【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第三十九話 「前車の覆すは後車の戒め」

第三十九話 「前車の覆すは後車の戒め」

この言葉は漢書にあるもので、前を走る車が横転したら、後から走っている車は、
それを見て危険がある場所であることを知り、注意深く進むことである。

先人の失敗から教訓を得て同じ過ちを繰り返えさないようにする。漢書にある言葉である。

また資治通鑑には“善なる者をえらびて上に従わば、美は自ら己に帰せん”
即ち、優れた人間を選んで従い学ぶことができれば、その人間の優れた点は自然に自分のものになる。

さらに“前事の忘れざるは、後事の師なり”とは戦国策にあるもので、
以前にあった事を忘れないで心に留めておけば、後に物事を処理するときに良い手本になる。

私は別に述べているが和漢朗詠集にある
東岸西岸(とうがんせいがん)の柳(やなぎ)、遅速(ちそく)同(おな)じからず、
南枝北枝(なんしほくし)の梅(うめ)、開落(かいらく)已(すで)に異(こと)なり。

中国の大河は広く春の訪れも異なる。自分は今、西岸、北枝の立場だが、いずれは東岸の柳、

南枝の梅のように同じ花を咲かせてみせるとして自分の崩れ落ちそうな心に鞭を打ったことがあった。

人生、前事の忘れざるは後事の師なり。つまり、以前にあった事を忘れないで心に留めておけば、
あとの手本となる、とは戦国策にある文句だが、何事にもノドもと過ぎても熱さを忘れぬ。との心掛けは
経営、処世にも欠かせないことではなかろうか



※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

 

バックナンバー

2010.06.10
最終回 第四十一話 「学ぶに暇わらずと謂うなかれ」
2010.06.10
第四十話 「陽気発するところ」
2010.06.10
第三十九話 「前車の覆すは後車の戒め」
2010.06.10
第三十八話 「人、遠きに慮り無ければ]
2010.06.10
第三十七話 「人に勝とうと思うなら]
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

日本光電工業(現・日本光電)元副社長・埼玉銀行(現・リそな銀行)元専務 井原隆一氏

井原隆一氏 日本光電工業(現・日本光電)元副社長・埼玉銀行(現・リそな銀行)元専務

1923年、14歳で埼玉銀行に入行。並外れた向学心から独学で10年刻みに
法律、経済、経営、宗教、歴史を修めた苦学力行の人。


最年少で課長抜擢、常務、専務を歴任の後、大労働争議と大赤字で
倒産寸前の会社の助人となり、一挙に 40社に分社する等、独自の再建策を
打ち出し短期間で大幅黒字、無借金の超優良企業に甦らせる。


その後も、実業界では他に類を見ない理論と実践を踏まえた先見力で
数々の企業を窮地から救うなど、再建の名人として活躍。


97歳を超えた今も、矍鑠(かくしゃく)とし、全国各地で講演はもとより、
高い見識と適切なアドバイスに多くの経営者が教えを請う。

井原隆一氏の経営コラムに関するお問い合わせ