【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
継続経営 百話百行 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第32回「資本主義の現在、未来を学べる中東!?」

第32回「資本主義の現在、未来を学べる中東!?」

 
先日、中東へ、視察に行ってきました。
 
keizoku32no1.jpg
 
行った場所は、UAE(アラブ首長国連邦)の2都市、アブダビとドバイ。
そしてヨルダンの死海です。
 
keizoku32no2.jpg
 
 
 
実質GDPの成長率は両国とも日本より上回っているようです。
これは、ASEANの国や、アメリカ、中国と比べても日本の成長率は鈍化しているのが現状のようです。
 
 
keizoku32no3.jpg
 
名目GDPでは、2015年のデータで、
日本 4兆1,162億ドル
ヨルダン 382億ドル
UAE 3,391億ドル
と、成長率は低い日本ですが、額でいうとまだまだ多く、およそヨルダンは、日本の100分の1、
UAEは、日本の10分の1です。
 
keizoku32no4.jpg
 
一人当たりGDPは、
日本は、38,210ドル
ヨルダンは、12,162ドル
UAEは、66,996ドル
と、ヨルダンは日本の3分の1、UAEは、日本の2倍弱です。
 
keizoku32no5.jpg
 
UAEが、お金持ちの国といわれる所以が、分かります。
 
人口は、日本 1億2673万人に対し、UAE 958万人、ヨルダン 682万人とかなり差があります。
若い人を街中では大変多く見受けられます。
 
それもそのはずで、平均年齢である「中位年齢」は
日本、46.5歳
ヨルダン 22.5歳
UAE 33.3歳ですから若いはずです。
 
UAEのドバイで特筆すべきは外国人で構成されているということです。
17%が、UAEの国籍でそれ以外は、外国人なのです。
 
keizoku32no6.jpg
 
実際、ホテル、飲食、タクシー、お店の販売員などいろんな人に聞きましたが、中国人、カンボジア人、フィリピン人、ネパール人、パキスタン、スリランカ、タイ、インド、ロシア、ニュージーランド、オーストラリアと本当に、外国人で回している国なんだと痛感しました。
 
日本も、将来、就業者人口が減り、働く人の人数が足りなくなる恐れがあると言われていますが、外国人ばかりになるとは思えませんが、ある程度は増えると思うのです。それはどのような感じなのかを、体感するために、ドバイを見に行くのも良いかも知れません。
 
外国人をたくさん取り込むにはどうしたらよいか?
これは、資本主義で最も大切な集客をどうするか?に通じます。ですので、特にドバイは集客するにはどうすると良いか?を、いろんな角度で検証できた視察でした。
 
どういうことか?
資本主義は、お金を集めて商売をします。それが自己資本か、借り入れか、出資してもらうかは別として、お金を用意するには人(お客様)を集まる何かがないといけません。
 
人が集まるには「一番を作る」というのが最も良いようです。
 
 
 
keizoku32no7.jpg
世界一高いビル、バージカリファ (828メートル)

keizoku32no8.jpg
 
そこに併設されている、ショッピングモール、ドバイモールは
世界最大のショッピングモール。(1200店舗ある)
 
 
などなど、とにかく一番が多いのです。
「1番と2番の差は、2番と100番の差より大きい」と、言われるように、印象の違いがありますから、1番作りは、すごく重要になります。世界一高い山はすぐに答えられる人が多いが2番目は言える人が少ない。
日本一高い山も答えることできるが、2番目は言える人はやはり少ない。日本一の富士山と2番目の北岳は583mしか、違わないのに認知度はすごく違います。世界一のエベレストと、2番目のK2とは、237mの違いなのに2番の山と言っても認知度が低いのです。
 
しかし、そこで、資本主義の行く末も垣間見た気がします。
一番を競うと、どうしても次が出てきます。現に、バージカリファよりも高いビルを作ると、隣の国のサウジアラビアが発表していました。1km、つまり、1000mのビルを作るようです。
 
競争は、どんどん競争になり、行く末はどうなるのでしょうか?
だから、競争ではないことを考えていかないと、特に中小企業は大変になりそうです。
 
次号に続きます。
 
 
 
 
 
 
 
 

バックナンバー

2019.02.15
第51回 アメリカは、キャッシュを生むのが上手、日本はお金にならない商売が上手!?
2018.12.21
第50回 シリコンバレーで知った中小企業が大企業に勝つ方法!?
2018.10.12
第49回『劇的変化の上海で思う、成長させる社長と失速させる社長』
2018.09.07
第48回 『ミラノサローネで発見!客単価を上げる方法』『スペインで日本のマイナス未来を見てしまった』
2018.06.01
第47回 「今、良い企業は何に力を入れているのか?~ヨーロッパ視察編~」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ビジネスミート代表 野田宜成氏

継続経営コンサルタント/ビジネスミート代表 野田宜成氏

事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、手を打ち続けることが重要と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上、生産効率の改善に従事。その後、大手経営コンサルタント会社に転身し、不易流行を元とし、改善と継続を経営指導に 導入。メーカー、サービス、物販店、通販会社などの売上向上の指導で辣腕を奮う。

独立後も継続経営をテーマに経営指導を実践。今までに7000人以上の経営者と会い、500社以上の企業を指導。短期的な視点だけの数字にとらわれず、常に売上を向上させ、事業を継続させる仕組みを指導する。また、成熟した日本市場を背景に、経営者のアンテナ代わりとなり、中国、シンガポール、タイ、ミャンマーなどアジア新興地域、英国、米国などの先進国にも積極的に足を運び オーナー経営に役立つ経営情報を取集。豊富な実務経験とその行動力から生まれる新しい視点は全国の社長から定評を博す。愛知県出身、1966年生まれ。

【野田宜成氏の講演CD・DVDシリーズ】
朝礼や面談、会議…名言の教えをスピーチで活かす
●社員を鼓舞する“1話2分”180話のスピーチ集

《予約受付中》「リーダーの名言講話集」CD

 今のアセアン市場をどのように押さえ、活用していくべきか
●「アジアビジネス最前線 成功の鉄則」DVDシリーズ 好評発売中!

【第1弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD ミャンマー篇」
【第2弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD タ イ篇」
【第3弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD シンガポール篇」
《好評既刊》野田宜成の「継続の法則CD」
「飛躍するASEANに未来を見るCD・MP3」

ビジネスミート代表野田宜成氏の経営コラムに関するお問い合わせ