【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
強い会社を築く ビジネス・クリニック | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第157話 営業マンによる売上回収は、その場で決済できるようにしなさい!

第157話 営業マンによる売上回収は、その場で決済できるようにしなさい!

世間ではAI、IoTの記事があふれています。しかし、中小企業ではまだまだ、それ以前のデジタル技術の活用が遅れているのです。

遅れている業務のひとつが、営業マンの仕事です。そのなかでも特に改めていただきたいのが、売上代金の回収業務です。

 

「うちにはまだ、集金日があります。」という声を、なんと今も聞きます。

「え?まさか、営業マンが得意先を回って現金回収するんですか?」

「そうです。」

と、平然と答えるのです。

「どうして振込み処理にしないんですか?」

と尋ねると、概ね同じ答えが返ってきます。

「集金に伺った際に、先方とコミュニケーションがとれて、新たな仕事に繋がります。」

 

じゃあ、現金集金などしない、世間の多くの会社は、顧客とコミュニケーションが取れていないのか、と言えば、そんなことはありません。

アナログ体質の中小企業が、古い習慣を体よく変えていないだけです。

 

まず、現金回収だと不正・横領が起きやすいです。長く取り組んでいれば、必ずその苦い経験のひとつやふたつ、あるはずです。

それに、支払う先方も、現金を用意しなければいけないので、面倒です。

さらに受け取った現金は、速やかに経理担当へ渡さないといけません。そのため、経理担当も残業してまで現金回収を待ち、金庫に一時保管しないといけなくなります。で結局、その現金は銀行へ持ち込まれ、口座へ入金処理されるのです。

多くの人が関わることとなり、大いなる手間なのです。

 

振込やその場の決済なら、そのような手間がかかりません。データ処理だけです。

『働き方改革!』と言うならば、このようなムダな行動を、やめてほしいのです。現金で集金をしても、何ら付加価値をもたらさないのです。

 

営業がお客様のもとで集金を行うような事業であれば、せめて現金ではなく、カード決済がその場でできるようにするべきです。

最近は百貨店も、各売場にある端末でカード決済するように変わりました。少し前までは、衣料・雑貨売り場などの場合、各売場でクレジットカードを預かり、店員がレジまで走って処理をしていました。

それがこの一年程の間に、カード決済端末を売場のいたるところで見かけるようになったのです。

「どうして?」とお聞きすると、こう言われました。

「お客様のクレジットカードをお預かりして、遠いレジまで移動するのは、問題があるんですよ。」

確かにそうです。不正や悪用の温床になりえます。

 

飲食店、美容院、車内販売や機内販売、葬祭業、運送業等々、特にサービス業では、クレジットカード端末による、その場での決済が標準的になってきました。

卸売業などでも、納品先の営業所に伺って集金するなら、せめてクレジットカードでできるようにすればよいのです。現金での回収など、やめるべきです。

もちろん、請求書発行ですぐに支払ってもらうなら、それにこしたことはありません。

 

「クレジットカードは手数料がかかるじゃないですか。」とおっしゃる経営者がおられます。が、現金回収しているほうが、手間がかかってよっぽど高コストです。不正や横領も起こりやすいです。

それがなぜおわかりにならないのか、不思議でしかたがないのです。

 

携帯型のクレジットカード決済端末も、いろいろあります。

最近はスマホを活用するものが多く、よく見かけるのは、スクエア、コイニー、楽天ペイ、エアペイ、あたりです。

各営業マンが出先で決済をいただくなら、スマホ活用タイプが低コストです。

それぞれのホームページから連絡を入れ、問い合わせてみればよいのです。

 

あるいは、NTTやKDDIなど、法人契約している通信会社があるなら、

要望をお伝えし、提案を促せばよいのです。各社、決済機能の端末サービスを扱っています。

現金回収は、もはや昭和の遺物です。

令和の時代に、そのような回収方法をしていては、ライバルに勝てるわけがないのです。

 

 

 

バックナンバー

2019.09.18
第158話 回収サイトを縮めなさい
2019.08.28
第157話 営業マンによる売上回収は、その場で決済できるようにしなさい!
2019.07.17
第156話 エビデンス・ファースト
2019.06.26
第155話 労働力としての女性のどこが悪い、女性の活躍できる場を提供せよ
2019.05.15
第154話 やがて、令和時代の節税保険商品が生まれます
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

井上和弘氏
アイ・シー・オーコンサルティング 会長

「儲かる会社づくり」の指導歴40年以上。オーナー企業の経営に熟知した実力コンサルタント。これまで300余社を直接指導、オーナー社長のクセを知りつくし、一部上場はじめ株式公開させた企業も十数社にのぼる。経営指導に東奔西走する傍ら、弊会主催「後継社長塾」の塾長を30年務め、今まで500人以上の後継者育成に携わる。会長の井上氏は1942年大阪府生まれ。早稲田大学卒業、イタリアフローレンス大学留学。1984年大阪北浜に株式会社アイ・シー・オーコンサルティングを設立。株式会社サン・ライフ(JASDAQ上場)取締役、キング醸造株式会社取締役、日本経営合理化協会理事等を兼務。アメリカ合衆国テキサス州ダラス市名誉市民。

アイ・シー・オーコンサルティング会長井上和弘氏の経営コラムに関するお問い合わせ