOK!

 昔ながらのお礼状の書き方の本やHPを見ると、ハガキの裏面一面にみっちりと文字が並んでいるものがあります。
 しかし、今の時代に喜ばれるのは軽やかなひと言です。信頼関係が出来上がっている人同士のやりとりであれば、話はまた別ですが、商品をまだ一度も購入したことがないお客様や、名刺交換したばかりの「お互いがよく知らない間柄」でびっしりと文字を書き連ねた1枚を送ると、相手はプレッシャーを感じて身構えてしまいます。
「よく知らない人なのに、熱く思いを伝えられても、受け止められない」
「売り込まれているようでコワい」
 そう不安にさせてしまうのです。
 
 SNSやLINEのメッセージとは異なり、郵便によってわざわざ手元に届く手書きの1枚には、ただ手書きであるだけで、すでに圧倒的な力があります。
 「ありがとうございます」のひと言だけでも十分、価値があります。
 ほんの数行、いえ1行、ご機嫌うかがいのつもりで、さらっと書きましょう。
 
 

5つの要素に目を向ける

 多くの人は、手書きしようと思うとまず「文章を考えるのが苦手」「心をつかむ言葉が思い浮かばない」「文字が下手」などと、文章や文字に対する苦手意識から、書くことをためらいがちです。
 しかし、それは非常にもったいないし、もっというなら、ナンセンスです。
 わたしたち人間の脳は、文字より見た目(ビジュアル)に強く反応します。新聞でも、見た目や写真に目が留まり、そこで初めて本文を読みはじめますね。
 文章や文字も大切な要素の一つにちがいありませんが、受け取る側の立場になって考えてみると、印象に残るのは、そこに綴られている文字や言葉より、「どんな絵柄のカードだったか」「どんな切手が貼られているか」という見た目のデザインのほうが、はるかに大きいのです。
 
 わたしはいつも手書きのお礼状には次の5つの要素があるとお話ししています。
  1. 筆記具
  2. 文章
  3. 手書き文字
  4. 切手
 以上5つの要素をトータルで考えることが大切です。

バックナンバー

2020.11.13
第45回 会えない人とご縁をつなぐクリスマスカードのすすめ
2020.10.09
第44回 リモートワーク時代の心の交流 手書きのお礼状で成果につなげる
2020.09.04
第43回 変化の時期こそ、体を大切に言葉でまわりを労わろう
2020.08.07
第42回 コロナ禍で伝える、お客様へのひと言
2020.07.03
第41回 仕事に込める思いや意志を小冊子や自己紹介レターで表現する
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

おすすめ商品

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ