社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第197回 『空気に爪をたてる』

第197回 『空気に爪をたてる』

安易なことだけしかやらずに、
一流の腕前を身に付けることができるはずがない。
 
これは個人でも会社でも同じことで、普遍の原理原則だ。
 
ムリに思えること、困難なことに挑戦してこそ、人は成長する。
確実に達成できることだけしかしなければ、
人は永遠にその位置から前進することはない。
 
 
自動車が一部の富豪だけが楽しんでいる趣味の道具でしかなかった時代に、
もし、ヘンリー・フォードが大衆の乗る車を作ると決心しなければ、
今日の自動車社会は訪れなかったかもしれない。
 
市場もなければ大量生産技術もなかった時代に、大衆の乗る車を作るというのは、
まぎれもない未知と不可能への挑戦だったのである。
 
結果、フォードが成功できたのは、
何度も会社を興しては失敗したという修羅場で鍛えられた
先見性、洞察力、創造力という《人間力》の持ち主であったゆえだろう。
 
旧ソ連に後れをとって、ほんの三年前に人工衛星を打ち上げたばかりの米国で、
「10年以内に月へ人間を送り込む」とJ・F・ケネディ大統領が宣言したアポロ計画も、
まだ当時は、どう考えても不可能に挑戦する類のものであった。
 
 
一流の人には、一流の《人間力》がある。
一流を目指すならば、できないことにあえて挑戦する勇気と気概を持って
《人間力》を鍛え上げることだ。
 
できることだけをやっていては、結局、二流に甘んじることになる。
一見不可解なことに勇気を持ってチャレンジすることは、
結果の如何にかかわらず大事なことだ。
 
あえて、「Challenge the Unchallengeable」と言いたい。
 
私の言う「空気に爪を立てる」とは、不可能なことへの挑戦を意味している。
 
夢は不可能を可能にする原点である。
夢を抱くことで目標が生まれ、目標に挑戦し達成するプロセスを経ることによって、
夢は現実のものとなってくる。
 
しょせん夢だ、とてもできない…と挑戦をあきらめてしまえば、
夢は永遠に夢のままで終わってしまう。

バックナンバー

2021.02.12
第197回 『空気に爪をたてる』
2021.01.08
第196回 『計算されたリスクを冒すことのできる人』
2020.12.11
第195回 『人を叱るな! モノとコトを叱れ!!』
2020.11.13
第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』
2020.10.16
第193回 『5年、10年単位で目標を設定できる人』
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

国際ビジネスブレイン代表取締役 新 将命氏

新 将命 (あたらし まさみ)氏
国際ビジネスブレイン 代表取締役

海外留学の経験なしで、MBA出身者がしのぎを削る外資系企業に挑戦。
卓越した実行力・実務能力とバイタリティで、抜群の実績を上げ頭角を現わし、
社長業はじめ数々の要職を歴任してきたグローバル経営時代の先駆者。

目先の業績ばかりが重視されがちな外資企業にあって、
“企業は人なり”を経営信条に中長期的な会社づくりを展開。
四半期毎の業績獲得はもちろん、永続繁栄のための基盤づくりに貢献する。

1936年東京生まれ。早大卒業後、シェル石油入社。
その後、米国コカ・コーラカンパニー・オブ・カリフォルニア、
ジョンソン・エンド・ジョンソン社長、
米国フォーチュン500でも著名なサラ・リー社の日本法人社長、米国総本社の副社長、
日本フィリップス代表取締役副社長、日本ホールマーク社長などを務める。

国内にても、堂々と多国籍企業と渡りあえる企業の育成を主眼とした経営指導機関
「国際ビジネスブレイン」を設立。
住友商事アドバイザリーボードメンバー、ファーストリテーリングアドバイザー、
健康コーポレーション取締役、グローバル・リンケージ取締役など、
大中小企業の取締役や社外重役等を歴任する。

新 将命講師 全国経営者セミナー講演収録CD・DVD
“200年企業づくり”の黄金ループCD・DVD
●新将命講師の全国経営者セミナーの講演がCD・DVDになりました!
世界の超優良企業6社で社長、経営職を歴任した伝説の外資トップが説く長寿企業づくりへの黄金ループとは。「原理原則」対「我流自己流」、経営者品質の最大条件、利益の3つの顔、戦略の心…

おすすめ商品

国際ビジネスブレイン代表新 将命氏の経営コラムに関するお問い合わせ