【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
継続経営 百話百行 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第28回「韓国のアジア一番!ここから学ぼう!!」

第28回「韓国のアジア一番!ここから学ぼう!!」

韓国に、社員研修旅行に行ってきました。
3年ぶりの韓国。
 
なぜ韓国?
 
それは、ものすごく近くて
それでいて遠いから。
 
その遠く感じているのが
行くと全然違うことが分かる
 
これからの経営者や、リーダーが絶対に必要な能力は
頭の中にある思い込みと実際が異なる可能性があると認識しながら
確認をする行動が求められると思うのです。
 
そして、社員研修をしてきました。
 
ご存じと思いますが、研修や会議をすると、会社経費になります。
詳しくは税理士さんに聞いてください。
 
社員研修では「未来マッピング」というものをしました。
 
個人の未来と、会社の未来をみんなで出し合い、考え、
個人と、会社を融合する研修です。
 
終わってみると大成功!!
 
 
keizoku28no001.jpg
(今回のテキスト表紙)
 
 
 
韓国到着すると、雨です。
実は、僕、雨男なのです(笑)
 
 
keizoku28no002.jpg
(出発前にラウンジ内で)
 
 
keizoku28no003.jpg
(羽田空港で、社員とは別にサークルメンバーさんも、同行、違う便でした)
 
 
keizoku28no004.jpg
(ソウル着くと雨)
 
 
keizoku28no005.jpg
 
keizoku28no006.jpg
(雨、タクシーには、日本語OKが)
 
 
keizoku28no007.jpg
(迎えに来てくれた友人)
 
 
ホテルについた後、早速研修
 
keizoku28no008.jpg
 
1日目は、まず個人の未来マッピングを作る。
個人の人生どうなりたいか?これをあるメソッドに基づき考え、形にして発表する。
 
その後は、シルクドゥソレイユ キダムの鑑賞。
 
初めてステージに、あげられる(笑)
バックステージも、見学させてもらい
 
オリンピックに出た人や、世界のトップになった人たちが
公演終了後にも、真剣に調整やトレーニングをしている姿を見ると
 
「一流とは、努力し続ける人のことを言う」
 
を、目の当たりに出来、すごく勉強になりました。
 
keizoku28no009.jpg
 
keizoku28no010.jpg
 
keizoku28no011.jpg
 
keizoku28no012.jpg
 
keizoku28no013.jpg
 
韓国2日目は、午前中はたっぷり、研修。
 
1日目の個人のなりたい未来を元に、会社の未来はどうすると良いかを、皆で出し合い
A0の画用紙にまとめていく
 
どういう会社になりたいか?
どういう風に思われたいか?
 ↓
その結果、会社はどんな風になっているか?
これは、資産や形、目に見えるものでどうなりたいか?
 ↓
これを実現すると、世の中はどうなるのか?
これが、我々の貢献。
 ↓
そして、これをするための具体的な仕事と収入はどうなるか?
 
これを研修でやりました。
 
楽しい会社になりそうです。
 
ここで、一緒に行った飲食店20店を経営されているビジネスサークルのメンバーさんから、質問が出ました。
 
「この研修すると やる気出ますね。その時に注意する点が、何かあれば教えてください。」
 
その答えは、「ちゃんと透明性のある評価制度があることです。透明性とは、他人の評価・賃金が見えるのではなく、自分が何をいつまでにすると、どれくらいの評価・賃金になるか?が分かることです。個人の夢や、会社ないでのやりたいことを描いても、それを達成できる手段と予算がないと、気持ちが冷めてしまいます。だから、まず、評価制度と賃金制度を見直すと良いよ。うちでも よく指導してるので」 とアドバイスしました。
 
keizoku28no014.jpg
 
keizoku28no015.jpg
 
keizoku28no016.jpg
 
keizoku28no017.jpg
 
韓国2日目午後は、社員の自由研究。
 
自分でテーマを決め、調べ、そこに、他の人をお連れし、説明するというプログラム。
自立、自発、考えるをモットーに自由研究視察です。
 
 
■1箇所目は
 
あの、ザハ・ハディド氏、日本の国立競技場の設計した方です、
その最新デザイン、韓国の東大門デザインプラザ(DDP)に、行ってきました。
 
初めの1年で、ルーブル美術館に、匹敵する来館数だそうです。
ルーブル美術館 900万人に対し、約820万人、すごい
この施設、すごく良い、
 
感性が、くすぐられます!
 
ここは、ニューヨークタイムズが絶対に行くべき世界の名所52選に選んだところです。
 
総工費550億円
東京ドーム1.8倍
 
keizoku28no018.jpg
(巨大な不思議な建物が現れる!!)
 
keizoku28no019.jpg
(カンナム地区から、街へ向かう橋)
 
keizoku28no020.jpg
(壁は、このようなアルミの板が無数に張られている)
 
keizoku28no021.jpg
(外見はどこを見ても曲線)
 
keizoku28no022.jpg
(芝生もある、不思議な建物)
 
行かないと分からない、この感覚は!!
 
 
■自由研究2箇所目
 
バーチャルスーパー
O2O(オフライン to オンライン)というもので
 
地下鉄のコンコースに、ネットショップに誘引する、液晶ショップが並ぶのが出来たというので行ってみた
 
が、ない!!
 
あったのは、、、なぜか、人が寝ている
 
keizoku28no023.jpg
 
すぐに消えていくものもある。
それを知るのも勉強。
 
 
次号に続きます。

バックナンバー

2019.02.15
第51回 アメリカは、キャッシュを生むのが上手、日本はお金にならない商売が上手!?
2018.12.21
第50回 シリコンバレーで知った中小企業が大企業に勝つ方法!?
2018.10.12
第49回『劇的変化の上海で思う、成長させる社長と失速させる社長』
2018.09.07
第48回 『ミラノサローネで発見!客単価を上げる方法』『スペインで日本のマイナス未来を見てしまった』
2018.06.01
第47回 「今、良い企業は何に力を入れているのか?~ヨーロッパ視察編~」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ビジネスミート代表 野田宜成氏

継続経営コンサルタント/ビジネスミート代表 野田宜成氏

事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、手を打ち続けることが重要と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上、生産効率の改善に従事。その後、大手経営コンサルタント会社に転身し、不易流行を元とし、改善と継続を経営指導に 導入。メーカー、サービス、物販店、通販会社などの売上向上の指導で辣腕を奮う。

独立後も継続経営をテーマに経営指導を実践。今までに7000人以上の経営者と会い、500社以上の企業を指導。短期的な視点だけの数字にとらわれず、常に売上を向上させ、事業を継続させる仕組みを指導する。また、成熟した日本市場を背景に、経営者のアンテナ代わりとなり、中国、シンガポール、タイ、ミャンマーなどアジア新興地域、英国、米国などの先進国にも積極的に足を運び オーナー経営に役立つ経営情報を取集。豊富な実務経験とその行動力から生まれる新しい視点は全国の社長から定評を博す。愛知県出身、1966年生まれ。

【野田宜成氏の講演CD・DVDシリーズ】
朝礼や面談、会議…名言の教えをスピーチで活かす
●社員を鼓舞する“1話2分”180話のスピーチ集

《予約受付中》「リーダーの名言講話集」CD

 今のアセアン市場をどのように押さえ、活用していくべきか
●「アジアビジネス最前線 成功の鉄則」DVDシリーズ 好評発売中!

【第1弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD ミャンマー篇」
【第2弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD タ イ篇」
【第3弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD シンガポール篇」
《好評既刊》野田宜成の「継続の法則CD」
「飛躍するASEANに未来を見るCD・MP3」

ビジネスミート代表野田宜成氏の経営コラムに関するお問い合わせ