【商品発送スタート!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD・配信 

日本経営合理化協会の関連サイト
できる社員を育てる 職場のこころ学 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第6講 経営者の指導理念を考える

第6講 経営者の指導理念を考える

■もめる現場

「これ以上在庫を増やすと、社長に叱られるんだよ!」
生産現場の責任者が声を荒げる。

「なに言ってるんですか。製品を即納できなくて顧客からクレームを受けると、僕だって社長に叱られますよ。」
若い営業担当者が応酬する。

多品種少量型の見込み生産を主体とする製造業を訪問した際、二人が倉庫でもめていました。

この会社の社長は、かつて過剰在庫で痛い目にあったらしく、
在庫があふれると生産現場の責任者を厳しく叱りつけるそうです。

一方、注文量を即納できなくて顧客からクレームを受けると、
今度は営業担当者が社長から叱責を受けるそうです。

現場でもめる二人。
その様子を眺めていると、何か大切なものを置き去りにしているような気がします。


■「社長に叱られるだけだから」

在庫削減か、即納体制か。

何年も前から存在するこの大きな経営課題に対して、生産部門と営業部門が小競り合いを続けてきました。

小競り合いはやがて、両部門が“貸し・借り”の形で処理するようになりました。
ある時は生産部門が残業を重ねて納期に間にあわせ、
またある時は営業担当者が顧客にひたすら詫びて納期を延ばしてもらい、その場をしのいできたのです。

しかし、その実態が社長の耳に入ることは決してありませんでした。

「なぜこのような経営課題を社長に相談しないのですか。
社全体で工夫しあえば道が開けるのではないでしょうか。」

そうたずねる私に、両部門の関係者が首を振りながら答えます。

「我々が何を行っても、社長に叱られるだけだから…。」

あきらめにも近いこの言葉が、社員たちの不幸を象徴しているようでした。

しかし、驚くべきことは続きます。
ここの社長は、現場で起きている小競り合いも、“貸し・借り”の関係も、すべてお見通しなのです。
さらに、生産・在庫データと受注データを照らし合わせ、数字上からも経営課題を克明に把握していたのです。

「では社長、なぜ経営課題を放置するのですか。」

私の質問に対して、社長は自信ありげに答えます。

「私は生産部門と営業部門がこの経営課題に気づいて欲しいから叱り続けてきた。
最近はやっと課題に気づいたようだが、今後は両部門が自主的に話し合って解決の道を探って欲しい。
それまで私は我慢する。これもひとつの教育だから…。」


■肝心なのは指導理念

組織の自律化。
これは企業教育の重大なテーマです。

しかし、何年も叱られ続け、畏縮し、その場しのぎの体質が身についた組織に自律化を求めるのは至難といえるでしょう。

まして、経営上の重要課題を教育テーマにして、何年も答えを待ち続けることができるほど、
時代の変化は悠長ではありません。

会社の長い歴史においては、長期的な教育を後回しにしても火急の経営課題に取り組むべきときもあるでしょう。
反対に、教育を兼ねてじっくりと経営課題を向きあうこともあるでしょう。

肝心なのは、経営者がその見極めを誤らず、社員の自尊心にも配慮した指導理念を築き、貫くことです。
これができる会社が発展をとげるのではないでしょうか。

バックナンバー

2011.02.11
第12講 最終回 社員の創意工夫と情報資源
2010.12.24
第11講 情報整理は何のため~情報活用を考える~
2010.09.03
第10講 理想像の伝達力
2010.04.30
第9講 リーダーシップを成長させる
2010.04.23
第8講 忘れてはならない思想と思想教育
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

人財開発コンサルタント 斎田真一氏

斎田真一氏 人財開発コンサルタント

会社の業績向上は「社員のモチベーションから生まれる」と主唱する
若手気鋭の人財開発コンサルタント。

ケーススタディとロールプレイングを組み合わせ、職場の課題にあわせた
参加型教育プログラムや研修ツールを開発し、解決へと導くプロ。
ベテランから若手社員まで、自ら考え行動し、成果を出せる社員へと
育てあげるその指導法は中小企業を中心に実績多数。

大手通信会社での営業マン時代、できる社員が揃って持ち合わせた共通点と、現状の社員教育の問題点に着目。その経験をもとに、コンサルティング会社にて独自の教育プログラムや教育ツールを次々と開発。社員教育に採用した経営者から反響を呼び、以来、全国を飛び回る。
2008年独立。中小企業診断士。
KKC代表経営コラム「職場のこころ学」好評連載中

人財開発コンサルタント斎田真一氏の経営コラムに関するお問い合わせ