【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
継続経営 百話百行 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第33回「資本主義の現在、未来を学べる中東!? Part2」

第33回「資本主義の現在、未来を学べる中東!? Part2」

 
ドバイ、アブダビ、ヨルダンの死海に行ってきました。
 
今回の視察ですごく勉強になったのは資本主義の行く末です。
 
資本主義は、資本つまり、お金を集めて商売をします。
 
それが自己資本か、他人資本かは別としてお金を使って商売をし始めます。
 
なので、お金を集めるために何をすると良いか?
 
それは、人を集めると言うことです。
 
 
どうすると人を集められるか?
 
これが商売には一番重要なポイントです。集客も、優秀な人材も同様です。
 
人を集めるには一番のポイントは「一番を作る」です。それが前回お伝えしたことです。
 
しかし、一番は注目を受けやすいですが
 
そうすると、
 
すぐに次の一番が出てきて、また、一番になるために、どんどん、熾烈な競争になります。
 
これが、資本主義の一番怖いところです。
 
そして、疲れます。
 
では、特に中小企業はどうすると良いか?
 
 
それは、「力相応一番」が良いのです。
 
 
注目を浴びる一番 
 
「売上日本一」
 
しかしそうではない
 
 
「売上愛知県一」これでも印象は残ります。
 
しかしそうではない
 
「売上○○町一」でも良いのです。
 
 
売上に固執しなくとも「バラの種類が愛知県一の品揃え」でも良いですし、「湿布(シップ)の種類神奈川県一」というドラッグストアーでも良いです。
 
 
何かの一番、力相応一番を作ることにより競争ではなく、共生という世界に入ると
 
 
疲れない資本主義になっていくと思うのです。
 
そんなことを、つくづく考えるきっかけになったドバイだったのです。
 
それでは、街中の様子を写真と共に

(1) 飛行機の機内で驚いた対応
 
keizoku33no1.jpg
 
はじめてエティハド航空というアブダビの航空会社に乗ったのですが機内で対応できる客室乗務員の言語種は、12カ国だそうです。
 
英語、日本語、タイ語、中国、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、アフリカ語、ロシア語、ウクライナ語、フランス語、アラビア語。
 
突き抜けるなら、これくらいやらないといけない。ここまでやるから、世界中から人が集まるハブ空港になれるのですよね。
 
 
(2) 深層意識が組織の方向性を左右する
 
空港に、いたるところにベビーカーがある、こういう目に触れるところに、
 
keizoku33no2.jpg
 
何があるかで潜在意識に働きかけて、子供を産み育てる意識になるのだろう。
 
日本は、見るものが、お年寄りに優しく、子供連れに、優しくなくなり、それが潜在意識に入り込み、少子化になっているのかも知れません。
 
(3) ビジネスには二通りある
 
客層を、目の前に合わせるのと、自分たちに合せてもらう
 
空港にあった仮眠室。1時間 14ドル良い価格付けです。

keizoku33no3.jpg
 
これは、目の前の人の要望に合わせて作るビジネス。
 
iPhoneなどは、企業側が考えて、市場に流すパターンです。
 
 
(4) 電気がすごい
 
建物がキレイにイルミネーション。どこだろうと聞くと、大統領府だとか、ビックリ、役所関係がイルミネーションとは。

keizoku33no4.jpg

(5) 有名な7つ星ホテル
 
エミレーツパレスホテル。
keizoku33no5.jpg
 
すごい大きさです。しかし、サービスはどうかな~と、つくづくサービスと施設が両方ともが良くて、はじめて良いホテルになると痛感。
 
このホテルは、映画セックスアンドザシティ2の舞台にもなったホテル。大きいことが良いことではなく、きめの細かいことが良いことだな~と、つくづく感じる。

(6) 市場を選ぶなら1億2000万人と900万人ならどっち?
 
答えは、900万人のアラブ首長国連邦を、ハンバーガーのシェイクシャックは、選んだのです。
 
keizoku33no7.jpg
 
神宮で11月にオープンにした、シェイクシャック。
 
今も1時間待ちが当たり前のようですが、UAEには、すでに10店舗できています。
 
日本は1店舗。この違いは何なのでしょうか?
 
それは市場の魅力の違いのようです。商売は現在だけを見るよりも、将来どうなるかを考えます。
 
だから、日本の将来よりUAEの将来の方が可能性を感じたと言うことでしょうか?
それならば、ちょっと寂しいことですね。
 

バックナンバー

2019.02.15
第51回 アメリカは、キャッシュを生むのが上手、日本はお金にならない商売が上手!?
2018.12.21
第50回 シリコンバレーで知った中小企業が大企業に勝つ方法!?
2018.10.12
第49回『劇的変化の上海で思う、成長させる社長と失速させる社長』
2018.09.07
第48回 『ミラノサローネで発見!客単価を上げる方法』『スペインで日本のマイナス未来を見てしまった』
2018.06.01
第47回 「今、良い企業は何に力を入れているのか?~ヨーロッパ視察編~」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ビジネスミート代表 野田宜成氏

継続経営コンサルタント/ビジネスミート代表 野田宜成氏

事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、手を打ち続けることが重要と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上、生産効率の改善に従事。その後、大手経営コンサルタント会社に転身し、不易流行を元とし、改善と継続を経営指導に 導入。メーカー、サービス、物販店、通販会社などの売上向上の指導で辣腕を奮う。

独立後も継続経営をテーマに経営指導を実践。今までに7000人以上の経営者と会い、500社以上の企業を指導。短期的な視点だけの数字にとらわれず、常に売上を向上させ、事業を継続させる仕組みを指導する。また、成熟した日本市場を背景に、経営者のアンテナ代わりとなり、中国、シンガポール、タイ、ミャンマーなどアジア新興地域、英国、米国などの先進国にも積極的に足を運び オーナー経営に役立つ経営情報を取集。豊富な実務経験とその行動力から生まれる新しい視点は全国の社長から定評を博す。愛知県出身、1966年生まれ。

【野田宜成氏の講演CD・DVDシリーズ】
朝礼や面談、会議…名言の教えをスピーチで活かす
●社員を鼓舞する“1話2分”180話のスピーチ集

《予約受付中》「リーダーの名言講話集」CD

 今のアセアン市場をどのように押さえ、活用していくべきか
●「アジアビジネス最前線 成功の鉄則」DVDシリーズ 好評発売中!

【第1弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD ミャンマー篇」
【第2弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD タ イ篇」
【第3弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD シンガポール篇」
《好評既刊》野田宜成の「継続の法則CD」
「飛躍するASEANに未来を見るCD・MP3」

ビジネスミート代表野田宜成氏の経営コラムに関するお問い合わせ