【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
小が大に勝つランチェスター戦略 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第14話 選択と集中とスピード~ハウステンボスの再建3~

第14話 選択と集中とスピード~ハウステンボスの再建3~

ハウステンボス(以下、HTBという)再建のために澤田秀雄さん(HIS会長)が示した3つの基本方針の第三は、経費を2割下げ、売上を2割増やそう、というものでした。これも実にシンプルなメッセージで、どんな組織でもこれが出来れば赤字にはなりませんが、言うは易し、行うは難しの典型です。 

通常は経費を下げれば売上も減ります。これを「縮小均衡」といいます。一方、売上を上げたければ経費も増えます。売上を上げながら経費を下げれば黒字化することは誰でもわかりますが、やるのは至難の業です。

「わかりやすくするために2割、2割といいましたが、トータルで4割改善できればよいのです。売上が3割上がって、経費が1割下がっても4割の改善です」と澤田さんは言われますが、どのようにしてそれを成し遂げたのか。まずは、経費削減策から。

澤田さんが再建を引き受ける時点で、HTBは開業19年目です。今後、大規模修繕費がかさむことは間違いありません。これに加えて過去の負債を継承し、固定資産税を払いながら再建することは不可能です。負債を処理し、税金相当額の補助を行政から受けて、実質借金ゼロで事業を受け継ぎました。単年の黒字で修繕費を賄えれば、二度と経営破たんすることはありません。

次に仕入原価を見直します。これまで仕入は地元企業優先でした。HTBは毎期赤字でしたが、仕入会社は黒字でした。再建のためには仕入先にも理解をえ、地元優先ではなくコスト優先で仕入先をゼロベースで見直します。仕入原価は削減できました。

日本最大級の敷地面積は、それだけ維持管理費も大きなものとなります。長年の不振でテナントも一部、埋まらず、歯抜け状態でした。そこで、全敷地面積の三分の一をフリーゾーンとして単なる公園とし、有料スペースを三分の二に絞り、テナントをそこに集約。維持管理費を大幅に削減しつつ、歯抜け状態は解消され、賑わい感が出ました。いわば「選択と集中」です。広めれば薄まります。「狭く濃く」はランチェスター弱者の戦略そのものです。

こうしてコストの大幅圧縮に成功しました。ただし、何でもかんでも減らしたわけではありません。安全と美観の観点から修繕費は減らせません。集客と売上増のために宣伝費やイベント費は減らしませんでした。コスト配分も選択と集中です。

コスト削減の次は効率化です。マネジメントの単位を職能制からエリア制に変更します。HTBには遊戯、飲食、物販の機能があり、職能別にマネジメントをしていました。これをエリアで区分して職能を超えたマネジメントに変更したのです。例えば、飲食店が混んで人が足らなくなったら、近くの小売店から応援を出すことができます。敷地が広いうえに、混雑の時間帯が一致しやすい職能で区分していてはできなかったことです。また、各エリアはよい意味で競争するようになり、全体として活性化しました。

前回、掃除が「組織市民活動」を活発化させる旨、書きました。掃除はエリア制マネジメントをも裏付けるのです。また、ペンキがはがれていたら、自分たちで塗るなど、内製できるものは内製し、外注費の削減も行います。

スピードも重視します。「今までよりも仕事のスピードを2割速くしようと訴えました。そうすれば経費を2割削減したのと同じ効果があります。私自身も電動アシスト自転車でパーク内を駆け回ることで率先垂範しています(澤田さん)。」

「意思決定は即断即決が基本。早く決断したら、結果も早く出る。たとえ失敗しても、すぐ修正ができます。歴史をみると、戦いもそうでしょう。速いほうがたいてい勝つ。戦いはスピード。経営もスピードなのです(澤田さん)」

スピードも差別化戦略です。

バックナンバー

2012.07.13
第16話 志と夢~ハウステンボスの再建5~
2012.06.08
第15話 選択と集中とスピード~ハウステンボスの再建4~
2012.04.06
第14話 選択と集中とスピード~ハウステンボスの再建3~
2012.03.09
第13話 凡事徹底とは差別化戦略~ハウステンボスの再建2~
2012.02.17
第12話 メッセージの集中~ハウステンボスの再建1~
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

戦国マーケティング代表取締役 福永雅文氏

福永雅文氏 戦国マーケティング
代表取締役

小が大に勝つ「弱者逆転」を使命とし、我が国の競争戦略のバイブルともいわれるランチェスター戦略を伝道するコンサルタント。販売・マーケティングを指導するコンサルティング活動、企業内研修、講演、公開セミナーを行う。

1963年、広島県呉市生まれ。86年、関西大学社会学部卒。マーケティングの仕事に従事するなか96年、ランチェスター戦略と出会い99年、コンサルタントとして独立。2001年、戦国マーケティング株式会社設立、代表取締役に就任。歴史研究をライフワークとし、毎年、NHK大河ドラマを題材に「ビジネスは歴史ヒーローに学べ」のテーマでも講演・執筆活動を行う。

著書「ランチェスター戦略『弱者逆転』の法則」「ランチェスター戦略『一点突破』の法則」以上、日本実業出版社「ビジネス実戦マンガ『ランチェスター戦略』」PHP研究所  月刊誌ニュートップL(日本実業出版社)で「小よく大を制すビジネス兵法」を連載。

NPOランチェスター協会 理事・研修部長、ランチェスター戦略学会 常任幹事

福永雅文氏の経営コラムに関するお問い合わせ