社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第105回 「おうち時間」も充実。手軽に設置できるプロジェクター「popIn Aladdin2」

第105回 「おうち時間」も充実。手軽に設置できるプロジェクター「popIn Aladdin2」


digital2006no1.jpg

 
 
 
なにかと自宅で過ごす時間が長くなり、今後も「新しい生活様式」として定着するかもしれません。一生活者としても、ビジネスの観点からも、「おうち時間」に関心をお持ちの方は多いことでしょう。
そこで注目したいが、シーリングライト(天井照明)とプロジェクターが一体化した「popIn Aladdin2」。
製品のご紹介とともに、筆者が久々に感心したポイントも解説します!
 
 
■popIn Aladdin2製品概要
シーリングライトにプロジェクターとスピーカーを内蔵したユニークな製品です。
過去、一般的なプロジェクターは、設置場所の確保が面倒で、配線も邪魔になるなど、一般家庭ではハードルが高いものでした。
本製品は、シーリングライトに内蔵することで、これらの2大ハードルを見事に解決。さらに、コンテンツもワイヤレス(Wi-Fi利用)とスマート。
なお、画面サイズは投射距離に比例して大きくなり、4~10畳間で、60~100インチ程度の画面を得ることができます。
ほか、天井から急角度で壁面に投射するので、視聴位置の前を人が通っても、投射光が遮られにくく、テレビと同様の感覚で映像を見ることができるのも美点です。
 
 
■popIn Aladdin2製品特長
本製品は、「問題を解決したプロジェクター」というだけでなく、提供されるコンテンツ群が魅力を高めています。
子供を寝かしつける時に重宝する、絵本の自動読み聞かせ、子供向けの学習アプリ、等身大動物図鑑(投射サイズの補正機能付き)など、ファミリーで楽しく過ごせるよう工夫されています。
また、世界の美しい風景、キャンドルや焚火といった癒し系映像、時計、自身で撮影した写真の表示など、壁面を装飾する機能も、天井に設置して常時利用できる本製品と好相性です。
もちろん、NetflixやAmazonビデオほか、主な映像配信サービスに対応しているので、映画やドラマを楽しむこともできます。
 
筆者が専門家として感心したのは、これほど多機能であるにも関わらず、使い勝手が非常に良いこと。操作体系が洗練されていて、付属リモコンの反応も素早く、ストレスを感じないのです。
試用するまではコンセプト重視での単なるアイデア製品だと思っていたのですが、実力はプロジェクター専業メーカー以上と思える部分が多々あり、これなら幅広く受け入れられそうです。
 
 
■ビジネス面でも先進的
popIn Aladdinは、基本としてハードウェアの販売で成立するビジネスのようですが、アプリやコンテンツを購入できる仕組みも興味深いものがあります。
「おうちヨガ」を試してみましたが、壁面に等身大に近いサイズで投射されるインストラクターの動きは分かり易く、まるで教室に通っているかのような雰囲気。数分で汗だくになるほど集中できました。
同様の仕組みはテレビ製品でも可能ですが、やはりプロジェクターによる「原寸大」の再現は、次元の異なる訴求力を感じます。
「新しい生活様式」を想像すると、今後は、演劇や音楽ライブの鑑賞スタイルの1つとして、プロジェクターの利用が定着するかもしれません。
比較的狭小な住宅が多い日本で、残されていた天井スペースと壁面を先んじで支配すれば、その先には無限のビジネスチャンスが広がりそうです。
 
 
■さいごに
popIn Aladdin2は、設置が簡単で、手に届く価格。子供用のコンテンツも内蔵し、使い勝手も良く、ファミリー想いの優しさを感じる好製品です。プロジェクター市場は縮小してきたなか、大ヒットを飛ばしているのも頷けます。
ビジネスの観点でpopIn Aladdin2から学ぶべきは、継続的なコンテンツビジネスを見込む場合、多くの家庭で歓迎される受け皿としてのハードウェアを、全身全霊を込めて作り上げれば、チャンスが見えて来るということです。
ハードウェアで成功体験のある老舗メーカーに欠けがちな部分で、謙虚に参考にしたいものです。
 

バックナンバー

2020.09.25
第108回 USBメモリ内の音声ファイルを聞く方法 あれこれ
2020.08.28
第107回 超簡単にビデオコミュニケーション「Amazon Echo Show」
2020.07.24
第106回 省スペース+新しく「音」のある生活
2020.06.26
第105回 「おうち時間」も充実。手軽に設置できるプロジェクター「popIn Aladdin2」
2020.05.22
第104回 音質で差が付くWEB会議。高音質でスマートに!
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ディーエーシージャパン 鴻池賢三氏

鴻池 賢三氏  ディー・エー・シー・ジャパン

株式会社オンキヨーにてAV機器の商品企画職、米国シリコンバレーのデジタルAV機器用ICを手がけるベンチャー企業を経て独立。 現在、WEB・テレビ・雑誌等のメディアを通じて、AV機器の評論家/製品アドバイザーとして活躍中。その他、「ディー・エー・シー ジャパン」を設立し、AV機器関連企業の商品企画コンサルティングや、日本唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナーとして、商業施設から個人のホームシアターまで、AVの視点から空間の提案やアドバイスなども手がける。 2009年より、日本オーディオ協会「デジタルホームシアター普及委員会」委員、映像環境WG主査。 2010年より、ビジュアルグランプリ審査員(主催: 音元出版)

【主な著作】
オールアバウト「ホームシアター」
http://allabout.co.jp/gm/gt/53/
イミダス「オーディオ・ビジュアル」2007年~(集英社imidas) 「AV REVIEW」(音元出版) (鴻池賢三のハンズオン映像調整講座~画質が100倍良くなる映像調整術ほか)

おすすめ商品

オーディオビジュアル機器 評論家鴻池賢三氏の経営コラムに関するお問い合わせ