【商品発送スタート!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD・配信 

日本経営合理化協会の関連サイト
継続経営 百話百行 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第55回 『深セン、マカオ、香港!!これからは、時間ではなくアイデアの時代!?』

第55回 『深セン、マカオ、香港!!これからは、時間ではなくアイデアの時代!?』

深セン、マカオ、香港と経営者と供に、回ってきました。
 
深センは
総人口(2018) 1,300 万人
 
(深センの町並み、高層ビルが多く、かなり都会)
 
keizoku55no1.jpg
 
keizoku55no2.jpg
 
 
東京が、930万人
ですから、1.4倍ほど人口多い感じです。
 
マカオが
62.26万 (2017年) 世界銀行
(マカオの南にあるラスベガスような風景の所)
 
keizoku55no3.jpg
 
keizoku55no4.jpg
 
香港は
739.2万 (2017年) 世界銀行
です。
 
中国に来るといつも思うのが
 
これから、高齢化になり、人口減少していくと
 
中国は苦労するんだろうなと感じるのと
 
日本の経営には、参考になるところがないな
 
と、2つのことを感じます。
 
そして、深センはこの2つが
来るたびに、強くなる感じです。
 
 
どういうことか?
 
市場が
とにかく、国内向けなのです。
内需向け。
 
つまり、日本の1960年代、1970年代のように
 
平均年齢が若く、人口が伸びているときには
 
 
人が買いに来るビジネス、つまり小売店やショッピングモールは非常に良いです。
 
 
しかし、人口がひとたび落ち始めると
 
商売が成り立ちにくくなります。
 
 
極端にいうと、無人島で商売はできないのです。
 
 
まだ、今の中国は良いです。
 
しかし、ひとたび人口が落ち始めると大変でしょう。
 
 
なぜ大変か?
 
街中で、クレジットカードが使えません。
 
そして、現金が使えないところが増えています。
 
 
すべてが、スマホのアプリで完結するのですが
 
そのアプリでの支払いが
 
日本のクレジットカードと紐付けできないので
 
使えないのです。
 
 
 
つまり
 
中国人にとってはものすごく便利だが
 
外国人にとっては不便この上ないのです。
 
だから、観光客は来にくいし
 
移民も来にくいのです。
 
 
その、鎖国のような場所で
 
サービスを学んでも
 
日本は、人口減少のために
 
外国人が来やすい、使いやすいサービスにしないといけないのです
 
なので経営者が勉強しにくいのです。
 
 
では、なぜ行くのか?
 
それは、
 
クレジットカードが使えない
 
ことや
 
ほぼ、QRコード決済の街中
 
 
いつも日本人が使っているものと違うのです。
 
つまり、非日常なのです。
 
 
だから、非日常を味わうことができるのです。
 
 
それと、
 
日本にはない、サービスも確かにあるので
 
非日常は味わえます。
 
ただ、それを日本に持ってくるとうまく行くことは無いですが。
 
 
頭を活性化するためには刺激がいるので
 
だから、いつもと違う中国圏に行くのは
 
刺激になるのです。
 
 
しかし、それだけでは勉強にならないので
 
マカオや香港の仕組みを
 
勉強するために
 
同じ時に、観に行くのです。
 
 
外国人が来やすいサービス。
 
お金の流れ、人はどうすると喜びリピートするのか?
 
 
これが学べます。
 
そして、深センとセットで見るからこそ
 
気づきやすいのです。
 
(深センにある無人コンビニ、便利に使える)
 
keizoku55no5.jpg
 
(無人コンビニの出口、ここで、決済をして出てくる)
 
keizoku55no6.jpg
 
 
(無人のレストラン、これまた、勢いよく伸びている
 コンビニにあるお弁当が、無人で調理されて出てくる感じ、
出てきたものはその場で食べられるスペースがある)
 
keizoku55no7.jpg

バックナンバー

2019.11.29
第56回 『テキサス州は、アメリカで最も勉強になる場所!拡張性が大事』
2019.08.23
第55回 『深セン、マカオ、香港!!これからは、時間ではなくアイデアの時代!?』
2019.08.02
第54回 『台北、ソウルに見る、世界は便利に向かう、生産性を考えない会社はつぶれる』
2019.05.24
第53回 『オーストラリア、シドニー・メルボルンで見たこれからの働き方』
2019.04.26
第52回 『マカオの止まらぬ発展!?』
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ビジネスミート代表 野田宜成氏

継続経営コンサルタント/ビジネスミート代表 野田宜成氏

事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、手を打ち続けることが重要と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上、生産効率の改善に従事。その後、大手経営コンサルタント会社に転身し、不易流行を元とし、改善と継続を経営指導に 導入。メーカー、サービス、物販店、通販会社などの売上向上の指導で辣腕を奮う。

独立後も継続経営をテーマに経営指導を実践。今までに7000人以上の経営者と会い、500社以上の企業を指導。短期的な視点だけの数字にとらわれず、常に売上を向上させ、事業を継続させる仕組みを指導する。また、成熟した日本市場を背景に、経営者のアンテナ代わりとなり、中国、シンガポール、タイ、ミャンマーなどアジア新興地域、英国、米国などの先進国にも積極的に足を運び オーナー経営に役立つ経営情報を取集。豊富な実務経験とその行動力から生まれる新しい視点は全国の社長から定評を博す。愛知県出身、1966年生まれ。

【野田宜成氏の講演CD・DVDシリーズ】
朝礼や面談、会議…名言の教えをスピーチで活かす
●社員を鼓舞する“1話2分”180話のスピーチ集

《予約受付中》「リーダーの名言講話集」CD

 今のアセアン市場をどのように押さえ、活用していくべきか
●「アジアビジネス最前線 成功の鉄則」DVDシリーズ 好評発売中!

【第1弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD ミャンマー篇」
【第2弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD タ イ篇」
【第3弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD シンガポール篇」
《好評既刊》野田宜成の「継続の法則CD」
「飛躍するASEANに未来を見るCD・MP3」

ビジネスミート代表野田宜成氏の経営コラムに関するお問い合わせ