社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

指導者たる者かくあるべし

宇惠一郎氏は、元読売新聞東京本社国際部編集委員、現在、多方面で活躍するフリージャーナリスト。
本シリーズは、宇惠一郎氏が独自の眼で、古今東西の政治、経済、スポーツなど各界の指導者の秘話を拾い上げ、本物のリーダーシップとは何かを示唆するものである。

最新の記事

最新記事 06/15日更新挑戦の決断(23) 四民平等の理想(板垣退助)

 自由民権運動   明治時代に国民の自由に基づく政治を目指す自由民権運動を率いた板垣退助は反骨の人である。  土佐藩の上級武士の家に生まれ、明治維新期には尊王の立場で、公武合体に動きつつあった藩論を武力討幕へとかじを切り、薩摩藩の西郷隆盛との間で薩土同盟の密約を結んだ。西郷が京都で朝廷を取り込んで兵を挙げると、土佐藩兵を率いて上洛し討幕軍の東山道の先鋒を務め、会津攻めでは周辺の諸藩を新政府軍に寝返らせるなど大きな功績を上げた。  薩摩、長州、土佐、肥前の四藩が主導する新政府で参議の立場に就いた…続きを読む

バックナンバー

2021.06.08
挑戦の決断(22) 有事の必勝法は「機先を制する」(承久の乱と鎌倉幕府)
2021.06.01
挑戦の決断(21)  海軍を創設する(勝海舟)
2021.05.25
挑戦の決断(20) 大情況を読めない奇妙な名将(上杉謙信)
2021.05.18
挑戦の決断(19) 焦らず革命の時を待つ(周の武王)
2021.05.11
挑戦の決断(18) 米百俵の使い道(長岡藩大参事・小林虎三郎)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「20XX年地方都市はどう生きるか」
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

おすすめ商品

「会計経営と実学」DVD

「会計経営と実学」DVD

小長谷敦子 (経営ステーション京都取締役 公認会計士・税理士)
田村繁和 (経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役)

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ